二重のりはいつ付けても負担は変わりません


二重のりは、比較的安価で二重を作ることのできる手軽なアイテムです。

しかし必ずしも理想の二重にできないときもあるでしょう。

さらに接着剤でまぶたの皮膚を接着することから、皮膚にダメージを与えるという注意点もあります。

これはいつ使ってもかかる負荷が変わることはないと考えられているのです。

二重のりにたよらず、二重整形をして半永久的に持続する二重まぶたを手に入れるのもよいかもしれません。

二重のりの過度な使用には注意が必要です

二重のりは二重を作りたいラインに合わせて、二重のりを塗ってまぶたをくっつけるというものです。

しかも安価で手に入るため、自分で手軽に二重を作ることができます。

ただまぶたの皮膚は非常にデリケートな箇所で、使用には注意が必要です。

まぶたの皮膚同士を接着するため、つけている間はずっと引っ張られている状態になります。

その状態が長時間続くと、やがて皮膚がかぶれて赤みを帯びてくるでしょう。

さらにそのまま使い続けていると、皮膚自体が硬くなりゴワゴワしたような状態になってしまう場合もあるのです。

中には二重のラインの癖をつけようと夜専用の二重のりを使う人もいるかもしれません。

しかし夜用と記されていても二重のりには変わりないため、昼も夜も使用し続けることはまぶたの大きな負担につながるためおすすめできません。

肌が赤く硬質化してしまうと、もとに戻すことは困難と言われています。

こうしたことを防ぐには、まず使用回数を減らし、二重のりをつけている時間を短くするのがおすすめです。

たとえばここぞという機会を自分で決めそれ以外の日は、基本的に使わずに過ごすことはよい方法でしょう。

まぶたの負担を減らすためにセルフケアをしましょう


どうしても二重のりを使う回数は減らせないという方は、まぶた周りを重点的にセルフケアすることを心がけましょう。

そうすることで、かぶれや乾燥などを予防することに役立つのです。

まずはクレンジングから見直しましょう。

二重のりを含め、メイクが毎日欠かせないように、メイク落としもまた毎日繰り返すことです。

そのためメイク落としで強くこすることやクレンジング剤自体がまぶたへの刺激となることも考えられます。

可能な限りお湯など流すだけで簡単に落とせる化粧品やメイク落としへと変えることが理想的です。

ほかにも目元の保湿もしっかりとおこないましょう。

皮膚にある角質層のバリア機能を維持することで刺激や乾燥から守られると考えられています。

メイク落としや洗顔後に保湿クリームを塗るときは強くこすらず、やさしく塗っていくとよいです。

また目元の専用のパックや、刺激の少ない化粧水をコットンに含ませてコットンパックのようにしてを使ってみてもよいかもしれません。

それでもまぶたのかぶれや赤みが出てしまったという人は、専門の医療機関を受診しましょう。

二重のりの成分か化粧品の中に合わないものがあったか、敏感肌である可能性が考えられるからです。

そしてなにより肌トラブルを起こした際は、二重のりを始め、肌の刺激となるものの使用を中止するようにしましょう。

使用回数を減らせば負担も減らせます

二重のりでは毎日時間も取られてしまうし、その日のコンディションによっては上手く二重を作れないという方もいるかもしれません。

なにより、まぶたの皮膚トラブルが不安という方は、二重整形を検討してみましょう。

二重整形であれば、二重のりのように毎日行う必要がなく、いつでも二重まぶたを保つことができると言われています。

また二重整形を行う場合は、信頼できるクリニックと医師を探すとよいです。

実績のあるクリニックであれば公式サイトに多く症例や施術法に関して情報が載っています。

さらに無料カウンセリングをやっているところであれば、気軽に相談ができ信頼できるかどうかの判断もできるでしょう。

二重整形には埋没法、切開法などさまざまな方法がありますが、それぞれの患者様に適した方法があるため予算やどんな二重にしたいのかなども考えておくことをおすすめします。

どういった方法を選ぶにせよ、二重整形は長く二重まぶたを保ちやすいです。

毎日メイクの時間が短縮されるだけでなく、メイクそのものの選択肢も広がる可能性もあるため、二重整形を考えてみてはいかがでしょうか。

(まとめ)二重のりはいつつければ負担が少ない?

1.二重のりはいつつけても負担は変わりません

手軽で便利と思われがちな二重のりですが、実はいくつか注意点があります。

まぶたの皮膚にダメージを与えながらも、必ずしも二重成形に成功するとは限らないでしょう。

二重整形で理想的な目元を手に入れることもおすすめです。

2.二重のりの過度な使用には注意が必要です

二重のりは比較的安価で手に入りやすく、扱いも簡単と言われています。

しかし過度に長時間使用することで、まぶたへの負担をかけてしまうおそれがあるでしょう。

かぶれや赤みを起こさないために使う日を限定するとよいです。

3.まぶたの負担を減らすためにセルフケアをしましょう

毎日のように二重のりを使うという人はセルフケアを心がけるようにしましょう。

普段使っている化粧品や保湿クリームなどをすべて刺激の少ない目元専用にすることが理想的です。

それでもまぶたに異常が出た場合は、医療機関を受診しましょう。

4.使用回数を減らせば負担も減らせます

二重のりを使う方法では二重まぶたが安定しないという人は二重整形を検討してもよいかもしれません。

二重まぶたが保たれることで、メイク時間が短縮されるだけでなく、メイク自体の幅も広がるためおすすめです。

切らない二重術(埋没法)

極細の糸をまぶたに埋め込む方法です。腫れが少なく、ふたえのり感覚でできます。

切る二重術(切開法)

まぶたを切開したラインで二重を作ります。同時に余分な皮膚や脂肪を取り除くことができます。

目元形成

目のまわりや眉の下を切開し、目の形を整えます。視野が広くなる効果もあります。

眼瞼下垂

まぶたを引き上げる力を強くして、眼瞼下垂やそれにともなう頭痛・肩こりを解消します。

目元のたるみ取り

目の下のふくらみ(脂肪)やくぼみを取り除くことで、目元を若々しくします。

運営者情報

運営クリニック湘南美容クリニック 新宿本院
住所〒163-1324
東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
お問い合わせ0120-5489-40
院長中村 大輔