埋没法でまぶたが伸びるのではなく、伸びたまぶたをきれいにする施術が埋没法です


埋没法は二重整形術の1つであり、特殊な糸を使ってまぶたの裏側の皮膚を縫い止め、きれいな二重になるようにラインを作ります。

縫い止めているだけであって、皮膚を過度に引っ張るようなことはありませんから、まぶたが伸びてしまうのではないのかという心配をする必要もないでしょう。

施術について不安がある場合は、無料カウンセリングを行っているクリニックで相談すると安心です。

埋没法は伸びたまぶたでも美しい二重にできる場合があります

二重のりを寝ている間もつけるなど、間違った方法で使用することで、まぶたの皮膚が伸びてたるんだようになってしまうことがあります。

一度伸びてしまったまぶたの皮膚は、残念ながら自然に元に戻ることはありません。

伸びてしまったまぶたの皮膚に対処するには、目元の美容整形が必要になります。

まぶたの皮膚が伸びてしまった場合、美しい二重になるには、まぶたの余分な皮膚を切除する方法しかないのではないかと考える方も多いものです。

確かに、まぶたの皮膚が重度に伸びてしまっている場合は、切開して皮膚を切除する必要があります。

しかし多くの場合は、メスを入れずにまぶたの裏側から特殊な糸で縫い止める埋没法という施術方法で対処できるでしょう。

埋没法でまぶたが伸びるという噂は、埋没法で伸びた皮膚に対処できるという内容と、二重のりでまぶたの皮膚が伸びてしまうことがあるという内容が混ざってしまった結果、イメージとして生まれたのではないかと考えられます。

皮膚がかぶれやすい方は二重のりの使用を避けた方が良いでしょう


簡単に二重が作れるとして人気の二重のりですが、使い続ける時間が長い場合や、間違った使い方をすることで、まぶたの皮膚は大きなダメージを受けてしまいます。

二重のりの使い過ぎでまぶたが伸びたようになっている場合は、実際にはまぶたが伸びたというよりも、まぶたにかかる負担や、かぶれが重なってまぶたの皮膚が分厚くなっていることが多いものです。

かぶれが繰り返されることで皮膚は刺激に対抗するために、厚みを増すようになります。

その結果、つるんとしたきれいな皮膚ではなく、ごわごわしたような手触りになり、見た目もしわが目立つものになってしまう可能性が高いでしょう。

まぶたの皮膚は非常に薄くデリケートな箇所です。

そのため、特別皮膚が弱いという方でなくても、二重のりの使いすぎによってそのような皮膚症状がでることがあります。

乾燥肌の方やアトピー性皮膚炎を患っている方など、皮膚がかぶれやすい方は、アイテープや二重のりの使い過ぎや使い方には特に注意が必要です。

美容整形の施術できれいな目元を手に入れて自分に自信を付けましょう

「目は口ほどに物を言う」という慣用句があるように、目元はその方の感情の動きが現れるほか、第一印象を決める上で非常に大きな役割をします。

まぶたの皮膚がたるんでいる場合は、老け顔にみられやすくなったり、目つきが悪いと言われてしまったりすることもあります。

目を開ける筋肉が弱いことで、目が全開できない方の場合は「眠そう」「退屈そう」という印象を与えてしまいがちです。

反対に、ぱっちりと開かれた目は明るく前向きで、社交的な印象を与えることができます。

一重で目つきが悪いと指摘を受け、目元にコンプレックスを持っている方は、目元の状態に合った二重整形の施術を受けてみてはいかがでしょうか。

一重の方がぱっちりとした二重になると、顔全体の印象が明るくなりやすくなるでしょう。

二重整形をきっかけに自分に自信が持てるようになり、メイクやファッションが楽しくなったという方もいらっしゃいます。

また、就職活動や新生活のタイミングで施術を受けるという方も多くいます。

目元に関して悩みを抱えている方は、一度クリニックで相談してみることをおすすめします。

(まとめ)埋没法でまぶたが伸びるって本当?

1.埋没法でまぶたが伸びるのではなく、伸びたまぶたをきれいにする施術が埋没法です

埋没法はまぶたの皮膚を縫い止めるものであり、過度に引っ張るわけではないため、まぶたが伸びるという心配は不要です。

二重整形の施術では、伸びたまぶたへの対処ができます。

施術によってまぶたの皮膚が伸びるということはありません。

2.埋没法は伸びたまぶたでも美しい二重にできる場合があります

二重のりを過度に使用するとまぶたの皮膚が伸びたようになることがあります。

美容整形の施術を受けることで、皮膚が伸びてしまった方でもきれいな二重になることができます。

切開法だけでなく、メスを入れない埋没法で対処できることもあります。

3.皮膚がかぶれやすい方は二重のりの使用を避けた方が良いでしょう

二重のりの長期的な使用は、まぶたの皮膚に過度の負担をかけてしまいます。

その結果、まぶたの皮膚が厚みを増して伸びたように見えることが多くあります。

皮膚がかぶれやすい方は特に、二重のりの使用には注意が必要です。

4.美容整形の施術できれいな目元を手に入れて自分に自信を付けましょう

目元のたるみやまぶたの腫れぼったさは、老け顔や目つきの悪さにつながることがあります。

一重の方が二重にするだけでも、顔の印象が明るく社交的になるものです。

二重整形の施術を受けて、顔の印象を変え、自分に自信を持てるようになってみましょう。


切らない二重術(埋没法)

極細の糸をまぶたに埋め込む方法です。腫れが少なく、ふたえのり感覚でできます。

切る二重術(切開法)

まぶたを切開したラインで二重を作ります。同時に余分な皮膚や脂肪を取り除くことができます。

目元形成

目のまわりや眉の下を切開し、目の形を整えます。視野が広くなる効果もあります。

眼瞼下垂

まぶたを引き上げる力を強くして、眼瞼下垂やそれにともなう頭痛・肩こりを解消します。

目元のたるみ取り

目の下のふくらみ(脂肪)やくぼみを取り除くことで、目元を若々しくします。

運営者情報

運営クリニック湘南美容クリニック 新宿本院
住所〒163-1324
東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
お問い合わせ0120-5489-40
院長中村 大輔