二重整形を安全に受けるためにはきちんとしたクリニックで施術を受ける必要があります


二重整形の仕上がりは医師の技術力が重要な要素となります。

そのため、二重整形を安全に受けるためにはきちんとしたクリニックで施術を受けることが前提となるでしょう。

また、埋没法においては「挙筋法」が眼球を傷つけるリスクが低く腫れが少ないとされています。

施術後の腫れや内出血を抑えるためにも、入浴や運動、飲酒などはしばらく控えましょう。

二重整形でトラブルを起こさないためには医師の技術力が重要です

二重整形の施術を考えている方のには、安全性に不安を抱えている方もいることでしょう。

二重整形のトラブルには以下のようなものが挙げられます。

  • 希望通りの二重まぶたにならなかった
  • 二重まぶたの仕上がりが不自然
  • 腫れや内出血が長引く
  • 目がゴロゴロする、違和感がある
  • 痛みが出る
  • 二重がすぐにとれてしまう
  • まぶたが引きつっている、つっぱり感がある
  • 埋没法の糸がまぶたの外に出てしまっている

これらは医師の技術力が不足していることで起きるトラブルと考えられます。

また、本人の希望する二重まぶたと仕上がりに相違があるというケースでは、事前のカウンセリングが十分でないことも原因の1つです。

そのため、二重整形を受ける際には、技術力に信頼がおける医師を選ぶことや入念なシミュレーションを行っているクリニックを選ぶことが推奨されます。

安全に二重整形を受けるためにはアフターケアも大切です。

不安な点や気になる点はその都度解決しておくと良いでしょう。

二重整形の挙筋法はリスクが少ない施術方法です


二重整形の埋没法には「挙筋法」と「瞼板法」の2つの施術方法があります。

どちらの施術を受けるかによっても、起こりうるリスクに違いが生じるとされています。

挙筋法はまぶたの皮膚とその裏側にある柔らかい「挙筋」を糸で留める施術方法となります。

一方、瞼板法はまぶたの皮膚とその裏側になる「瞼板」を糸で留める施術方法です。

挙筋法ではまぶたを持ち上げる筋肉である上眼瞼挙筋に糸を通すため、眼球に触れることはないと言えます。

そのため一般的に挙筋法の方が眼球を傷つけるリスクが低いでしょう。

眼球への影響が気になって心配だという方には挙筋法がおすすめです。

クリニックの施術方法や個人差があるものの、挙筋法は腫れや術後の痛みが少ない傾向にあります。

以上のことからも、挙筋法の方が瞼板法と比べるとリスクが少ないと考えられます。

ただし、挙筋法においては、糸の結び方によって仕上がりが左右されます。

さらに、眼球を傷つけるリスクが低い分、まぶたの奥に糸を留めることが多くなるため医師の技術力が必要とされます。

二重整形のトラブルを避けるためにはアフターケアが大切です

二重整形のトラブルは施術後、ご自身のアフターケアによって抑えることが可能と言われています。

医師の指導に従い、二重まぶたが安定するまでは生活習慣に十分気を付けましょう。

ここでは、二重整形後の注意点を挙げていきます。

飲酒

アルコールを飲むと血行が良くなり、腫れや内出血を起こしやすくなります。

当日はもちろん、最低3日間は飲酒を控えてください。

クリニックによっては1週間控えることが望ましいとしているところもあります。

入浴、運動

シャワーや洗顔、洗髪であれば当日から可能ですが、入浴は当日~3日後までは控えてください。

また、激しい運動は血行を良くし腫れや内出血の原因となるため、1週間程度はやめると良いでしょう。

まぶたがむくんでいると仕上がりに悪影響を与える恐れがあるため、施術の前日から体調を整えておくことが大切です。

メイク

日焼け止めやファンデーションなど目元以外のメイクであれば当日から可能としているクリニックが多いです。

ただし、アイメイクに関しては翌日~3日後までは控えることが推奨されています。

(まとめ)二重整形を安全に受けるためには必要なこととは?

1.二重整形を安全に受けるためにはきちんとしたクリニックで施術を受ける必要があります

二重整形を安全に受けるためには、医師の技術力が重要ですから、きちんとしたクリニックを選ぶ必要があります。

埋没法においては挙筋法の方が眼球を傷つけるリスクが少ないとされています。

また、入浴や運動、飲酒はしばらく控えましょう。

2.二重整形でトラブルを起こさないためには医師の技術力が重要です

二重整形のトラブルには希望通りの二重にならなかった、腫れや内出血が長引くなどさまざまなものが挙げられます。

こういったトラブルは医師の技術力が不足していることで起こるため、信頼のおける医師の元で施術を受けることが大切です。

3.二重整形の挙筋法はリスクが少ない施術方法です

二重整形の埋没法には挙筋法と瞼板法があり、挙筋法の方がリスクが少ない施術方法とされています。

挙筋法ではまぶたを動かす筋肉に糸を通すため、眼球を傷つける心配がないと言えるでしょう。

また、挙筋法の方が術後の腫れや痛みが少ないと考えられています。

4.二重整形のトラブルを避けるためにはアフターケアが大切です

二重整形のトラブルはご自身のアフターケアによって抑えられると言われています。

飲酒や入浴、運動は血行を良くし腫れや内出血を起こしやすくするためしばらく控えるようにしましょう。

また、アイメイクも翌日~3日後までは控えることが推奨されています。

切らない二重術(埋没法)

極細の糸をまぶたに埋め込む方法です。腫れが少なく、ふたえのり感覚でできます。

切る二重術(切開法)

まぶたを切開したラインで二重を作ります。同時に余分な皮膚や脂肪を取り除くことができます。

目元形成

目のまわりや眉の下を切開し、目の形を整えます。視野が広くなる効果もあります。

眼瞼下垂

まぶたを引き上げる力を強くして、眼瞼下垂やそれにともなう頭痛・肩こりを解消します。

目元のたるみ取り

目の下のふくらみ(脂肪)やくぼみを取り除くことで、目元を若々しくします。

運営者情報

運営クリニック湘南美容クリニック 新宿本院
住所〒163-1324
東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
お問い合わせ0120-5489-40
院長中村 大輔

東京都内から二重・目元整形の相談ができるクリニックを探す

都道府県から二重・目元整形の相談ができるクリニックを探す