一重まぶたでも美容整形により末広型二重になることが可能です

目元にキツい印象をもたれがちな一重まぶたでも、二重整形で自然な二重を手に入れることができます。
二重の形にもさまざまありますが、その中でも人気があるのが「末広型二重」。不自然さがなく馴染みやすい形であることが人気の理由の1つです。

今回は、末広型二重におすすめの施術方法についてご紹介します。

末広型二重は自然な二重まぶたです

ひとことに二重といっても、実は種類はさまざま。大きくわけて平行型二重、奥二重、そして末広型二重の3種類があります。末広型二重は日本人に多く、自然な二重まぶたといわれています。整形したことを人に知られたくない方や不自然な二重にしたくない方は、末広型二重がよいでしょう。

末広型二重の特徴と与える印象

末広型二重はその名前のとおり、目尻に向かうにつれて幅が広くなるタイプの二重です。目頭にある蒙古ひだに二重のラインがおさまっているため、このような形をしています。末広型二重は日本人に多く、自然で丸みがあることから、若くて可愛らしい印象を与えてくれます。

平行型二重・奥二重との違い

平行型二重は欧米人に多い二重、奥二重は日本人に一番多い二重です。

蒙古ひだがなく、目頭から目尻まで並行した二重のラインが特徴です。目元がぱっちりしており、エレガントな印象を与えます。

一方で奥二重は、末広型二重と同じく蒙古ひだがありますが、二重のラインは目尻の部分のみになります。末広型二重よりも蒙古ひだがかぶさっている部分が多く、二重のラインが少ないのが特徴です。

自然な二重まぶたになりたい人におすすめ

末広型二重は、自然な二重まぶたを手に入れたい人、もともとの目の形を活かしたい人におすすめです。一重から平行型二重は、違いが大きく整形したことがはっきりわかってしまいます。

奥二重は整形が一番わかりずらい形になりますが、逆にあまり変化がみられず、イメージと違ったという風になりかねません。
整形したことがバレづらく、自然に目元の印象を変えるのであれば、末広型二重が最適です。

末広型二重に似合うタイプとは?

末広型二重は日本人に多い形のまぶたであるため、比較的多くの方に馴染みやすいといえます。アジア系の顔立ちの方はもともとある蒙古ひだを活かして、違和感なく目元の印象を変えることができるでしょう。蒙古ひだが厚めの一重や、奥二重の人にもおすすめです。
逆に日本人でも彫りが深い顔立ちの方は、平行型二重の方が馴染みやすいといえます。

末広型二重になるには以下の方法があります

末広型二重になるには大きく分けて、整形かメイクの選択肢があります。

美容整形

二重整形には「切開法」と「埋没法」の2種類があります。切開法は、まぶたを切開して二重を作る方法です。埋没法は、医療用の糸でまぶたを固定して二重を作ります。二重整形は費用がかかりますが、ぱっちりとした二重が手に入ります。

メイク

整形に抵抗がある方は、一時的にメイクで二重のラインを作ることができます。のりやテープなどアイプチにもさまざまな種類があります。

しかし、アイプチはあくまで一時的なものです。まぶたの皮膚を傷つけたり炎症させてしまうことがあるため、基本的におすすめはしません。

末広型二重には埋没法がおすすめです

前述したとおり、二重整形には「埋没法」と「切開法」がありますが、末広型二重には、前者の埋没法がおすすめです。埋没法がおすすめである理由とメリットをご紹介します。

おすすめの理由

まぶたを切開する手術は、ちょっと怖い、気が進まないと感じている方は多いのではないでしょうか。

埋没法であればまぶたを切らず、負担も少なく末広型二重が作れます。厚めの一重や奥二重の方でも、埋没法の末広型二重であれば、もともとの蒙古ひだはそのままに、自然な二重ラインが手に入ります。切開法に比べてまぶたに負担が少ないメリットもあります。

埋没法のメリット

埋没法のメリットは先ほども紹介したとおり、切開しなくて済むという点です。そのため、ダウンタイム(施術から回復するまでの期間)も短くて済みます。施術後、まぶたの腫れがありますが、数日後には腫れが引いてくるでしょう。

さらに埋没法は、切開法に比べて費用がリーズナブルな点もメリットです。切開法と異なり、糸をほどけば元に戻すこともできる手軽さがあります。万が一、イメージと違った場合でも元に戻すことができます。
初めての二重整形で金銭面や失敗を恐れて足踏みしている人は、まずは埋没法を検討するのがよいでしょう。

