奥二重とは二重のラインが重なっている二重まぶたであり、構造に違いはありません


奥二重も二重まぶたも、できる構造は変わりません。

ただ、奥二重はまぶたの皮膚に隠れて二重のラインが見えていない状態にあります。

まぶたの皮膚に埋もれている理由はさまざまで、二重になる幅の狭さによるものや、まぶたの皮膚のたるみ、まぶたが厚く脂肪量が多いことによって隠れてしまった、などが挙げられます。

また、奥二重だからこそ生まれるコンプレックスや悩みを持つ方もいらっしゃるようです。

構造上に違いはありませんが、奥二重になる理由はさまざまなものがあります

そもそも、二重まぶたと奥二重はどこが違うのでしょうか。

まず、まぶたをまばたきする時に働く上眼瞼挙筋(じょうがんけんきょきん)という筋肉があります。

この上眼瞼挙筋が上まぶたの下の方にある瞼板(けんばん)と呼ばれる軟骨に似た硬い板とくっついて、瞼板を引っ張ることでまばたきをしているのです。

瞼板を持ち上げる上眼瞼挙筋は枝分かれし、瞼板以外にもまぶたのフチの上にくっついている場合があります。

すると、瞼板とまぶたのフチが持ち上げられ、皮膚が内側に折りたたまれることで二重まぶたが形成されるのです。

一方、奥二重は同じく上眼瞼挙筋がまぶたのフチの上にくっついているものの、さまざまな理由でまぶたの皮に隠れていると言われています。

二重になる幅が狭い

上眼瞼挙筋がくっつくところが、まぶたのフチに近いために目を開いた時二重のラインが重なりやすい状態です。

まぶたの開き方

二重になる幅は十分であっても、まぶたの開きが良すぎることで上の皮膚が二重のラインに覆いかぶさり、奥二重に見える可能性があります。

まぶたのたるみが多く、皮膚が覆いかぶさっている

主に加齢による肌のハリが失われたことや、目の周りの筋肉が衰えたことで皮膚がたるみ、二重のラインにかぶさったことも、奥二重になる理由の1つです。

実際、自分はなにが理由で奥二重なのかわからないという方もいらっしゃると思います。

そのため、気になる方は医師による無料カウンセリングなどを受けることが大切でしょう。

奥二重だからこその悩みをもつ方もいらっしゃると言います


奥二重の方の中には、まぶたに対して悩みを抱えている方も多くいらっしゃると言われています。

その中には見た目に関する悩みも少なくありません。

たとえば前述の、まぶたの厚みや脂肪量などについても関係しています。

そのほかにも代表的な悩みは以下のようなものが挙げられるでしょう。

  • 一重まぶたに見られることがある
  • 目が細い、または小さく見えてしまう
  • 表情がきつそう、あるいは不機嫌そうな印象を与えてしまう
  • アイラインやアイシャドウが、まぶたに隠れてメイクの効果が薄れてしまう

奥二重に対するコンプレックスを解消しようとアイテープで二重の幅を広げる、メイク方法でカバーするなどの対策をしている方もいらっしゃると言います。

しかし、アイテープでうまく二重を作れない、メイクにとられる時間が長引くなどデメリットがあり、自分の力だけでできる範囲には限りがあるでしょう。

さらに、アイテープの長期間の使用や、濃いメイクはまぶたにダメージを与えるおそれがあります。

奥二重を改善することとは逆の効果を及ぼす可能性があるため、注意しましょう。

奥二重から二重にしたいのであれば、美容整形が効果的です

奥二重であっても、美容整形で二重まぶたを手に入れることができると言われています。

では、どのような手術法があるのでしょうか。

埋没法

まぶたの内側に極細の医療用糸を埋め込み、1~3箇所ほど留めて二重のラインを作り出すという方法で、メスを使用しない方法です。

普段の生活に戻るまでのダウンタイムが3日~1週間ほどと短く済みます。

また、奥二重の方はもともと二重のラインを持っているため、埋没法が戻りにくいというメリットもあります。

切開法

二重の幅を広げるために皮膚を切開し、場合によって余分な皮膚や脂肪を除去することで美しい二重のラインを作り出す方法です。

ダウンタイムは1~2週間ほどありますが、半永久的に崩れることのない二重まぶたになる可能性が高いと言えます。

加えて、奥二重の方は元の二重のラインを活かすことで、より自然できれいな仕上がりを期待できます。

いずれの施術も、まぶたの状態によって適した方法があり、自身が希望するやり方もあるでしょう。

実際に手術を受けてみたいという方は、腕のいい医師のいるクリニックを選び、しっかりと相談するように心がけてみてください。

そのうえで、自分に合った手術法を選ぶことで理想のまぶたを手に入れましょう。

(まとめ)二重まぶたと奥二重の構造の違いとは?

1.奥二重とは二重のラインが重なっている二重まぶたであり、構造に違いはありません

奥二重は、まぶたの皮膚と重なってラインが見えづらい状態であって二重と構造上の違いはありません。

また、奥二重だから起きるトラブルに悩まされる方もいらっしゃると言います。

2.構造上に違いはありませんが、奥二重になる理由はさまざまなものがあります

奥二重と二重の違いは、上眼瞼挙筋のついている位置にあります。

二重の幅の狭さや皮膚のたるみなど、さまざまな影響があると言われているのです。

まずは無料カウンセリングを活用し、自分のまぶたの状態を知りましょう。

3.奥二重だからこその悩みをもつ方もいらっしゃると言います

奥二重の方がもつ悩みの多くは外見に関するものが多いと言われています。

アイテープやメイクによって二重に見せる方法を採っている方もいらっしゃいますが、まぶたへの負荷がかかるおそれがあるため、注意が必要です。

4.奥二重から二重にしたいのであれば、美容整形が効果的です

奥二重の方でも二重整形によって二重になることは可能と言えます。

埋没法、切開法のどちらを選ぶにせよ、もとから持っている二重のラインをうまく利用することで自然できれいな出来栄えを望むことができるでしょう。


切らない二重術(埋没法)

極細の糸をまぶたに埋め込む方法です。腫れが少なく、ふたえのり感覚でできます。

切る二重術(切開法)

まぶたを切開したラインで二重を作ります。同時に余分な皮膚や脂肪を取り除くことができます。

目元形成

目のまわりや眉の下を切開し、目の形を整えます。視野が広くなる効果もあります。

眼瞼下垂

まぶたを引き上げる力を強くして、眼瞼下垂やそれにともなう頭痛・肩こりを解消します。

目元のたるみ取り

目の下のふくらみ(脂肪)やくぼみを取り除くことで、目元を若々しくします。

運営者情報

運営クリニック湘南美容クリニック 新宿本院
住所〒163-1324
東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
お問い合わせ0120-5489-40
院長中村 大輔