二重整形での術後の痛みは多少はあるとされています


二重整形では、まぶたに糸を埋め込んだり、切開して縫合したりと施術方法が主に2通りあります。施術によって術後の痛みに程度の差はありますが、多少の痛みはあると考えられています。

ただ術前に鎮痛剤を服用するので術後に強い痛みを感じることはないとされています。

また術後は腫れや内出血などが起こる可能性もありますが、通常は数日で収まります。

鎮痛剤を服用するので、術後の痛みも心配ないとされています

二重整形では、大きく分けて2つの方法があります。まず医療用の針でまぶたに糸を通し、二重のラインを作り、糸を結んで留める埋没法です。

埋没法では、まぶたを切ることなく糸を埋め込むだけなので、皮膚の薄いまぶたへの刺激も少ないとされています。そのため個人差はありますが術後の痛みもさほどないというケースがほとんどです。

そしてもう一つが切開法です。まぶたにメスを入れて切開し、まぶたの裏の眼瞼などといった組織を処理し、余分な脂肪を除去して傷口を縫合することで二重のラインを作る方法です。

切開法の場合は、まぶたを切り開き、縫合するため術後に傷口がズキズキと痛む可能性があります。術後痛みが生じる期間は個人差があり、痛み敏感な方だと感じやすいとも言えます。

しかしほとんど美容整形クリニックでは、施術前に痛みを和らげる鎮痛剤を服用します。

術後までに薬が効いてくるので、術後急に痛みが強くなるということはまずないとされているため、安心してよいと言えるでしょう。

そして施術後も鎮痛剤は処方されるので、医師の指示にしたがって服用していれば痛みに悩まされることもほぼないと考えられています。

術後の腫れや内出血も、徐々に引いてきます


二重整形の術後は、痛みもそうですが、腫れや内出血などが心配だという方もいるでしょう。まぶたは皮膚が薄いので、刺激を与えると内出血や腫れ、むくみなどが起こる可能性があります。

術後は、ダウンタイムといって回復し、術前と同じような生活ができる期間が設けられています。埋没法の場合は、ダウンタイムが短く約1週間で、腫れが強く出やすいのが術後2、3日位までだと言われています。

切開法の場合は、ダウンタイムは少し長めでダウンタイムは2週間位、腫れは1週間位までは出やすいとされています。

腫れを少しでも抑え、回復を早めるには激しい運動を控え、目を擦ったり目に負担をかけたりするような事を控えるのがよいとされています。

またまぶたにタオルで巻いた保冷剤に当てて冷やしながら、安静にして過ごすと、痛みや腫れなども引きやすいと言われています。

逆に熱いお風呂に入ることや、辛いものを食べる、お酒を飲むなどの行為は腫れにつながりやすいので気を付けましょう。

術後の腫れや痛みなどが不安がある場合は、担当の専門医に事前に聞いておくと安心です。

麻酔を行う時に、瞬時にちくっとする痛みを感じることはあります

術後の痛みと同様に、術中の痛みを不安に思われる方もいるでしょう。二重の施術においては、麻酔を使用するので術中で痛みを感じることはないため安心できます。

ただ麻酔薬はまぶたに注射で注入されるので、その際にちくっという痛みを感じることがあります。

そのまぶたへの注射も、事前に点眼タイプの表面麻酔を使っておけば、ほぼ感覚が薄れて痛みを感じることもないとされています。

また表面麻酔の他に、注射での麻酔への恐怖心が薄れる笑気麻酔が用いられることもあります。笑気ガスというガスを鼻から吸い込むことで、頭がふわふわとして感覚がマヒするというものです。

麻酔が効いてこれば、まぶたの感覚もなくなります。術中はまぶたを触られたり、引っ張られたりするという違和感はあるかもしれませんが、痛みはありません。

二重整形では、技術の進歩のおかげで痛みがより少なく、腫れにくい施術法が増えてきたので、安心してもよいと言えます。

埋没法では特殊な極細糸を使い、麻酔針も刺した時に痛みが感じにくいような先が丸めの細いタイプが開発されています。

(まとめ)二重整形では術後の痛みはあるの?

1.二重整形での術後の痛みは多少はあるとされています

二重整形の術後は、施術法の違いや個人の感じ方で差がありますが少しは痛みがあると言われています。ただ鎮痛剤を術前に服用するので急に痛みが強くなることはありません。

術後用の鎮痛剤も処方されるので安心できます。

2.鎮痛剤を服用するので、術後の痛みも心配ないとされています

二重整形ではまぶたに刺激を与えるため、術後の痛みは多少なりともあるとされています。ただ術前に鎮痛剤を服用し、術後用にも処方されるます。

鎮痛剤が効いているため、痛みは大分緩和されると言われています。

3.術後の腫れや内出血も、徐々に引いてきます

薄いまぶたに刺激が加わるので、術後は程度に差はありますが、腫れや内出血などが現れる場合もあります。

回復までに多少期間は要しますが、まぶたを冷やして安静にすることで腫れが引きやすいとされています。

4.麻酔を行う時に、瞬時にちくっとする痛みを感じることはあります

術中は麻酔が効いているので、まぶたを引っ張るなどの違和感はあるでしょうが、痛みを感じることはありません。

ただ局所麻酔を注射する際にちくっとしますが、事前に表面麻酔などで痛みを和らげることができるので、安心しましょう。


運営者情報

運営クリニック湘南美容クリニック 新宿本院
住所〒163-1324
東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
お問い合わせ0120-5489-40
院長中村 大輔