悪い目つきを理想の目元へ改善するには二重整形がおすすめです


目つきが悪いと感じるとき、医師の手によって二重整形することで改善する方法があります。

埋没法や切開法といった、患者様の希望やまぶたの状態などに合わせたさまざまな方法があるため、相談して施術内容を決定します。

二重整形を受ける時には注意点もチェックしておき、その対処法まで確認しておきましょう。

またセルフケアで二重をつくることは難しく、二重が取れやすかったりアイテムで肌が炎症を起こしたりする可能性もあります。

医師とともに最適な二重整形の方法を選択しましょう

目が切れ長だったり細かったりすると、にらんでもいないけれどそう見られてしまうことがあります。

そのような周囲の反応がツライと感じる時は、二重整形をして悪いと感じる目つきの改善が期待できるでしょう。

美容外科の二重整形

美容整形ではまぶたへの施術により二重をつくり、その状態を長持ちさせることが期待できますが、施術方法は大きく分けて2種類あります。

埋没法

まぶたを細い糸と針で結び二重をつくる方法で、メスを入れないためダウンタイムがほとんどないといわれています。

まぶたの厚さや脂肪の量で結ぶ箇所数は変わりますが、結び目が外から見えることはなく体にも負担のかからない素材のため手軽で安心でしょう。

また埋没法の中でもさらに細かく種類が分かれており、ニーズに合った施術を選ぶことができます。

切開法

しっかりとした二重をつくりたい時におすすめの方法で、メスを使って施術を行います。

埋没法では二重がつくりにくい人や、半永久的に取れないような二重が欲しい人に適した方法です。

二重整形の注意点を知った上で施術を受けましょう


悪いと感じる目つきを二重整形で積極的に改善する時、メリットだけでなく施術にまつわる注意点もきちんと把握し、その対処法も知っておきましょう。

術後はよく冷やしておく

一般的に埋没法でもある程度の腫れが出てくるもので、切開法であれば2週間ほどは腫れが続くこともあります。

まずはその腫れを悪化させないために術後は氷で目の周りまでよく冷やすことを心がけましょう。

緊張しすぎない

施術時の内容などによって腫れ具合も違ってくるため、二重整形を受ける時はできるだけリラックスして受けることがおすすめです。

実績あるクリニックであれば医師や看護師が緊張を緩和できるような施術を心がけているため、信じてお任せしましょう。

糸がとれることもある

埋没法でまぶたを糸により結んだ場合、時間が経ってから取れてしまうこともあり、その場合は施術を受けたクリニックへ問い合わせをしてください。

事前に糸が取れた時にもう一度施術をしてもらえるかどうかを確認しておくこともポイントです。

希望の目つきにならない場合

施術後の仕上がりが希望通りになるよう、どのクリニックも心がけているでしょう。

しかし万が一仕上がりが予定違っていた場合、再び施術が受けられるかも事前に確認しておきましょう。

自力だけで改善するには難しいことが多いです

セルフケアで二重をつくる方法は色々とあり、たとえば二重のラインをつくる接着剤やテープ、つまようじで線を引くなどですがどの方法も二重整形のように長持ちするとは限りません。

それに自分で二重をつくる場合は鏡を見ながらメイクをするように行いますが、どうしても左右で形の差ができやすく均等な二重は難しいことが多いでしょう。

その点二重整形は医師が希望の目つきになるようにきちんと二重をつくっていくため、バランスのよい二重になることが期待できます。

接着剤でかぶれることがある

ドラッグストアなどで手軽に購入できる二重をつくるアイテムは、接着剤が肌に合わず炎症を起こす場合もあります。

とくに肌の弱い人の場合デリケートなまぶたに接着剤をつけたことで炎症が出る可能性もあるでしょう。

その点接着剤を使うことはなく、埋没法でも医療用の体に優しい糸を用いるため肌が荒れる心配も少ないのです。

継続が必要

一度気に入った二重ができたとしても時間が経てば取れてしまうので再び二重をつくらなくてはなりません。

なかなか思い通りの状態をつくり続けることが難しくなることも少なくないでしょう。

(まとめ)目つきが悪い時どうやって改善するの?

1.悪い目つきを理想の目元へ改善するには二重整形がおすすめです

悪い目つきを改善したい時には二重整形を受ける方法があります。

その場合注意点を知った上で施術を受けると安心ですが、自分で二重をつくるとうまくできなかったりアイテムにより炎症を起こしたりする可能性もあります。

2.医師とともに最適な二重整形の方法を選択しましょう

周囲からにらんでいるように見られてしまう悪い目つきを改善するには、二重整形があります。

埋没法や切開法といった手段があり、それぞれメリットとデメリットがありますが、医師と相談してどの施術がまぶたの状態に合っているか検討しましょう。

3.二重整形の注意点を知った上で施術を受けましょう

二重整形で悪いと感じる目つきを改善する時、先にリスクを知りその対処法を把握しておきましょう。

そのポイントは術後によく冷やす、リラックスして施術を受けること、そして糸が取れた時や希望に添っていなかった時は再施術が可能か確認しておくことです。

4.自力だけで改善するには難しいことが多いです

二重を自分でつくる場合、接着剤を使ったりつまようじで線をつけたりする方法がありますが、どれも長持ちは難しいでしょう。

それに接着剤をまぶたにつけることで炎症が起こる恐れもあり、気に入った二重の形が長持ちせず何度も作り直す手間もかかります。

運営者情報

運営クリニック湘南美容クリニック 新宿本院
住所〒163-1324
東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
お問い合わせ0120-5489-40
院長中村 大輔