事前にきちんと内容を理解しすることで、二重整形も怖くないと思えます


二重整形は怖い印象がありますが、事前に正しい内容をきちんと把握することで、怖くないと思えると考えられています。怖いと思う原因にもなる、痛みに関しては術中は麻酔が効いており、感じることはありません。

術前の局所麻酔の注射も、事前に表面麻酔を行えば痛みも和らぎます。術後の痛みは、鎮痛剤の服用により緩和され、腫れも数日で引いてくるので問題ないとされています。

恐怖心を和らげるには、やはり信頼できる美容整形クリニックを選ぶことが大事なのです。要点を抑えて納得のいく所を選びましょう。

恐怖の一要因となる痛みは、ほぼ感じないような対策が採られています

二重整形は怖いと思われがちですが、正しく理解すれば実はあまり怖くない施術であることがわかります。まず二重整形が怖いと思う原因として施術時の注射やその後の痛み、腫れなどが挙げられます。

施術時の痛みは、麻酔を使用することでほぼ感じることはありません。ただ局所麻酔を行う際に注射でまぶたに薬剤を注入する時に、ほんの一瞬だけちくっとします。

しかしこの注射の痛みを和らげるため、その前に表面麻酔を行うことも可能です。点眼液で目薬をさすみたいに、目に薬液を入れるだけなので痛みも恐怖感も感じないとされています。

また笑気麻酔といってリラックス効果のある麻酔ガスを吸い込み、感覚を鈍らせる方法もあります。

局所麻酔の痛みや恐怖を和らげる方法もあると知れば、二重整形も怖くないと思える要素が増えると言えます。

そして施術中は針を使って糸をまぶたに通したり、メスで切開を行ったりなどの処置が行われます。意識はありますが、痛みを感じることはありません。

まぶたが引っ張られたりという違和感を覚えることはありますが、気持ちを楽にしていれば、怖さも半減してきます。

術後の痛みは鎮痛剤により緩和され、目を傷つける心配もないとされています


二重整形の施術後は、麻酔が切れると個人差はありますが、痛みを感じることもあります。糸をまぶたに埋め込む埋没法はさほど痛みはない場合が多いとされています。

一方でまぶたを切開して縫合する切開法では施術後は、多少なりもまぶたがじんじんするという痛みを感じる人もいます。しかし施術後は鎮痛薬や化膿止めなどの薬が数日分処方される場合が多く、忘れずに服用していれば痛みも和らいできます。

また施術前に鎮痛剤を服用する場合が多いので、施術後にいきなり強い痛みに襲われるということもまずないと考えられます。

ただ鎮痛剤は服用後、効いてくるまでに数十分はかかるので、処方された量を指示されたタイミングがきちんと服用することが大事です。

腫れも施術方法によって出方の程度も異なりますが、数日すれば収まってくるので様子を見ましょう。

そして二重整形では眼球や角膜などに傷がついて視力などに影響が出るトラブルなどは、まず心配ないと言ってもよいでしょう。

このように二重整形について詳しく知ることで、恐怖心も和らいでくると言えるでしょう。

怖くないと思えるには、信頼できる美容整形クリニック選びも大事です

きちんと施術内容や痛みなどについて理解すれば、二重整形は怖くないものだと徐々に思えるはずです。さらに怖くない、安心できると思えるには信頼できる美容整形クりニックを選ぶことも大事です。

二重整形における実績が高く、専門知識が豊富で技術に優れた専門医が在籍する所なら安心して任せられます。

またまぶたへの負担が少ない新しい器具や設備を導入している所だと、より高度な施術を受けることも可能だと言えるでしょう。

そして術後も定期的な通院が必要な場合は、できるだけ通いやすい場所にある美容整形クリニックだと便利なので、立地条件にも目をむけましょう。いくつか選んだら、実際にカウンセリングを受けてみると、専門医の質やクリニックの雰囲気、スタッフの対応の仕方などがわかりやすいでしょう。

事前のカウンセリングは専門医が行い、親身になって相談にも乗ってもらえ、丁寧な説明があると安心感も増します。

よい所だけではなく、リスクなどもきちんと話してもらえれば、納得しやすく信頼できるとも言えます。

(まとめ)二重整形を怖くないと思えるにはどうすればよい?

1.事前にきちんと内容を理解しすることで、二重整形も怖くないと思えます

麻酔を使うことで術中の痛みはなく、麻酔注射も事前の表面麻酔により痛みが軽減され、術後の痛みは鎮痛剤で抑えられるので安心してください。

また二重整形で目に傷がつくこともないとされ、徐々に二重がまぶたに馴染み、自然に見えるようになります。

2.恐怖の一要因となる痛みは、ほぼ感じないような対策が採られています

二重整形は麻酔を使うので、術中はまぶたへの違和感を覚えることはあっても、痛みはないとされています。術前の局所麻酔の注射はちくっとしますが、痛みを和らげるため点眼による麻酔などもあるので安心できます。

3.術後の痛みは鎮痛剤により緩和され、目を傷つける心配もないとされています

二重整形の術後の痛みは、術前に鎮痛剤を服用し、術後にも処方されるのでさほど感じないと言われ、腫れなども通常は数日で引いてきます。

さらに二重整形で眼球などを傷つける心配もほぼないとわかれば、恐怖心も和らぐはずです。

4.怖くないと思えるには、信頼できる美容整形クリニック選びも大事です

美容整形クリニックは、実績があって医師の質が高く、設備が整って施術法も方法な所などが信頼しやすく、恐怖心も薄れやすいと言えます。

実際にカウンセリングを受けると、医師の対応や院内の雰囲気などもわかりやすいでしょう。


切らない二重術(埋没法)

極細の糸をまぶたに埋め込む方法です。腫れが少なく、ふたえのり感覚でできます。

切る二重術(切開法)

まぶたを切開したラインで二重を作ります。同時に余分な皮膚や脂肪を取り除くことができます。

目元形成

目のまわりや眉の下を切開し、目の形を整えます。視野が広くなる効果もあります。

眼瞼下垂

まぶたを引き上げる力を強くして、眼瞼下垂やそれにともなう頭痛・肩こりを解消します。

目元のたるみ取り

目の下のふくらみ(脂肪)やくぼみを取り除くことで、目元を若々しくします。

運営者情報

運営クリニック湘南美容クリニック 新宿本院
住所〒163-1324
東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
お問い合わせ0120-5489-40
院長中村 大輔