痩せたら二重整形をしたようなまぶたになれるとは限りません


体重が増えてしまうと顔も以前より太ってしまい、まぶたの肉づきが良くなってしまうことがあります。肉づきの良いまぶたは、どうしても腫れぼったい印象になり、今まで二重だった人も一重になる可能性が出てきます。

身体が痩せたら体脂肪が減り、顔が細くなる効果も期待できますが、まぶたが思うように痩せて、二重になるとは限りません。まぶたが痩せると皮膚のたるみが起こり、きれいな二重のラインが出ないことがあるからです。

くっきりとした二重のラインを目指すのであれば、二重整形の施術を受けるのがおすすめです。

まぶたの肉づきやたるみが気になる時は切開法がおすすめです

まぶたの肉づきやたるみが気になる時は、二重整形の切開法の施術を受けると、まぶたがすっきりとして二重のラインがよみがえります。体重が減ると顔の脂肪量も減り、まぶたも痩せてくるので、「痩せたら二重まぶたになれる」と思うかもしれませんが、痩せても理想のまぶたになるとは限りません。

痩せると皮膚の下にある脂肪が減るので、まぶたの腫れぼったさは解消されるかもしれません。しかし、皮膚にたるみが生じるので、まぶたがくぼんで不健康な印象になってしまうことがあります。

まぶたの皮膚にたるみがあると、二重のラインが狭くなったり皮膚で隠れてしまったりするので、理想的な二重まぶたには程遠くなります。健康的な印象の二重まぶたにするには、二重整形の切開法でたるみの原因となる余分な皮膚や脂肪を取り除くのが効果的です。

二重整形の切開法ではたるみの原因を切除して、取れにくく強い二重のラインをつくります。切開法でつくる二重のラインは半永久的に効果が持続するので、長年まぶたのたるみに悩んできた方は検討してみましょう。

ムリなダイエットがまぶたのたるみやくぼみを招きます


体重を落としてスリムな体型を維持したいというのは、女性であれば誰もが持つ願望ですが、ムリなダイエットを重ねると健康的に痩せられません。まぶたを支えている眼輪筋という筋肉は、急激に体重を落とすと衰えが目立つようになります。

過剰なダイエットはまぶたの見た目に影響を及ぼし、不健康で疲れた印象を与えてしまいます。ダイエットは体重を落として痩せたらよいというものではなく、無理をせず体脂肪を落とすことが大切です。

まぶたの急激な衰えを防ぐためにも、「痩せたらOK」というダイエットではなく、健康的なダイエットを心がけましょう。

食生活

規則正しい食生活とは、毎日同じ時間に3食をしっかりと食べることです。

好き嫌いをせず、あらゆる食材をバランス良くメニューに取り入れましょう。食べ物はよく噛むと消化されやすくなり、たくさん食べなくても満腹感が得られやすくなります。

運動

ジョギングや水泳などの適度な有酸素運動は、健康的なダイエットに欠かせません。運動が苦手な方は、軽いウォーキングやストレッチから始めてみましょう。

睡眠

睡眠は規則正しい生活を支える土台になります。早寝早起きを習慣として、就寝直前のスマートフォンの操作などは極力控えましょう。

腫れぼったいまぶたが気になる時はまぶたのエクササイズをしてみましょう

「まぶたがもっと痩せたら、二重になれるのに。」と思う時は、まぶたのエクササイズをしてみるのも効果的です。

二重整形をしたような、はっきりとした二重のラインをつくるというよりも、まぶたの腫れぼったさやたるみを予防する方法になります。家で手軽にできるので、時間を見つけて実践してみましょう。

1.ホットタオルでまぶたを温め、血行をよくします。

2.両手の人差し指で眉を押さえ、左右の眉が動かないよう固定します。

3.両目を大きく見開いて上目づかいをし、まばたきを30回しましょう。

4.指を離したら5秒間、両目をギュッとつぶり、目を開けた状態を5秒間キープします。

上記の方法を5回繰り返すと、まぶたを鍛える効果が期待できます。深刻なまぶたの悩みがある時は、セルフケアだけでは対処が追いつきません。

信頼できる二重整形のクリニックに相談しましょう。

(まとめ)痩せたら二重整形をしたようなまぶたになれる?

1.痩せたら二重整形をしたようなまぶたになれるとは限りません

体重が増えると顔に肉がつき、まぶたが腫れぼったくなることがあります。痩せたら顔の肉が落ちて、まぶたの脂肪を減らせる可能性はありますが、二重のラインができるとは限りません。

二重整形の施術であれば、理想の二重まぶたを目指すことができます。

2.まぶたの肉づきやたるみが気になる時は切開法がおすすめです

体重が減ると顔の脂肪も減り、まぶたが痩せてきますが、痩せたら二重まぶたになれるとは限りません。痩せたらまぶたの腫れぼったさは解消されますが、まぶたがたるむことがあるからです。

二重整形の切開法で、まぶたの皮膚や脂肪を取り除くのが効果的です。

3.ムリなダイエットがまぶたのたるみやくぼみを招きます

ムリなダイエットを続けると眼輪筋というまぶたの筋肉が衰えて、まぶたのたるみやくぼみを招いてしまいます。規則正しい生活を心がけ、痩せたら二重まぶたになれるという認識を改めましょう。

4.腫れぼったいまぶたが気になる時はまぶたのエクササイズをしてみましょう

「まぶたが痩せたら、二重になれるのに。」と思う時は、まぶたのエクササイズをしてみましょう。

まぶたを鍛え、まぶたの腫れぼったさやたるみを予防する効果を期待できます。深刻なまぶたの悩みは、二重整形のクリニックに相談しましょう。

切らない二重術(埋没法)

極細の糸をまぶたに埋め込む方法です。腫れが少なく、ふたえのり感覚でできます。

切る二重術(切開法)

まぶたを切開したラインで二重を作ります。同時に余分な皮膚や脂肪を取り除くことができます。

目元形成

目のまわりや眉の下を切開し、目の形を整えます。視野が広くなる効果もあります。

眼瞼下垂

まぶたを引き上げる力を強くして、眼瞼下垂やそれにともなう頭痛・肩こりを解消します。

目元のたるみ取り

目の下のふくらみ(脂肪)やくぼみを取り除くことで、目元を若々しくします。

運営者情報

運営クリニック湘南美容クリニック 新宿本院
住所〒163-1324
東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
お問い合わせ0120-5489-40
院長中村 大輔

東京都内から二重・目元整形の相談ができるクリニックを探す

都道府県から二重・目元整形の相談ができるクリニックを探す