二重整形後におけるダウンタイム中の過ごし方は安静を第一にすることです


二重整形後におけるダウンタイム期間中は安静に過ごすことが基本です。

なぜならダウンタイム中は施術によって生じた腫れや内出血、痛みなどの症状が強く出ている最中だからです。
なおダウンタイム期間は過ごし方によって、短くできる可能性もあります。

ダウンタイム中は腫れなどの症状が酷くならように適切なケアを施しながら、腫れや内出血が悪化しないように注意を払うことが大切なのです。

ダウンタイム中は適切にクールダウンを行いましょう

二重整形後のダウンタイム中は腫れや内出血を抑えるためのクールダウンの処置が必要になります。

基本的に、二重整形の施術後は麻酔や炎症の影響により腫れや内出血、痛みなどの症状が強く出ると言われています。
そしてこれらの症状を早く引かせるために必要なのが患部を冷やすという処置です。

またクールダウンする際は、患部を直接冷やすようなことはせず、清潔なタオルで保冷剤や氷などを包んで患部を冷やします。
それからクールダウンは施術方法に関わらず、術後の約1週間を目安に、1回につき数分~数十分を1日数回、休憩を挟みながら行います。

一方で冷やしすぎると患部が凍傷を起こしたり、炎症の回復が遅くなったりする恐れがあるため注意が必要です。
クールダウンする際は心地よい程度に冷やすように心がけましょう。

人によっては、患部の回復を促すために温める処置が必要かどうかで悩まれる方がいらっしゃいますが、二重整形後はとくに温める必要はないと言われています。
ただ体質によって腫れや炎症が引いてくれないという人は、クリニックで薬を処方してもらえるかどうか聞いてみてもよいかもしれません。

血流を促す行為や行動は控えるように心がけます


二重整形後のダウンタイム中は、血流を促進するような行為や行動は避けるように心がけましょう。

血流が良くなることで血管が拡張して腫れや内出血が酷くなる恐れがあるからです。
ダウンタイム中の術後1週間程度は、運動や入浴、熱い物や辛い物を食べることなどは避けた方が無難でしょう。

またむくみは腫れを長引かせる原因になることから、むくみの原因となる塩分や水分の取り過ぎにも注意が必要です。

術後1週間程度は、なるべく安静に過ごしながら腫れや内出血が早く回復するように促すことも大切です。

なお安静に過ごすために横になる際は、患部が心臓よりも低いところに位置することがないように枕を高くして、患部に血液が集中しないように注意しましょう。

ただ日常生活レベルの歩行や家事、事務仕事などは当日からでも問題がないと言われています。
腫れや内出血の状態に合わせて、徐々に普段の生活に戻していきましょう。

メイクや髪型などで雰囲気を変えながら上手に乗り切りましょう

二重整形後の腫れや内出血などが治るまでのダウンタイム中は、メイクや髪型などで雰囲気を変えながら上手に乗り切ろうと考えるくらいの心構えが大切です。

ダウンタイム中は施術による痛みや目元周辺の違和感から、さまざまなことに過敏になる方もいらっしゃるでしょう。
この精神状態は体をこわばらせて筋肉を緊張した状態に導いたり、自律神経を乱したりする恐れがあると言われています。
さらに自律神経の乱れが血流を妨げるのです。

一般的に、二重整形後に患部の腫れや内出血がある程度治ってきた後は、傷口の修復を促すためにも血流を妨げるようなことは避けなければならないと言われています。

しかし精神の状態が安定していないと、上記のような理由からダウンタイムを長引かせる可能性があるのです。
ダウンタイム中は目元が気にならないように、アイメイクや髪型を変えるなどしてリラックスして過ごすことが大切です。

なおこのような心身の状態には睡眠も大切だと言われています。
しっかりと体を休めることで患部の回復を促しながら、自律神経も整えましょう。

(まとめ)二重整形後のダウンタイム中のベストな過ごし方とは?

1.二重整形後におけるダウンタイム中の過ごし方は安静を第一にすることです

二重整形後のダウンタイムは過ごし方によっては短縮できる可能性があります。

なおダウンタイム中は腫れや内出血、痛みなどが酷くならないように心がけながら安静に過ごすように心がけることが大切です。

2.ダウンタイム中は適切にクールダウンを行いましょう

二重整形後のダウンタイム中は、患部をクールダウンする処置が必要です。

なおクールダウンする際は、数分~数十分を1日数回行うことが推奨されています。
ただ冷やし過ぎは凍傷につながったり、炎症の回復に影響したりする恐れがあるため注意が必要です。

3.血流を促す行為や行動は控えるように心がけます

ダウンタイム期間中は血流を良くするような行為や行動は避けた方が無難です。

なお血流を促すような行為、行動には運動や長湯、熱い物や辛い物を食べるなどが挙げられます。
この他にも、患部がむくむ原因となる塩分や水分の取り過ぎにも注意が必要です。

4.メイクや髪型などで雰囲気を変えながら上手に乗り切りましょう

ダウンタイム中はリラックスして過ごすことが大切です。

なぜならデリケートな精神状態が筋肉の緊張や自律神経の乱れを引き起こし、それが血流の妨げになる恐れがあるからです。
そのため患部の炎症が治ってくる頃に血流を妨げることは避けた方が無難です。


切らない二重術(埋没法)

極細の糸をまぶたに埋め込む方法です。腫れが少なく、ふたえのり感覚でできます。

切る二重術(切開法)

まぶたを切開したラインで二重を作ります。同時に余分な皮膚や脂肪を取り除くことができます。

目元形成

目のまわりや眉の下を切開し、目の形を整えます。視野が広くなる効果もあります。

眼瞼下垂

まぶたを引き上げる力を強くして、眼瞼下垂やそれにともなう頭痛・肩こりを解消します。

目元のたるみ取り

目の下のふくらみ(脂肪)やくぼみを取り除くことで、目元を若々しくします。

運営者情報

運営クリニック湘南美容クリニック 新宿本院
住所〒163-1324
東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
お問い合わせ0120-5489-40
院長中村 大輔