使い方によって、まぶたのたるみをテープでカバーすることも可能です


たるんだまぶたを引き上げたり、支えたりすることで二重を作る、まぶた専用のテープが売られていますが、このテープを利用することで、まぶたのたるみをカバーすることができるのです。

安価で種類もさまざまですので手軽に利用することができます。

無色透明や肌色のテープで使い方が適切であれば、人から見えることはありません。

しかし、まぶたに貼り付けるだけなので、根本的なまぶたのたるみの解決にはなりません。

しっかりとまぶたのたるみを解消したいという場合には、専門のクリニックなどで医療的な施術を受けることを検討してみましょう。

まぶたにテープを貼り付けてたるみをカバーする方法があります

まぶたに専用のテープをはりつけて、たるんだまぶたを引き上げ二重まぶたにするテープがあり、これを応用することでまぶたのたるみを誤魔化すことができます。

このようなテープは主に3種類あります。

両面テープ

テープの両面に接着剤がついており、折りたたんだまぶたの皮膚を接着します。

くっきりとした二重ができると言われています。

まぶたにむくみのある人は両面タイプがおすすめです。

取れにくく自然な二重の形になるので人気のあるテープです。

片面テープ

片側だけに接着剤のついているテープです。

幅広の二重ができるのでアイメイクの自由度が高く、つけまつ毛を複数貼ることが可能です。

奥二重の方におすすめです。

ファイバーテープ

紐のように細いテープです。

折りたたんだまぶたの奥に貼るので、最も見えにくいと言われています。

上級者向けで貼るのにコツが必要です。

二重のりを併用することで、より自然で取れにくい二重まぶたにすることができます。

このようなテープは安価で自由度が高く、コツを掴めば誰でも使えるものですが、炎症やかぶれには十分注意しましょう。

特に、敏感肌や乾燥肌の方は注意が必要です。

接着剤はどのようなものが使われているか、表示を確認して購入しましょう。

テープを使った方法はまぶたのたるみの根本的な解決にはなりません。

二重をつくるためのテープを使って、まぶたのたるみを誤魔化すことはこのように可能です。

アイメイクなどを工夫すればより自然で美しいまぶたをつくることが出来るでしょう。

しかし、テープを使う事による目元の改善は、根本的な問題の解消にはつながりません。

むしろ、テープを使い続けることによる炎症やかぶれなどが生じてしまった場合、よりたるみを悪化させてしまうことにつながります。

さらに、そういった状況をテープで隠してしまうとより状況を悪化させてしまいます。

もし炎症やかぶれ、腫れや赤みなどが見られた場合はすぐに病院を受診しましょう。

また、今はそういったデメリットを感じていなかったとしても、まぶたの疲労は蓄積されます。

数年たった後、本格的なたるみとなって目元に表れてしまうこともあるため、適切な対処が必要になってくるでしょう。

まぶたの皮膚は顔の中でも特に薄い部分のため、刺激に弱い場所として知られています。

眼瞼下垂などのまぶたが下がったままになってしまう症状などにもつながりかねませんから、過剰なテープの使用などにはくれぐれも気を付けましょう。

まぶたのたるみには美容整形の利用がおすすめです


まぶたのたるみを根本から解決したいと言う方は、以下のような方法も検討してみてはどうでしょうか。

プチ整形

まぶたのたるみであれば、プチ整形で改善できる可能性があります。

切開を伴わない施術で、心臓外科に使われる医療用の糸を使用しますので、内出血や腫れも少なく施術期間も短くすみます。

アイメイクの再開も概ね2日後から可能とされているため、スケジュールに負担をかける心配もないでしょう。

美容整形

切開を伴う本格的な美容整形であれば、たるみのない、ハッキリとした二重まぶたがほぼ半永久的に続くと言われています。

内出血や腫れなどダウンタイムはプチ整形よりも長くなりますが、適切なケアをすればそれほど心配のないケースが多いです。

美容外科の専門医と事前の相談をして、1週間先、1ヶ月先の見通しも聞いておくと安心できます。

アフターケアに力を入れている美容外科も多く、施術後も専門医のアドバイスを受けることができるので安心です。

(まとめ)まぶたのたるみはテープで改善できる?

1.使い方によって、まぶたのたるみをテープでカバーすることも可能です

まぶたを引き上げたり支えたりすることで二重を作るテープを利用する事で、まぶたのたるみをカバーすることができます。

しかし、根本的な解決にはならないため、しっかりとまぶたのたるみを解消したい場合は、医療的な施術を検討しましょう。

2.まぶたにテープを貼り付けてたるみをカバーする方法があります

たるみを誤魔化すために、二重をつくるテープには、両面に接着剤が付いた両面テープ、片面だけについた片面テープ、紐のようなファイバーテープなどがあります。

自由度が高く誰でも使えるものですが、炎症やかぶれなどには十分注意して使用しましょう。

3.テープを使った方法はまぶたのたるみの根本的な解決にはなりません

二重をつくるためのテープで、まぶたのたるみを誤魔化すことは可能ですが、根本的な解決には至りません。

また、かぶれや炎症などが起きてしまうとよりたるみを悪化させてしまうことにもつながります。

テープの使いすぎにはくれぐれも注意しましょう。

4.まぶたのたるみには美容整形の利用がおすすめです

まぶたのたるみを根本から解決するのであれば、美容整形の利用を検討してみましょう。

施術期間の短い施術や、半永久的に美しいまぶたを手に入れる施術などがあります。

専門医と相談して、ピッタリな施術を選びましょう。

切らない二重術(埋没法)

極細の糸をまぶたに埋め込む方法です。腫れが少なく、ふたえのり感覚でできます。

切る二重術(切開法)

まぶたを切開したラインで二重を作ります。同時に余分な皮膚や脂肪を取り除くことができます。

目元形成

目のまわりや眉の下を切開し、目の形を整えます。視野が広くなる効果もあります。

眼瞼下垂

まぶたを引き上げる力を強くして、眼瞼下垂やそれにともなう頭痛・肩こりを解消します。

目元のたるみ取り

目の下のふくらみ(脂肪)やくぼみを取り除くことで、目元を若々しくします。

運営者情報

運営クリニック湘南美容クリニック 新宿本院
住所〒163-1324
東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
お問い合わせ0120-5489-40
院長中村 大輔

東京都内から二重・目元整形の相談ができるクリニックを探す

都道府県から二重・目元整形の相談ができるクリニックを探す