二重整形で年齢確認が必要になるのは、未成年は親権者の同意がいるからです


二重整形で年齢確認をするのは、未成年の方は親権者の同意がないと施術を受けることができないからです。未成年の方が二重整形を希望する場合は、親権者の同意を得た上で同意書を提出することになります。

また、カウンセリングに親権者の同伴や電話確認が求められることもあります。たとえプチ整形であっても、二重整形をする際は年齢確認が行われるのです。

20歳以上の方であれば、本人の同意書のみで施術が可能ですが、20歳未満の方は未成年同意書を持参してカウンセリングを受けましょう。

未成年の方は親権者の同意なしでは二重整形を受けられません

二重整形を行うクリニックでは、未成年の方が施術を希望した場合は、次のことをお願いしています。

・年齢確認
・未成年同意書の提出
・親権者のカウンセリングへの同伴
・親権者への電話確認 クリニックによっては親権者のカウンセリングへの同伴や、電話確認が不要になることもあるでしょう。

ただし、年齢確認と未成年同意書の提出は、どのクリニックでも必ず行っています。年齢確認や同意書の提出などは、未成年の方を守るために必要なルールのようなものです。

20歳未満の方の場合、二重整形の内容を理解しないまま施術を受けることがないよう、親権者の同意が求められます。施術を希望している方の中には、二重整形を受けることを親に伝えにくいと思っていらっしゃる方がいるかもしれません。

二重整形は、女性が明るい気持ちで毎日を過ごすための手助けとなる医療です。自分のまぶたに悩みがある時は、まず家族で話し合ってから、カウンセリングで医師の説明を聞いてみましょう。

年齢が若い方に人気があるのが埋没法です


二重整形の種類は数多くありますが、年齢が若い方を中心に人気なのが、埋没法になります。埋没法とはまぶたを切らない二重整形の施術で、まぶたに糸を通して二重のラインをつくります。

埋没法のメリット

埋没法のメリットは、切開法のようにまぶたを切って施術をしない点です。まぶたを切らないので施術時間が短く、はじめての二重整形で不安がある方にもおすすめできる施術となります。

埋没法に使用した糸は皮膚の裏側に埋め込まれるので、傷跡が目立ちにくく、施術したことがバレづらいのもメリットです。施術後は多少まぶたが腫れることがありますが、ダウンタイムが長引くことはあまりなく、回復が早い二重整形です。

埋没法のデメリット

人気が高い埋没法ですが、施術を受ける際にはいくつか注意したいポイントもあります。埋没法は糸をまぶたに埋め込む施術になるため、まぶたの厚みがあると、思うような二重ラインがつくれないことがあるのです。

そのような場合には、まぶたの脂肪を取る切開法が適しています。まぶたを切らないというのが埋没法のメリットですが、切らないために切開法より後戻りしやすくなります。

埋没法は比較的誰でも受けやすい二重整形になりますが、長持ちする二重を希望する方には、切開法がおすすめです。

カウンセリングの際に聞くべきことをリストアップしておきましょう

二重整形で必要なのは、年齢確認や同意書だけではありません。施術をする前にきちんとカウンセリングを受けて、二重整形に対する理解を深める必要があります。

未成年の方はなるべく親権者の方と一緒にカウンセリングに参加して、医師の話を聞くのがベターです。カウンセリングでは医師の説明に耳を傾けるだけでなく、疑問に思うことや不安に思うことを積極的に質問しましょう。

事前に聞くべきことをまとめてリストアップしておくと、カウンセリングがスムーズに進みます。

・自分のまぶたに合う施術とは
・施術をする上でのリスクについて
・施術をする日程について
・費用はどのくらいかかるのか
・ダウンタイムが終わるのはいつ頃か
・施術を担当する医師について
・禁止事項について

細かな質問を用意しておくと、後から不安になったり、疑問点が出てきたりすることがなくなります。

(まとめ)二重整形に年齢確認は必要ですか?

1.二重整形で年齢確認が必要になるのは、未成年は親権者の同意がいるからです

二重整形で年齢確認をする理由は、未成年の方が施術を受けるためには親権者の同意が必要になるからです。20歳以上の方であれば本人の同意書のみで施術が受けられますが、20歳未満の方は未成年同意書の提出が必須となります。

2.未成年の方は親権者の同意なしでは二重整形を受けられません

二重整形をする前に行われる年齢確認や同意書の提出は、未成年の方を守るためのルールのような存在です。施術の内容をよく理解しないまま施術を受けることがないよう、年齢確認と親権者の同意が必須になっています。

3.年齢が若い方に人気があるのが埋没法です

数ある二重整形の施術の中で、若い方に人気があるのが埋没法です。埋没法はまぶたを切らない二重整形なので、施術時間やダウンタイムが短くなります。

まぶたの厚みがある方や、長持ちする二重を希望する方には、埋没法よりも切開法がおすすめです。

4.カウンセリングの際に聞くべきことをリストアップしておきましょう

年齢確認や同意書の提出だけでなく、カウンセリングを受けて二重整形への理解を深めるのも大切なことです。医師に質問したいことを事前にまとめておくと、カウンセリングがスムーズに進みます。


切らない二重術(埋没法)

極細の糸をまぶたに埋め込む方法です。腫れが少なく、ふたえのり感覚でできます。

切る二重術(切開法)

まぶたを切開したラインで二重を作ります。同時に余分な皮膚や脂肪を取り除くことができます。

目元形成

目のまわりや眉の下を切開し、目の形を整えます。視野が広くなる効果もあります。

眼瞼下垂

まぶたを引き上げる力を強くして、眼瞼下垂やそれにともなう頭痛・肩こりを解消します。

目元のたるみ取り

目の下のふくらみ(脂肪)やくぼみを取り除くことで、目元を若々しくします。

運営者情報

運営クリニック湘南美容クリニック 新宿本院
住所〒163-1324
東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
お問い合わせ0120-5489-40
院長中村 大輔