二重整形当日の持ち物は、帽子やサングラスなどの目元を隠せる物を持ってくると良いです


二重整形の施術日当日には、帽子やサングラス、メガネといった目元を隠せるものを持ってくると良いでしょう。

二重整形には埋没法や切開法といった方法がありますが、いずれの施術方法であったとしても施術後には腫れが出ることになります。

もしも特別な物を持参しないと、目元の腫れが見られてしまう可能性が高いです。

帽子やサングラスはファッションに取り入れやすく不自然な外見にもなりませんので、施術日には持参すると良いかもしれません。

帽子やサングラスなどは、施術後の腫れを隠すために最適です

二重整形の当日に準備する物については、施術してもらうクリニックによって異なります。

一般的には服装についても特に指定は無く、施術にかかる費用などが持ち物に含まれることがあります。

支払い方法についても、クレジットカードでの支払いや現金での支払いなどが考えられますので、それぞれに合わせて持ち物に含めてください。

また、身分証明書についても必要になることがありますので準備しておくと良いでしょう。

これらに加えて特別に用意しておいた方が良い物としては、帽子やサングラスなどが挙げられます。

二重整形をした直後は、少なからず腫れが出ることになるため、これらを隠すために帽子やサングラス、メガネなどがおすすめです。

また、腫れは紫外線によっても悪化する可能性がありますので、その点日差しを避ける帽子とサングラスは有効と言えます。

費用や身分証明書などに加え、施術後にクリニックから帰宅するまでの間にも着目して準備を進めておくと良いでしょう。

手術後は患部に触れないことと冷やすことが大切です


二重整形をした後、自宅に帰ってからは、腫れが引くまで安静にしておく必要があります。

手で触れたり擦ったり、紫外線を浴びないようにしたりと、物理的な刺激は避けてください。

通常、埋没法による施術の場合は腫れが3日から長くて1週間程度、切開法による施術の場合は1週間から2週間程度のダウンタイムがあります。

この期間中に物理的な刺激を受けてしまうと、腫れが長引いてしまうことにもつながりますので注意してください。

入浴時や洗顔時には、タオルで軽く拭う程度にとどめると良いでしょう。

また、刺激を与えないために安静にしておく必要があります。

施術後に出る腫れは、温めるのではなく、冷やす必要があります。

逆に目元を温めてしまうと、血流が良くなることが原因となって腫れが長引いてしまう可能性があるので注意してください。

腫れを早く引かせるにはアイシングが有効です。

ビニール袋に氷を入れて、それをタオルでくるんだ上で目元にあてるようにしましょう。

アイシングの回数としては、1日に数回、1回あたり5分から10分程度が望ましいです。あいた時間等を活用してアイシングを行ってみると良いでしょう。

目元を冷やすと、血流が悪くなり、腫れにくい状態ができ、引きも早くなると言われています。

この他にも、血流が良くなってしまうことは全般的に、腫れを長引かせてしまう可能性が高いため注意が必要です。

激しい運動、温かいお風呂、サウナ、飲酒などは血流を良くしてしまうことにつながり、腫れが長引く原因になるので、ダウンタイム中には避けましょう。

スケジュール等も含めて事前準備を進めると良いです

二重整形をする際には、スケジュールも含めて準備を進めておくと良いでしょう。

施術の直後には少なからず腫れが出ることになりますので、そのことも踏まえた上でスケジュールを抑えておくと良いです。

大型連休を活用して、連休初日に施術を受け、その後の休日はダウンタイムとしてできるだけ自宅で過ごすようにするなどのプランもおすすめです。

ダウンタイムの期間を考慮して、この期間中は安静にしておくことを前提としてスケジュールを組み立てておくようにしてください。

まだ施術方法についても決まっていないという段階であれば、施術に伴うダウンタイムの差についても考慮しておくと良いかもしれません。

ダウンタイムの期間が短い施術方法も登場しており、そういった方法を利用すると術後のスケジュールについても組み立てやすいでしょう。

持ち物、スケジュールの確認、そして術後のケア、それぞれを踏まえて準備を進めていってください。

(まとめ)二重整形時には特別な持ち物は必要ですか?

1.二重整形当日の持ち物は、帽子やサングラスなどの目元を隠せる物を持ってくると良いです

二重整形には埋没法や切開法といった施術方法がありますが、いずれの場合にせよ、施術後には腫れが出ることになります。

そのため、目元を隠せる帽子やサングラス等を持ち物に加えると良いでしょう。

2.帽子やサングラスなどは、施術後の腫れを隠すために最適です

二重整形の施術当日には、一般的には施術にかかる費用や身分証明書などが必要になります。

またそれに加えて帽子やサングラスなどの術後の目元を隠せる物も持ってくると良いかもしれません。

3.手術後は患部に触れないことと冷やすことが大切です

施術後は物理的な刺激を避ける必要があり、手で触ったり擦ったりすることは我慢した方が良いです。

また血流が良くなることは腫れの引きを長引かせてしまう原因になりますので、ダウンタイム中は目元を冷やすようにしてください。

4.スケジュール等も含めて事前準備を進めると良いです

二重整形をする前準備としては、持ち物の確認以外にもスケジュールの確認や術後のケアなどもあります。

生活に必要になる物をあらかじめ準備しておくと良いかもしれません。


切らない二重術(埋没法)

極細の糸をまぶたに埋め込む方法です。腫れが少なく、ふたえのり感覚でできます。

切る二重術(切開法)

まぶたを切開したラインで二重を作ります。同時に余分な皮膚や脂肪を取り除くことができます。

目元形成

目のまわりや眉の下を切開し、目の形を整えます。視野が広くなる効果もあります。

眼瞼下垂

まぶたを引き上げる力を強くして、眼瞼下垂やそれにともなう頭痛・肩こりを解消します。

目元のたるみ取り

目の下のふくらみ(脂肪)やくぼみを取り除くことで、目元を若々しくします。

運営者情報

運営クリニック湘南美容クリニック 新宿本院
住所〒163-1324
東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
お問い合わせ0120-5489-40
院長中村 大輔