【症例】埋没法による末広型二重

末広型二重は埋没法がおすすめであることを紹介しましたが、ここでは実際に埋没法を使った末広型二重の症例をご紹介します。

きつい印象の一重から柔らかい印象の末広型二重


こちらは施術前と施術後1ヶ月後の症例です。施術前は、まぶたの皮膚がまつ毛に覆い被さっており、きつい印象を与えています。施術後は、まつ毛がしっかり生え際からみえて、可愛らしく柔らかい印象に変わりまし
た。1週間後でもほとんど違和感ない仕上がりですが、1ヶ月経つと腫れがおさまって自然な二重になっています。

特殊な糸を使っており、針を通すことがないため、まぶたを傷つけずに二重を作れる埋没法です。施術後の腫れも少なく、目元のメイクも当日から可能です。

施術名:クイックコスメティーク・ダブルNeo
施術の説明:特殊な糸の結び方で、まぶた表面に針を通す事がないため傷をつけずに二重を作れる施術法です。
施術の副作用(リスク):だるさ・熱感・頭痛・蕁麻疹・痒み・むくみ・発熱・咳・冷や汗・胸痛、目がゴロゴロする、二重幅に左右差があると感じる、希望の二重幅と異なると感じる、眉が下がることによる二重幅の変化、ラインが消失する、ラインの乱れ、違和感を感じるなどを生じることがあります。
施術の価格:両目248,000円
印象の薄い目元から印象深い大人っぽい末広型二重


こちらも同じく施術前から施術後1ヶ月後の症例です。施術前はあっさりとして印象の薄い一重まぶたですが、施術後は大人っぽく印象深い目元にガラッと雰囲気が変わりました。

埋没法でも糸の結び方や通し方を変えることで、ほとんどの人が二重に戻らない画期的な埋没法を実現しました。従来の埋没法のデメリットである、元に戻りやすい埋没法とは異なり、元に戻りにくい工夫がされています。

施術名:フォーエバー二重術
施術の説明:根本から改革した糸の結び方、糸の通し方でまぶたの中に埋め込み二重を作ります。
施術の副作用(リスク):だるさ・熱感・頭痛・蕁麻疹・痒み・むくみ・発熱・咳・冷や汗・胸痛、目がゴロゴロする、二重幅に左右差があると感じる、希望の二重幅と異なると感じる、眉が下がることによる二重幅の変化、ラインが消失する、ラインの乱れ、違和感を感じるなどを生じることがあります。
施術の価格:両目195,100円

安心の湘南美容クリニックで理想の二重を

二重整形で自分に合った理想の二重を手に入れることができます。特に末広型二重は、日本人に馴染みやすい形の二重なので、違和感が生じることはあまりないでしょう。

施術は主に「切開法」と「埋没法」があり、切開法はまぶたを切って二重を作り、埋没法は糸で固定して二重を作ります。末広型二重の場合、埋没法がおすすめですが、目の形やまぶたの厚さなどによっては、切開法が適していることもあります。

どちらの方法が最適か、クリニックで医師と相談するのがベストです。人気の二重整形ですが、当然ながら技術を要します。失敗しないためにも、実績のある優秀な医師が在籍しているクリニックを選びましょう。

湘南美容クリニックは、豊富な実績があり、優秀な二重治療の医師が在籍しています。埋没法であれば、元の一重に戻ってしまった際の保証制度が付いており、安心して施術を受けることもできます。
目元だけで、人の印象は大きく変わるものです。ぱっちり二重を手に入れたい方は、まずは湘南美容クリニックでカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。


切らない二重術(埋没法)

極細の糸をまぶたに埋め込む方法です。腫れが少なく、ふたえのり感覚でできます。

切る二重術(切開法)

まぶたを切開したラインで二重を作ります。同時に余分な皮膚や脂肪を取り除くことができます。

目元形成

目のまわりや眉の下を切開し、目の形を整えます。視野が広くなる効果もあります。

眼瞼下垂

まぶたを引き上げる力を強くして、眼瞼下垂やそれにともなう頭痛・肩こりを解消します。

目元のたるみ取り

目の下のふくらみ(脂肪)やくぼみを取り除くことで、目元を若々しくします。

運営者情報

運営クリニック湘南美容クリニック 新宿本院
住所〒163-1324
東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
お問い合わせ0120-5489-40
院長中村 大輔