二重整形で二重の幅を広げることはできます


二重整形によって、ある程度は希望する二重の幅に広げることができると言われています。

二重の幅を広げることで目の上にラインができて目元が明るくぱっちりする効果が期待できるでしょう。

ただし、幅広にしすぎると仕上がりがあまりよくなかったり、二重が取れやすくなったりすることもあります。

無理に幅広にするのではなく、自分に合った二重幅を見つけましょう。

二重整形で二重の幅を希望に合わせて調整することができると言われています

二重のまぶたに憧れて整形手術に踏み切る女性はたくさんいます。

しかし、二重になれればいいというものではありません。

あまりに幅が狭い二重では、あまり一重と変わらないように感じる人もいるでしょう。

すっぴんの状態では二重でも、アイラインを引くことで二重のラインが見えなくなるという人もいます。

実は二重まぶたの手術では、一重や奥二重の人だけでなく二重の人が二重の幅を広げる手術を受けるケースも珍しくありません。

整形によって一重を二重にしたり二重の幅を広げたりすると、目の上のラインの幅が広がって目が大きく見えると言われています。

二重整形には切開法と埋没法がありますが、どちらも希望の二重の幅で調整することが可能です。

ただし、まぶたが分厚い人が幅広にすると不自然になることがあると言われています。

目を大きく見せる整形手術は二重整形だけではありません。

二重の幅だけにこだわるのではなく、自分が一番美しく見える二重の幅を探しましょう。

二重の幅は広いほどいいわけではありません


一重の人は二重になったり、二重の幅が広がったりすることで目の上のラインが大きくなってぱっちりとした目元になると言われています。

しかし、二重幅は広がれば広がるほど目が大きく見えるのでしょうか?

実は二重幅を広げすぎてしまうと、今度は目元が眠たそうなぼんやりとした印象になってしまうことがあります。

アイメイクが映えるように幅を広げたいと考える人もいますが、行き過ぎてしまうと目元が暗い雰囲気になってしまうこともあるのです。

もともと日本人の多くはまぶたが厚くて、蒙古ひだがしっかりとはっているため、広い平行型の二重よりも末広型の二重のほうが自然と考えられています。

目を開ける力が強くてまぶたが薄い人であれば、平行の二重でも自然に仕上がりやすくなります。

しかし、まぶたが厚いのに幅広の二重を作ってしまうと、無理がかかって食い込むため不自然になりやすいと言われています。

さらに、目開き具合が悪くなったり、元に戻りやすくなったりする場合もあるため注意が必要でしょう。

二重の幅が広くなればなるほど目がぱっちり大きく見えるわけではありません。

その人の顔によって似合う二重幅は違うので、整形する前のカウンセリングで相談しておきましょう。

二重の幅を広げる以外にも目を大きく見せる方法はあります

整形で目を大きく見せる方法はいろいろあります。

二重整形は目を上に向かって大きくする手術です。

しかし、横方向や下方向に目を大きく見せる手術もあります。

例えば、目頭切開は目頭の蒙古ひだを減らして、目を大きく見せる手術です。

蒙古ひだが多いと、目の幅が狭く、目が小さい離れ目に見えることがあり、そのようなケースでは目頭切開が効果的とされています。

さらに目尻を切開して目を大きく見せる手術もあります。

目尻側の目が大きく開くようになるため、目が大きく見える効果が期待できるでしょう。

たれ目を作りたいという人にも目尻切開は相性が良い手術と言われています。

目を下方向に大きくするには涙袋を作る手術もおすすめです。

涙袋を作ることで目の下の幅が広がって、大きく見えるようになると言われています。

涙袋があることで、表情が生き生きとして若く見える効果も期待できます。

紹介した以外にも目を大きく見せる手術はたくさんあります。

元の顔によって、効果的な手術は違いますし、目の形によっては受けられない手術もあるでしょう。

二重整形と他の手術を組み合わせることもできるので、医師に相談してみましょう。

(まとめ)二重整形で二重の幅を広げることってできるの?

1.二重整形で二重の幅を広げることはできます

二重整形をすることで、二重の幅を広げることもできます。

ただし、あまりに幅広だと食い込みやすくなるうえ元に戻りやすくなることがあります。

カウンセリングで自分に合った二重を相談しましょう。

2.二重整形で二重の幅を希望に合わせて調整することができると言われています

数ある二重の中でも、特に人気があるのが平行の幅広二重です。

目の上にラインができるため目を大きく見せる効果があると言われています。

しかし、似合う二重の幅は人によって違います。

幅広にこだわるのではなく、顔のバランスを見て二重幅を決めましょう。

3.二重の幅は広いほどいいわけではありません

平行幅広の二重を作るために、二重の幅を広げたいと考える人も少なくありません。

しかし、無理やり幅広にしてしまうとぼんやりした印象の目元になってしまうこともあります。

医師としっかり相談して、自分に似合う二重の幅を見つけることが大切です。

4.二重の幅を広げる以外にも目を大きく見せる方法はあります

幅広の二重になることだけが、目を大きく見せる手術ではありません。

目頭切開や目尻切開、涙袋の形成によって目が大きく見えると言われています。

元の顔によって適した手術は違うので医師に相談しましょう。


切らない二重術(埋没法)

極細の糸をまぶたに埋め込む方法です。腫れが少なく、ふたえのり感覚でできます。

切る二重術(切開法)

まぶたを切開したラインで二重を作ります。同時に余分な皮膚や脂肪を取り除くことができます。

目元形成

目のまわりや眉の下を切開し、目の形を整えます。視野が広くなる効果もあります。

眼瞼下垂

まぶたを引き上げる力を強くして、眼瞼下垂やそれにともなう頭痛・肩こりを解消します。

目元のたるみ取り

目の下のふくらみ(脂肪)やくぼみを取り除くことで、目元を若々しくします。

運営者情報

運営クリニック湘南美容クリニック 新宿本院
住所〒163-1324
東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
お問い合わせ0120-5489-40
院長中村 大輔