一重を二重にする代表的な方法は二重整形です


一重まぶたの人が二重まぶたになる方法として確実性の高いものを挙げるとすれば二重整形だといえます。

二重のりなどの二重まぶた用化粧品や、マッサージを行うなどの方法もありますが、いずれも確実性が乏しいと考えられているのです。

そもそも、一重と二重のまぶたの構造は違い、二重まぶたの構造を作る効果を期待できるのは二重整形になります。

自力で一重を二重にするのは難しいとされています

一重まぶたを二重まぶたにする方法は大きく分けて2つあります。

1つは、クリニックで二重の美容整形を受けることです。

もう1つは、自力で二重まぶたにすることです。

ここではまず、自力で行う方法についてご説明しましょう。

自力で二重まぶたにする方法にもさまざまなものが挙げられます。

多くは市販の二重まぶた用化粧品を使用する方法となりますが、マッサージを行うことで二重まぶたを目指すケースもあるのです。

しかしながら、自力で一重を二重にするのは非常に困難といわれています。

なぜなら、一重まぶたと二重まぶたではまぶたの構造が異なるからです。

生まれつき二重まぶたの人は、筋肉の付き方により二重のラインが形成されていると考えられています。

つまり、まぶたの上から二重の線が形成されているのではありません。

一方、自力で二重まぶたにする方法では、筋肉の付き方を変えることは不可能でしょう。

つまり、まぶたの上から二重の線を癖づけすることによって二重を形成することになります。

この方法は確実とは言えないため、長期間継続しても二重にならない可能性もあるのです。

確実に二重まぶたになりたいと希望する場合、クリニックで二重の美容整形を受けた方がよいでしょう。

二重整形には大きく分けて2つの方法が存在します


二重のりやアイテープなどを使ってまぶたを一時的に接着させる方法とは異なり、二重整形は、まぶたの構造そのものを変える効果が期待できる方法です。

その施術法には、大きく2通りの方法が存在します。

埋没法

メスを使用せず、医療用の極細の糸をまぶたの裏側に埋め込むという方法です。

まぶたの皮膚の厚さや脂肪の量に応じて、糸を留める数が変化します。

比較的手軽で、二重のりをするような感覚で埋没法を行う人もいるようです。

切開法

新たに作る二重のラインに沿ってメスを入れ、皮膚や挙筋をつなぎ合わせて縫合する方法です。

必要に応じて余分な皮膚や脂肪を取り除くことも可能で、どんな性質のまぶたにも対応していると言われています。

崩れにくく、濃い二重のラインを手に入れたいという方にはおすすめの施術法です。

これらはあくまで一例で、各クリニックによって施術の細かな点が異なるでしょう。

どこのクリニックを選べばよいかわからないという方は、無料カウンセリングを積極的に活用してみてもよいかもしれません。

カウンセリングをしっかりと受けた上で、自分にあった方法や目元のデザインを提案してくれるクリニックや医師に依頼しましょう。

二重まぶた用化粧品の使用は将来的なまぶたの負担になります

二重まぶた用化粧品は手軽に手に入るため、美容整形よりも安く安全性が高いと考える方もいます。

しかしながら、長期間使用を続けることでまぶたへの影響が現れる可能性もあるのです。

二重のりやアイテープはどれも直接まぶたの皮膚に触れるものとなります。

そのため、肌の弱い方が使用することでかぶれや赤みなどの肌トラブルの原因になることが考えられるのです。

また、のりやテープなどでまぶたの皮膚が伸びたりたるんだりするおそれがあるといわれています。

美容整形のように、どんなにまぶたの皮膚が分厚い人や脂肪が多い人でも二重まぶたになれるというわけではなく、人によっては二重にならない場合もあるでしょう。

さらに、汗をかいたり水に濡れたりすると取れてしまう可能性が高く、二重まぶた用化粧品を使用していることがバレてしまうことがあります。

その反面、メイクに時間がかかってしまいがちです。

美容整形では自然な仕上がりになれば整形をしたことがバレることは少なく、一重に戻る可能性も低いです。

また、毎日二重を作るためのメイクをする必要もありません。

長期間二重を維持したいと考えている場合、二重整形の方がメリットが多いと考えてよいでしょう。”

(まとめ)一重を二重にする方法にはどんなものがある?

1.一重を二重にする代表的な方法は二重整形です

一重を二重にする確実性の高い方法は二重の整形といえます。

二重まぶたと構造が異なる一重まぶたを、二重の構造に変えることが可能と言われているのは整形となります。

一方、自己流の方法では確実性に欠けるために二重まぶたになることは難しいでしょう。

2.自力で一重を二重にするのは難しいとされています

二重まぶたの人は筋肉の付き方によって二重のラインが形成されています。

一重まぶたを自力で二重まぶたにする場合、筋肉の付き方を変えることはできないため、二重の線を癖づけする形となるでしょう。

この方法は、確実とはいえないのが難点です。

3.二重整形には大きく分けて2つの方法が存在します

二重整形は二重まぶた用化粧品と異なり、まぶたの構造を変える効果が期待できます。

無料カウンセリングなどで信頼できる医師やクリニックを見つけた上で、理想の目元を目指しましょう。

4.二重まぶた用化粧品の使用は将来的なまぶたの負担になります

二重まぶた用化粧品は将来的にまぶたへ影響を与える可能性もあるのです。

肌の弱い方が使用すると肌トラブルの原因になることも考えられるでしょう。


切らない二重術(埋没法)

極細の糸をまぶたに埋め込む方法です。腫れが少なく、ふたえのり感覚でできます。

切る二重術(切開法)

まぶたを切開したラインで二重を作ります。同時に余分な皮膚や脂肪を取り除くことができます。

目元形成

目のまわりや眉の下を切開し、目の形を整えます。視野が広くなる効果もあります。

眼瞼下垂

まぶたを引き上げる力を強くして、眼瞼下垂やそれにともなう頭痛・肩こりを解消します。

目元のたるみ取り

目の下のふくらみ(脂肪)やくぼみを取り除くことで、目元を若々しくします。

運営者情報

運営クリニック湘南美容クリニック 新宿本院
住所〒163-1324
東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
お問い合わせ0120-5489-40
院長中村 大輔