二重整形は、環境が変わりやすい春の時期に行う人が多いとされています


二重整形が多い時期というと、進学などが自分の周りの環境が変わりやすい春に多い傾向があります。初対面の人と知り合う確率が高いので、二重整形しても気づかれず過ごせるのでストレスがないからだと考えられます。

また春は術後の傷に大敵となる紫外線も少なく、花粉症の時期なので眼鏡をしていても目ちにくというのも理由の一つです。

また年齢的な時期をみると、11歳頃からなら施術が可能だとされています。

春は進学や就職で環境が変わり、二重整形を行いやすいと考えられています

二重整形を行う時期は、人生の節目となり、自分を取り巻く環境が、がらりと変わりやすい春に行う人が多いとされています。春は進学や就職、転職などで今までとは別の環境に飛び込み、今まで知らなかった人と知り合う時期でもあります。

とくに進学や就職などで、地元から離れるとなると、周りに元の一重だった自分の顔を知っている人はほぼいません。人に二重整形がバレづらく、元から二重であったと思い込ませることも可能です。

また二重整形後はダウンタイムといって、施術から回復までの期間を要します。二重整形には、主に2つの方法があります。

糸をまぶたに埋め込む埋没法と、まぶたを切開して脂肪を除去し、縫合する切開法です。埋没法でもダウンタイムは3日から1週間程、切開法では、1週間から3週間程かかる場合もあります。

施術後は個人差もありますが、まぶたが腫れることや、内出血が起こることもあります。

二重のラインが目に馴染むまでに多少の期間を要するため、長期に休みが取りやすいというのも、春に二重整形が多い理由の一つとも言えます。

春は日焼けしにくく、花粉症のシーズンで眼鏡などが目立ちにくい傾向にあります


二重整形後は、まぶたに強い紫外線を浴び、日焼けするにはNGだとされています。日焼けにより皮膚にダメージを受けて、傷の回復が遅くなり、腫れが強くなる可能性があるからです。

術後はできる限り、回復を早めるため、目に負担をかけないような生活が求められます。しかし春ならばまだ紫外線もさほど強くない時期なので、外に出ても日焼けの心配はあまりないと言えます。

逆に夏だと紫外線も強く、汗をかいて術後傷口が濡れてしまうと化膿するリスクもあります。サングラスなどで目元は隠しやすいですが、プールや海などにも行けない期間が続くなど色々と不都合が出てきそうです。

秋や冬は乾燥しやすいので、肌が弱い方だと傷口が乾燥で刺激を受け、痒くなったり炎症を起こしたりする可能性もあります。

その点、春だと花粉症のシーズンなのでマスクや帽子、メガネを着用している人も多く、術後に同じような格好をしていても目立ちにくいと言えるでしょう。

二重整形はオールシーズン可能ですが、トータル的にみるとやはり春に多いのだと言えます。

年齢的な時期では、11歳頃から可能だとされています

昔に比べると、小さいお子さんにも二重整形を希望する親御さんも増えてきました。二重整形行う時期を年齢的にみると、早いほうがいいかという気持ちもあるかもしれません。

実際に美容整形クリニックでは、11~12歳頃の小学校高学年位から施術を受け入れている所も多く見られます。

二重整形では局所麻酔を使い、まぶたに針を使って糸を通すなどの施術を行うので、あまりに幼いと恐怖心が強く術中に泣き出したり、怖くて暴れたりするととても危険です。

11歳頃から、分別もついてくるので安心だと考えられているからですが、肝心なのはお子さんの意思です。お子さん自身も二重整形を希望しており、施術に関してもきちんと理解していることが大事です。

また親御さん自身も同意し、親子で意思疎通ができているかも重要になってきます。さらにあまり早くに二重整形を受けると骨格が成長しきれていないので、成長とともに二重のラインが崩れる可能性もあります。

二重整形を受ける時期は自由ですが、成長がある程度止まった10代後半から20代位が多いとされています。

(まとめ)二重整形が多い時期はいつなの?

1.二重整形は、環境が変わりやすい春の時期に行う人が多いとされています

春の時期は就職などで環境が変わる人が多く、このタイミングで二重整整形を行う人がぐっと増えます。

また紫外線なども少ないので、目への負担を考えると春は二重整形に適した時期とも言えるでしょう。

2.春は進学や就職で環境が変わり、二重整形を行いやすいと考えられています

二重整形を行う人が多い時期は、人生の節目となり自分を取り巻く環境ががらりと変わる春だとされています。

これから出会う人は、自分の二重整形を知らない確率が高いので抵抗なく過ごせるという理由があるからだと考えられます。

3.春は日焼けしにくく、花粉症のシーズンで眼鏡などが目立ちにくい傾向にあります

二重整形後はまぶたへの刺激が厳禁となるので、紫外線が強く阿世をかきやすい夏は少ない傾向にあります。

また春は日焼けの心配あまりなく、花粉症の人が多いのでメガネなどをしても目立ちにくいという利点もあります。

4.年齢的な時期では、11歳頃から可能だとされています

二重整形が可能な時期を年齢でみると、分別がついて恐怖心が多少抑えられる11歳位からだとされています。

ただ施術にはお子さんの希望があり、施術内容なども理解した上で、親御さんの同意と医師の受け入れも必要となります。


運営者情報

運営クリニック湘南美容クリニック 新宿本院
住所〒163-1324
東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
お問い合わせ0120-5489-40
院長中村 大輔