奥二重と一重の違いは二重ラインの有無がもっとも大きなポイントです


奥二重といっても、目やまぶたの形は人それぞれですが、場合によっては、一重と外見上ほとんど違いが無い場合があります。

奥二重と一重の決定的な違いとは、二重ラインの有無です。

奥二重には二重ラインが存在し、一重の場合は二重ラインがありません。

同じように見えても、二重ラインがある奥二重は、まぶたの種類では二重に分類されます。

外見上は一重に似ていても、奥二重には二重ラインがあります

奥二重と一重は外見上は似ていますが、奥二重にはぱっちり二重と同じように二重ラインがあります。

これは、奥二重と一重とでは、まぶたの構造が異なることが理由です。

まぶたの内側には眼瞼挙筋という筋肉があり、目を開ける時に作用します。

二重の方の場合は、この眼瞼挙筋が途中で枝分かれをして、一部がまぶたの表面の皮膚に到達しています。

そのため目を開けるときに、皮膚が内側に引っ張られ、二重ラインが作られるのです。

一方で、一重の方の場合は、眼瞼挙筋が皮膚に到達していないのが一般的です。

たとえ到達していたとしても、眼瞼挙筋の働きが弱く、目を開けた場合でも二重ラインがしっかりとでないという特徴があります。

外見上同じように見える場合も多い奥二重と一重ですが、奥二重は二重ラインがあるために、まぶたの状態としては二重に分類され、一重とは区別されています。

また、一重の方の場合、まぶたの内側の脂肪が多く、まぶたの上の皮膚が持ちあがりにくいというケースもあります。

奥二重の場合でも、まぶたの内側の脂肪が多いことで奥二重という状態になってしまっているケースもあります。

奥二重は二重ラインに皮膚がかぶさった状態です


奥二重が一重に見えてしまうのには、いくつかの理由があります。

奥二重の二重ラインの幅は、ぱっちりとした二重ライン幅に比べて細い場合があります。

二重ラインの幅が細いと、目を開けたときに二重ラインよりも上の皮膚が覆いかぶさってしまい二重ラインが隠れてしまい、外見上一重のように見えることがあります。

ほかにも、まぶたの皮膚の脂肪が多い場合にも、二重ラインに皮膚がかぶさり、二重ラインが見えにくくなることで奥二重の状態になることもあります。

まぶたの脂肪が多い場合には、痩せることで二重ラインが見えやすくなり、ある程度ぱっちりとした二重に近づくことができます。

痩せたら二重になったという方の場合は、この状態に当てはまります。

しかし、まぶたの脂肪が原因で奥二重になっている場合は、太るとまた奥二重の状態に戻ってしまうため、注意が必要です。

二重ラインが細いことが原因である奥二重の場合は、セルフケアとしては二重のりやアイテープなどで二重ラインの幅を広げることができます。

ただ、二重のりの長期使用はまぶたの皮膚を伸ばし、より奥二重の症状が進む原因にもなるため、あまりオススメできません。

一重も奥二重も二重整形でぱっちりとした二重まぶたにすることができます

一重や奥二重の方のなかには、ぱっちり二重に憧れるという方もいます。

その場合、二重整形を受けることでぱっちりとした二重にすることができます。

セルフケアで二重にしようとすると、アイテープや二重のりといった方法が一般的ですが、アイテープや二重のりは間違った使用方法や長期間の使用で、まぶたの皮膚へのダメージが大きくなります。

まぶたの皮膚がかぶれて分厚くなってしまったり、まぶたの皮膚が伸びてたるんでしまったりすることも少なくありません。

かわいい目元を作りたいはずは、まったく正反対の方向へと状態が進んでしまう可能性があるため、アイテープや二重のりの使用はあまりオススメできません。

一重や奥二重の方の場合は、二重整形の施術を受けることでぱっちりとした二重になることができます。

しかし、目やまぶたの形や状態をきちんと見極め、それぞれにあった施術法を行わなければ「思っていたのと違う」と感じる結果になってしまうこともあります。

二重整形を受けようとする場合は、技術に信頼のおけるクリニックを選ぶことが重要です。

実績や口コミ、カウンセリングの手厚さなどをチェックして、よりよいクリニックを選ぶようにしましょう。

(まとめ)奥二重と一重に違いはあるの?

1.奥二重と一重の違いは二重ラインの有無がもっとも大きなポイントです

奥二重と一重の大きな違いは、二重ラインがあるかどうかです。

外見上似ていても、奥二重には二重ラインがあり、一重にはありません。

奥二重には二重ラインがあるため、まぶたの種類としては二重に分類されます。

2.外見上は一重に似ていても、奥二重には二重ラインがあります

外見上は一重に似ていても、奥二重の場合は、まぶたの内側にある筋肉の付き方や働き方が一重の場合とは異なります。

奥二重の場合は、二重と同じく眼瞼挙筋という筋肉が皮膚まで到達しており、目を開ける時に皮膚を引っ張ることで二重ラインが形成されます。

3.奥二重は二重ラインに皮膚がかぶさった状態です

奥二重になる原因は、二重ラインより上のまぶたの皮膚が二重ラインにかぶさることです。

二重ラインの幅が狭い場合や、まぶたの脂肪が多い場合には、二重ラインに皮膚がかぶさりやすく、外見上一重に見えるような奥二重になりやすくなります。

4.一重も奥二重も二重整形でぱっちりとした二重まぶたにすることができます

より美しい二重になりたいときは、二重整形がオススメと言えるでしょう。

その際は、まず実績や口コミなどをチェックして、信頼のおけるクリニックを選ぶことが大切と言えます。


切らない二重術(埋没法)

極細の糸をまぶたに埋め込む方法です。腫れが少なく、ふたえのり感覚でできます。

切る二重術(切開法)

まぶたを切開したラインで二重を作ります。同時に余分な皮膚や脂肪を取り除くことができます。

目元形成

目のまわりや眉の下を切開し、目の形を整えます。視野が広くなる効果もあります。

眼瞼下垂

まぶたを引き上げる力を強くして、眼瞼下垂やそれにともなう頭痛・肩こりを解消します。

目元のたるみ取り

目の下のふくらみ(脂肪)やくぼみを取り除くことで、目元を若々しくします。

運営者情報

運営クリニック湘南美容クリニック 新宿本院
住所〒163-1324
東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
お問い合わせ0120-5489-40
院長中村 大輔