一重の人が二重にする二重のりのやり方は、薄く塗ったあと、乾いてからラインを作る方法が正しいです


二重のりは手軽に一重まぶたを二重まぶたにできることから使用する方は少なくないです。

しかしながら使い方にはコツが必要で、失敗すると見た目が不自然になったり、取れやすくなったりします。

一重の人が二重にする二重のりのやり方は、まずまぶたの油分を除去し、二重のりの液を薄く塗り、乾いてからラインを作るのが正しい方法とされています。

二重のりの正しいやり方には順序があります

二重のりは一重まぶたを二重まぶたにするためのアイテムの1つです。

ここでは、二重のりの基本的なやり方について、順を追ってご説明します。

  1. まぶたの油分をオフする
    まず二重のりを塗る前にまぶたの油分やアイメイク、汚れなどを取り除きます。

    まぶたに油分が残った状態だと二重のりの接着力が低下し、皮膚と皮膚がくっつきにくくなってしまうからです。

    油取り紙やコットン、ティッシュなどでやさしく落としましょう。

  2. 二重の幅を決める
    次になりたい二重のラインを決めます。

    このとき、二重のりに付属しているプッシャーを使用し、軽く押し当てて確認します。

  3. 二重のりを塗る
    二重のラインを決めたら、そのライン上に二重のりを薄く塗ります。

    半目の状態で鏡を見ながら塗ることで、塗る位置を把握しやすくなるでしょう。

  4. プッシャーで二重を作る
    目を閉じたまま、または半目の状態で二重のりが乾くまで待ちます。

    二重のりの液が乾くと半透明になるので、そのタイミングでプッシャーをまぶたに軽く押し当てます。

    二重のラインが出来たら、ゆっくりプッシャーを外します。

    目頭と目尻部分を整えれば完成です。

二重のりできれいな二重を作るにはコツがあります

二重のりは市販されており気軽に購入できますが、使い慣れていないときれいな二重まぶたを作るのが難しいです。

失敗すると見た目が不自然になったり、取れやすくなったりします。

また二重のりがバレてしまう可能性もあるため、しっかりとコツを覚えるまで練習を重ねることが大切です。

二重のラインは広ければ広いほど目が大きく見える傾向にありますが、あまり広くしすぎると自然な二重まぶたになりにくいです。

まぶたの下端から7ミリ程度までを最大としてラインを決めましょう。

二重のりを塗る際は、液を塗りすぎないように注意が必要です。

厚塗りをすると、プッシャーを押し当てたときにヨレやすく、仕上がりが汚くなってしまうことがあります。

二重のりを塗るのは二重にしたいラインの周辺だけでよいとされています。

広範囲に塗ると、皮膚が引っ張られ不自然になってしまうからです。

二重のりが乾くまではまぶたに触らないようにしましょう。

乾いていない状態でプッシャーを押し当ててしまうと、接着剤が固まってしまうだけでなく、二重が取れやすくなってしまう可能性があります。

皮膚と皮膚をくっつきやすくするために、メイクの前に二重のりを塗るようにするとよいです。

二重のりでは二重まぶたを維持することが難しいです


二重のりは二重まぶたを作るための化粧品です。

二重のりを付けている間は二重まぶたでいることができますが、洗顔で落としてしまえばもとの一重まぶたに戻ってしまいます。

またまぶたの脂肪が多い人の場合、二重のりを付けていても時間の経過とともに一重に戻ってしまうことがあります。

言い換えれば、二重のりでは二重まぶたを維持することが難しいということになります。

では二重まぶたを維持するためにはどのようにしたらよいのでしょうか。

その方法の1つに、クリニックで施術を行っている美容整形が挙げられます。

美容整形であれば、きちんとした施術を受ければ洗顔を行ったあとも一重まぶたに戻る可能性は低いでしょう。

なぜなら二重整形は糸で留めたり、メスで切開したりしてまぶたそのものの構造を変えてしまうからです。

一重まぶたをコンプレックスに思っている方は、二重まぶたを維持できるというだけで自信につながるでしょう。

また半永久的に二重まぶたを手に入れたいという方は、美容整形を検討してみることがおすすめです。

(まとめ)一重の人が二重にする二重のりのやり方とは?

1.一重の人が二重にする二重のりのやり方は、薄く塗ったあと、乾いてからラインを作る方法が正しいです

一重の人が二重にする二重のりの使い方にはコツが必要で、失敗すると見た目が不自然になり、取れやすくなってしまいます。

正しい二重のりのやり方は、まぶたの油分を取り除き、薄く塗った二重のりが乾いたところで二重のラインを作るというものです。

2.二重のりの正しいやり方には順序があります

二重のりの基本的なやり方とは、まず、まぶたの油分を取り除き、二重の幅を決めるところから始まります。

二重のラインに二重のりを塗り、乾くまで待ってから付属のプッシャーをまぶたに軽く押し当てます。

目頭と目尻の部分を整えれば二重まぶたの完成です。

3.二重のりできれいな二重を作るにはコツがあります

二重のりは失敗すると見た目が不自然になり取れやすくなるため、練習でコツを覚えるようにしましょう。

二重のラインを広くしすぎないこと、厚塗りや広範囲に塗らないようにすること、二重のりが乾くまで触らないことなどが大切です。

4.二重のりでは二重まぶたを維持することが難しいです

二重のりは使用している間は二重まぶたでいられますが、洗顔後はもとの一重まぶたに戻ってしまいます。

美容整形であれば二重まぶたを維持することが容易となります。

二重整形は一重まぶたにコンプレックスがある方におすすめの方法です。

切らない二重術(埋没法)

極細の糸をまぶたに埋め込む方法です。腫れが少なく、ふたえのり感覚でできます。

切る二重術(切開法)

まぶたを切開したラインで二重を作ります。同時に余分な皮膚や脂肪を取り除くことができます。

目元形成

目のまわりや眉の下を切開し、目の形を整えます。視野が広くなる効果もあります。

眼瞼下垂

まぶたを引き上げる力を強くして、眼瞼下垂やそれにともなう頭痛・肩こりを解消します。

目元のたるみ取り

目の下のふくらみ(脂肪)やくぼみを取り除くことで、目元を若々しくします。

運営者情報

運営クリニック湘南美容クリニック 新宿本院
住所〒163-1324
東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
お問い合わせ0120-5489-40
院長中村 大輔