二重整形の後、埋没法であれば一重に戻すことが可能です


二重整形の埋没法は医療用の糸でまぶたを縫い留めるという施術法です。

一方、切開法はメスを入れるかわりに半永久的に二重まぶたを持続させることが期待できます。

これらの特徴から、二重整形の後、埋没法であればもとの一重まぶたに戻すことが可能です。

切開法の場合は、もとの一重まぶたに戻すことはほぼ不可能と言われています。

二重整形の修正は埋没法はたやすく、切開法は難しい施術となります

二重整形は一重まぶたを二重まぶたにしたり、元々の二重まぶたの幅を広くしたりすることが可能な施術です。

二重整形を受けた後、やはり元の一重まぶたに戻したい、二重のラインを修正したいと考えるようになる方もいることでしょう。

二重整形の後にまぶたを元の状態に戻せるかどうかは、施術方法によります。

埋没法はメスを入れずに二重まぶたにする施術で、プチ整形と呼ばれているように手軽に受けられる方もいます。

まぶたを切開しないかわりに、半永久的にラインを持続させることが難しいといわれ、いずれ取れてしまう可能性があるとされています。

しかしながら、もし元の一重まぶたに戻したいと考えたとき、まぶたに埋め込んだ糸を抜糸することで可能となります。

一方、切開法はメスを入れて二重まぶたにする施術で、まぶたを切開することから半永久的にラインが持続するとされています。

その反面、施術前の状態に戻すのが難しくなります。

仮に一重まぶたに戻すことができても、施術前のような自然な一重まぶたにならない可能性が高いでしょう。

また、切開法の修正においては、新たなラインを既存のラインより下に作ることができない場合が大半です。

従って、幅の広い二重で切開する際は注意が必要となります。

埋没法は抜糸で一重まぶたに戻すことが可能です


埋没法のメリットの1つに、やり直しがきくという点が挙げられます。

万が一、希望に添わない二重まぶたになってしまったとき、埋没法であれば修正しやすいからです。

施術を受けたクリニックに依頼すれば、そのクリニックで抜糸や修正を行ってもらえるでしょう。

また、クリニックによっては他のクリニックで行った埋没法の糸を抜糸しているところもあります。

二重整形の施術から年単位で時間が経過してしまうと、まぶたに埋め込んだ糸が馴染んでいたり、皮下組織に埋もれていたりする可能性が高まります。

その場合、数ミリ程度まぶたを切開する必要があるケースもみられます。

施術直後であれば、上まぶたに1~2㎜程度の穴を開けて糸を取り除く比較的簡易な方法で抜糸がしやすいです。

ただし、抜糸や再施術が可能とする期間は、各クリニックで対応が異なります。

それは、短期間にまぶたに負担を与えてしまうことを危惧しているためです。

抜糸や再施術がどれくらいで可能なのか、費用はどうなるのか、などを事前にクリニックの公式サイトなどで調べておいても良いでしょう。

それでも心配だという方は事前のカウンセリングで医師に確認してみはいかがでしょうか。

二重整形の切開法は3~6ヶ月後から修正が受けられます

二重整形の切開法は、まぶたの脂肪が多く埋没法では二重まぶたにならなかった方や一重まぶたに強いコンプレックスを持っている方などに推奨されています。

埋没法に比べてラインが消失するリスクが低い反面、やり直しがしにくいため、施術前には医師とのカウンセリングが重要となります。

二重整形の施術直後はラインが安定しておらず腫れや内出血が起こっていることが想定されます。

そのため、クリニックで切開法のライン修正を受けたい場合、すぐに修正してもらうことは難しくなります。

二重まぶたのラインが安定し、腫れや内出血が収まってから修正の施術を受けるのが一般的です。

期間は3~6ヶ月後から修正を受けられるようになります。

二重整形同様、修正の施術は医師の技量によって仕上がりに差が生じます。

クリニックを選ぶ際は、二重まぶたの修正において症例が豊富であるかどうかも基準の1つにすると良いでしょう。

(まとめ)二重整形の後、一重に戻すことはできる?

1.二重整形の後、埋没法であれば一重に戻すことが可能です

二重整形のうち、埋没法は糸によってまぶたを縫い留める方法で、切開法は半永久的に二重まぶたを維持することが可能とされています。

そのため、二重整形の後、埋没法であれば一重まぶたに戻せますが、切開法は元のように戻すことが難しいです。

2.二重整形の修正は埋没法はたやすく、切開法は難しい施術となります

二重整形の後にまぶたを元に戻せるかは、埋没法、切開法によって異なります。

埋没法では抜糸を行うことで元の一重まぶたに戻せますが、切開法では施術前の状態に戻すことが難しくなります。

3.埋没法は抜糸で一重まぶたに戻すことが可能です

やり直しがしやすい点が埋没法のメリットの1つで、まぶたに埋め込んだ糸を抜糸することで一重まぶたに戻したりラインの修正を行ったりすることが可能です。

クリニックによっては他院で行った埋没法の糸を抜糸、修正しているところもあります。

4.二重整形の切開法は3~6ヶ月後から修正が受けられます

二重整形の切開法を受けた後、ラインの修正を希望する場合はすぐに修正を受けることが難しくなります。

通常、二重まぶたのラインが安定し、腫れや内出血が収まる3~6ヶ月後くらいから修正を受けることが可能となります。

切らない二重術(埋没法)

極細の糸をまぶたに埋め込む方法です。腫れが少なく、ふたえのり感覚でできます。

切る二重術(切開法)

まぶたを切開したラインで二重を作ります。同時に余分な皮膚や脂肪を取り除くことができます。

目元形成

目のまわりや眉の下を切開し、目の形を整えます。視野が広くなる効果もあります。

眼瞼下垂

まぶたを引き上げる力を強くして、眼瞼下垂やそれにともなう頭痛・肩こりを解消します。

目元のたるみ取り

目の下のふくらみ(脂肪)やくぼみを取り除くことで、目元を若々しくします。

運営者情報

運営クリニック湘南美容クリニック 新宿本院
住所〒163-1324
東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
お問い合わせ0120-5489-40
院長中村 大輔

東京都内から二重・目元整形の相談ができるクリニックを探す

都道府県から二重・目元整形の相談ができるクリニックを探す