埋没法で二重のラインを定着させるためには取れにくい埋没法をするとよいでしょう


埋没法で二重のラインを定着させるには、取れにくい埋没法を行うとよいでしょう。

医院によって施術方法は異なりますが、糸を留める箇所を増やしたり、糸のかけ方や結び方をとれにくくなるように工夫して行ったりする場合があります。

通常の埋没法の他に取れにくい埋没法のコースを選ぶことができる場合には、二重のラインを定着させるためにも、取れにくい埋没法を受けるようにしましょう。

埋没法では簡単に二重が形成できます

埋没法は、目立たないようにまぶたを糸で留めて、まぶたを開けたときに二重のラインが作られるようにする施術です。

上まぶたを開けたときにきれいな二重のラインを作ってまぶたが開くため、一重のときよりもぱっちりとした大きい目に見えることが期待できます。

埋没法はプチ整形とも呼ばれ、短時間で簡単に二重になれる施術でもあります。

まぶたに大きな傷を作ることもなく、安全で気軽に受けやすい施術ですが、留めている糸が緩んでしまったり、外れてしまったりして二重のラインがとれてしまうこともあるかもしれません。

個人差はありますが、 一般的な埋没法では、5年間で約半数の方の二重まぶたが後戻りしてしまうともいわれています。

二重のラインが薄くなったり、なくなったり、二重の幅が狭くなってきたというときには糸が緩んでいる可能性があるので、早めに医師に相談しましょう。

また二重まぶたの持ちのいい方は10年以上二重まぶたが持続できることもあります。

糸を絡ませながらまぶたに通して二重のラインを形付けるなどといった、取れにくい埋没法を受けることで、根本から安定した二重のラインを作ることが重要といえるでしょう。

日常生活で気をつけないと二重がとれる場合もあります


埋没法を受けたあとで二重になってからも、日常生活のくせなどから二重が取れて元に戻る心配があります。

またまぶたをすぐにこする癖のある方は、二重がとれやすく、まぶたがたるみやすくなるとされています。

埋没法は他の二重整形よりも費用が安く、施術後の腫れが少ないため、長い期間が経つと糸がとれて二重のラインがなくなる場合もあるかもしれません。

二重ができるだけ長く持つようにするには、日常生活でも気をつけて過ごすことが大切です。

埋没法により二重まぶたを作っても、日常生活のまぶたへの負担が大きいときには、徐々に二重のラインが崩れてしまい、もとの一重に後戻りしてしまう場合もあります。

もしも普段から目をこするくせがある場合には、埋没法の糸を動かして外れやすくしてしまうでしょう。

メイクをするときにつけまつげを使用している方も注意が必要です。まぶたに接着剤をつけて重さの有るつけまつげをのせている場合もまぶたへの負担が大きくなるので、埋没法の後にはなるべく使わないようにした方がよいでしょう。

まぶたの厚みによっては切開法で二重を定着させるほうがよいかもしれません

まぶたに厚みがあると、埋没法を行っても元の一重に戻りやすいといわれています。

まぶたを二重にするために留めている糸が、まぶたの厚みを支えきれなくなるためです。

まぶたの厚みによっては、埋没法よりも切開法が適している場合があります。

切開法は、まぶたの厚さの原因となっている「眼窩脂肪」を除去してまぶたの余分な厚みをなくし、後戻りのしにくい二重まぶたを作るための施術です。

切開法では、まず二重のラインとなる場所を一部切開して余分な脂肪を取り除きます。そして脂肪除去によりまぶたの厚さを調節してから、切開した部分を丁寧に縫合して、後日抜糸をします。

縫合跡は二重のラインに重なるため、跡が目立ちません。二重を維持するために問題となっていた脂肪が除去されるこの施術は、一重に戻る心配がほとんどない方法といえます。

切開法は腫れぼったいまぶたがすっきりした目元になる施術ですが、施術後のダウンタイムが埋没法よりも長くなるというデメリットがあります。

切開法には全切開法と部分切開法があり、全切開法は1週間で腫れが約半分程おさまり、完全に腫れがなくなるのは3~6ヶ月後とされています。

(まとめ)埋没法で二重のラインを定着させるには?

1.埋没法で二重のラインを定着させるためには取れにくい埋没法をするとよいでしょう

医院によって埋没法の施術方法が異なりますが、埋没法で二重のラインを定着させるには、通常のコースではなく取れにくい埋没法のコースを受けることが大切といえます。

2.埋没法では簡単に二重が形成できます

埋没法は、まぶたを糸で止めて、まぶたに希望する二重のラインを作り出す施術です。

個人によって二重のもちは異なりますが、もちのよい方は10年以上二重を持続しています。まずは取れにくい二重形成を受けてみてはいかがでしょうか。

3.日常生活で気をつけないと二重がとれる場合もあります

埋没法を受けた後にも、何度も目をこすったり、つけまつげをつけることが二重の形を崩したり一重まぶたに戻ることにつながります。

埋没法のあとにはまぶたの負担にならないように気をつけましょう。

4.まぶたの厚みによっては切開法で二重を定着させるほうがいいかもしれません

まぶたに厚みがあると埋没法では元に戻りやすくなる心配があります。

まぶたの厚みがある場合、 切開法で上まぶたを一部切除して余分な脂肪を除去し、ほとんどもとに戻らないような二重のラインをつける方が適しているといえるでしょう。


切らない二重術(埋没法)

極細の糸をまぶたに埋め込む方法です。腫れが少なく、ふたえのり感覚でできます。

切る二重術(切開法)

まぶたを切開したラインで二重を作ります。同時に余分な皮膚や脂肪を取り除くことができます。

目元形成

目のまわりや眉の下を切開し、目の形を整えます。視野が広くなる効果もあります。

眼瞼下垂

まぶたを引き上げる力を強くして、眼瞼下垂やそれにともなう頭痛・肩こりを解消します。

目元のたるみ取り

目の下のふくらみ(脂肪)やくぼみを取り除くことで、目元を若々しくします。

運営者情報

運営クリニック湘南美容クリニック 新宿本院
住所〒163-1324
東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
お問い合わせ0120-5489-40
院長中村 大輔