二重まぶたは大きく分けて「末広型」「平行型」「奥二重」の3種類です


一言で「二重まぶた」といっても、二重まぶたにはいくつか種類があるといわれています。

その種類を大きく分けると末広型、平行型、奥二重の3種類です。

末広型は日本人に似合うとされており、平行型は欧米人に多く、幅の広いタイプと狭いタイプに分類されています。

さらに、一見一重まぶたに見える二重まぶたが奥二重と呼ばれています。

二重まぶたは種類によって与える印象が違います

一重まぶたと二重まぶたは構造上に違いがあるとされています。

一重まぶたは単独で一括りにされていますが、二重まぶたはそうではありません。

二重まぶたと一口にいっても、その形状はさまざまです。

二重まぶたは形状によりいくつかの種類に分けられています。

ここでは、二重まぶたの種類とその特徴についてご紹介します。

奥二重

一見すると一重まぶたに見える奥二重ですが、一重まぶたに比べて目が大きく見える特徴があります。

二重がまぶたで隠れてしまっている状態ですが、メイクの仕方で二重のように見せることは可能です。

末広型

日本人に似合うとされているのが末広型です。

ナチュラルな目元で年齢問わず好印象を与えることのできる二重まぶただといえるでしょう。

幅の狭い平行型

末広型よりも華やかな印象を与えるのが平行型になります。

奥二重や末広型と比べると、目が大きく見えるという特徴があります。

メイクをすればさらに華やかな目元になることができるでしょう。

幅の広い平行型

欧米人に多いのが幅の広い平行型です。

二重まぶたの中でもっとも目が大きく見えるといわれています。

世界的にみると、このタイプのまぶたが多いですが、日本人ではあまりいないと考えられています。

美容整形で理想的な二重まぶたになることが期待できます


二重まぶたの種類をご紹介しましたが、やはり、いずれのタイプも一重まぶたと比べると明るく華やかな印象をもたらします。

二重まぶたが与える印象と一重まぶたが与える印象は真逆と言っても過言ではありません。

一重まぶたは「目が細い」「眠たそう」「怒っている」「暗い」などのネガティブなイメージを抱かれることが多いようです。

もちろん、「クール」「知的」というようなポジティブなイメージを持つ方もいるようですが、二重まぶたが与えるポジティブなイメージの方が圧倒的に多いと考えられています。

一重まぶたをコンプレックスに思う方は多く、二重まぶたにするために埋没法や切開法などの美容整形を受ける方が増加しているといいます。

一般的に、埋没法では「奥二重」や「末広型」の二重まぶたの施術を行うことが多く、切開法では「平行型」の二重まぶたの施術を行うことが多いです。

施術を受ける人のまぶたの厚さや脂肪の多さによっても施術方法は変わってきますが、まぶたが厚く脂肪が多い人ほど埋没法で幅の広い二重まぶたを形成するのが困難だとされています。

その場合、切開法を行うことで理想的な二重まぶたになることが可能です。

二重まぶたの整形には埋没法と切開法があります

二重まぶたの施術方法には二種類あるとご説明しました。

では、それぞれ具体的にどのような施術内容になるのでしょうか?

また、実際に施術を受ける際にかかる費用やダウンタイムなどもみていきましょう。

糸を使用する埋没法

プチ整形とも呼ばれている埋没法では、メスを入れる代わりに医療用の糸を使用します。

メスを入れない分術後に腫れづらく、ダウンタイムも3日程度で問題ないとされています。

かかる費用は5~10万円以内が相場となっており、気軽に受けられるのがメリットです。

メスを入れる切開法

メスを入れることで二重まぶたを形成する切開法は、部分的にメスを入れる「部分切開法」と幅をとってメスを入れる「全切開法」とに分けられます。

埋没法だけで二重まぶたの形成が難しい人や、まぶたの脂肪を切除する必要がある人に奨められています。

ダウンタイムは1~2週間程度というのが一般的で、かかる費用は20~30万円程度が相場です。

(まとめ)二重まぶたにはどんな種類があるの?

1.二重まぶたは大きく分けて「末広型」「平行型」「奥二重」の3種類です

二重まぶたには「末広型」「平行型」「奥二重」の3種類があると考えられています。

日本人に似合う末広型、欧米人に多い平行型、一重まぶたに近い奥二重……と、それぞれが与える印象にも違いがあります。

2.二重まぶたは種類によって与える印象が違います

二重まぶたの形状はさまざまで、それによりいくつかの種類に分けられています。

まず、一重まぶたに近いとされる「奥二重」、そして、日本人に似合うとされる「末広型」、最後に欧米人に多いとされる「平行型」が挙げられます。

3.美容整形で理想的な二重まぶたになることが期待できます

二重まぶたと一重まぶたでは与える印象が違い、一重まぶたはどちらかというとネガティブなイメージを抱かれる傾向にあります。

一重まぶたをコンプレックスに思う方のなかには、埋没法や切開法などの美容整形で理想通りの二重まぶたになった方も多くいます。

4.二重まぶたの整形には埋没法と切開法があります

二重まぶたの施術方法には二種類あり、それぞれ施術内容やかかる費用、ダウンタイムなどに違いがあります。

医療用の糸を使用するのが埋没法、メスを入れて二重まぶたを形成するのが切開法(部分切開法、全切開法)と呼ばれています。


切らない二重術(埋没法)

極細の糸をまぶたに埋め込む方法です。腫れが少なく、ふたえのり感覚でできます。

切る二重術(切開法)

まぶたを切開したラインで二重を作ります。同時に余分な皮膚や脂肪を取り除くことができます。

目元形成

目のまわりや眉の下を切開し、目の形を整えます。視野が広くなる効果もあります。

眼瞼下垂

まぶたを引き上げる力を強くして、眼瞼下垂やそれにともなう頭痛・肩こりを解消します。

目元のたるみ取り

目の下のふくらみ(脂肪)やくぼみを取り除くことで、目元を若々しくします。

運営者情報

運営クリニック湘南美容クリニック 新宿本院
住所〒163-1324
東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
お問い合わせ0120-5489-40
院長中村 大輔