二重整形の「ダウンタイム」とは施術から回復までの期間です


二重整形を受けると、麻酔や施術による腫れやむくみ、内出血、違和感などが生じる可能性があります。これらの症状によって、仕事や学校を含めた日常生活に支障をきたす場合があるのです。

施術から施術前のように回復するまでの期間を「ダウンタイム」と呼びます。ダウンタイムは埋没法で約1週間、切開法で約2週間から1ヶ月程度と考えられています。

二重整形による一時的な症状が治まるまでの期間をダウンタイムと呼びます

二重整形に興味のある方であれば、「ダウンタイム」という言葉を見聞きしたことがあるのではないでしょうか。ダウンタイムは二重整形を受ける際に知っておきたい重要なワードです。

ダウンタイムというのは、二重整形の施術から回復するまでの期間のことをいいます。なぜ、施術後に回復する期間が必要なのでしょうか。

二重整形には埋没法と切開法の二種類があります。埋没法は医療用の糸をまぶたに固定することで二重のラインを形成する施術です。

切開法はまぶたにメスを入れることで生まれつきの二重と似た構造をつくる施術です。いずれの場合もまぶたに負担をかける、一時的な切り傷が生じることから施術後に、腫れ・内出血・むくみ・違和感などが起こる可能性があります。

また施術に際する痛みを和らげるために使用する麻酔も腫れの原因です。とはいえこれらの症状は一時的なもので、時間の経過とともに治まっていきます。

ダウンタイムが必要なのは、起こりうる症状をできる限り悪化させないためです。仕事や学校などの日常生活を通常通り過ごせるようになるために、ダウンタイムが必ず取るようにしましょう。

ダウンタイムは施術方法や体質などによって異なります


二重整形におけるダウンタイムは、具体的にどのくらいの期間必要なのでしょうか。施術の方法によってダウンタイムの期間に違いがみられます。

埋没法は、切開法に比べるとダウンタイムが比較的短い傾向にあります。大きな腫れや内出血が起こるのは3日程度で、1週間程度あればほとんど目立たなくなるでしょう。

ただし極端に幅の広い二重にした場合などには、2~3週間ほど症状が続く可能性もあります。糸の掛け方やまぶたに糸を留める点数などもダウンタイムの期間を左右する要素です。

一方で切開法は埋没法よりもダウンタイムがやや長くなる傾向にあります。大きな腫れや内出血がみられるのは1週間程度で、2週間から1ヶ月程度でほとんどの症状が治まるでしょう。

また二重まぶたが完成するまでの期間(埋没法3ヶ月・切開法6~12ヶ月)は、腫れの影響で二重の幅が広く見えることがあります。ダウンタイムの一環ですので、過剰に心配する必要はありません。

二重整形のダウンタイムは個人差があり、期間中の過ごし方によって変化する可能性があります。なかなか症状が治まらないときは、医師に相談してみましょう。

埋没法を例にしたモデルケースを参考にしましょう

二重整形を受けたあと、どのように二重が完成していくのか、イメージが湧かないという方も多いことでしょう。ここでは、埋没法を例にしたダウンタイムの経過をモデルケースでみていきます。

施術当日

二重整形の術後、しばらく経つと腫れが生じてきます。医師の指示に従い、できるだけ安静にしていることが大切です。

術後2~3日経過

人によっては大きく腫れることがあります。内出血やむくみ、違和感などが生じることもあるので、引き続き安静にし、様子をみましょう。

術後1週間経過

目立った腫れはほぼなくなります。まぶたの糸が見える心配もなくなり、目を閉じても整形がバレる可能性は低いでしょう。

ただし過ごし方によって腫れが長引くため、できるだけ安静にし、生活習慣に気を付ける必要があります。

術後2~3週間経過

幅の広い二重にした場合でも、目立った腫れはほぼ治まっている頃です。

術後1ヶ月経過

二重まぶたが完成する頃です。クリニックによっては通院してまぶたの状態をチェックします。

(まとめ)二重整形でよく聞く「ダウンタイム」とは?

1.二重整形の「ダウンタイム」とは施術から回復までの期間です

二重整形の麻酔や施術を受けると、腫れやむくみ、内出血などの症状が起こる可能性があります。これらの症状が治まるまでには埋没法で約1週間、切開法で約2週間から1ヶ月程度必要です。

施術から回復までのこの期間を「ダウンタイム」と呼びます。

2.二重整形による一時的な症状が治まるまでの期間をダウンタイムと呼びます

二重整形の埋没法と切開法は施術方法こそ違えど施術後に、腫れ・内出血・むくみ・違和感などが生じる可能性があります。これらは一時的な症状ですが、施術から回復するまでに期間が必要です。

この期間のことをダウンタイムと呼びます。

3.ダウンタイムは施術方法や体質などによって異なります

二重整形のダウンタイムは施術方法によって異なります。埋没法で1週間程度、切開法で2~3週間程度あれば腫れや内出血などがほとんど目立たなくなるでしょう。

ただし個人差や期間中の過ごし方によって変化する場合があります。

4.埋没法を例にしたモデルケースを参考にしましょう

二重整形の術後経過はモデルケースを参考にイメージしてください。施術後、徐々に腫れが目立ってきますが、1週間程度経過すると腫れはほぼ引くでしょう。

二重まぶたが完成する1ヶ月後に、検診を行うクリニックもあります。


運営者情報

運営クリニック湘南美容クリニック 新宿本院
住所〒163-1324
東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
お問い合わせ0120-5489-40
院長中村 大輔