一重まぶたになるかどうかは遺伝の要素が大きいですが、それ以外の要素も関係しています


自分が一重なのか、二重なのか、それは両親の遺伝子に大きく左右されています。

しかし、生まれた地域の特徴によって影響されるなど複合的な要因で決まるのです。

また、一重と二重には構造上異なる点があるため突然、変化するという可能性は考えにくいでしょう。

どうしても一重から二重になりたいという方は美容整形を行うことを検討してみましょう。

一重か二重になるか、遺伝が大きく関係していると言われています

生まれた子供が、一重になるのか二重になるのかは、両親の遺伝子が大きく関係していると言われています。

遺伝学の中で有名な「メンデルの優性の法則」というものが存在します。

これは親から子へ受け継がれやすい性質を優性、反対に受け継がれにくい性質を劣性と分類しているものです。

これをまぶたに当てはめると、二重まぶたは優性で一重まぶたは劣性となります。

この法則に乗っとると以下のような可能性が考えられるでしょう。

  • 両親ともに二重まぶたの場合
    生まれる子供は、二重になる可能性が高いですが、まれに一重になる可能性もあります。
  • 両親が一重と二重の場合
    生まれる子供は二重になる可能性が高いですが、一重になる可能性もあります。
  • 両親ともに一重の場合
    生まれてくる子供は一重になる可能性が高いです。

ただし、これはあくまで法則に当てはめただけであって、実際にこの通りに遺伝されるとは限りません。

また、遺伝以外にも生まれ育った地域の影響を受ける可能性もあるでしょう。

寒い地域の出身の場合、皮下脂肪をため込むため、それがまぶたにもついて、一重まぶたになる傾向があると言われています。

反対に、暑い地域の出身の人は、目に汗が入らないようにするため、二重まぶたになりやすいと言われています。

このように一重になるか、二重になるかの理由は、遺伝や出身地域などのさまざまな要因が考えられるでしょう。

しかし、一重まぶたと二重まぶたには構造的に異なる部分が存在します。

それはまぶたを引き上げる筋肉が枝分かれし、まぶたのふちより上にくっついているかどうかです。

この筋肉が、まぶたのふちより上にくっついていることで、まぶたが折りたたまれて二重のラインが形成されています。

まぶたの構造はあるときを境に変化するということは考えにくいでしょう。

二重に憧れる方は美容整形がおすすめです


一重と二重の違いは、まぶたを引き上げる筋肉のつき方にあります。

また、これは生まれつきのもので突然構造が変わって一重から二重になるとは、ほぼないと言えるでしょう。

それでも一重から二重にしたい、という方の中には二重のりを使用しているという方もいらっしゃるかもしれません。

二重のりは比較的値段も安く入手しやすいものですが、さまざまなデメリットが存在します。

まず挙げられるのが、持続性があまりないという点です。

あくまで、接着している状態のため水気や衝撃に弱く、外出中に取れてしまう可能性もあります。

また、長期間使い続けることにも注意が必要になります。

それは、まぶたへの過度な負担がかかってしまうことです。

まぶたはとてもデリケートな部分のため刺激に弱く、二重のりを使い続けて、ダメージを受け続けてかぶれや荒れを引き起こすおそれがあります。

それがさらに悪化すると、まぶたの皮膚が分厚くなり余計に二重になりにくくなってしまうことも考えられるでしょう。

長い目で見たとき、まぶたへの負担を考えるのであれば二重整形を検討してみてもよいかもしれません。

二重整形であれば、施術から少しの間普段の生活に気をつける期間がありますが、それを越えてしまえば理想的なまぶたを手に入れられるでしょう。

二重整形にはさまざまな方法があります

実際に二重整形をしようと思っても、どのように行うのか、わからない方もいらっしゃるでしょう。

二重整形には大きく分けて2つのやり方があります。

埋没法

まぶたの裏側に、極細の医療用糸を埋め込み、数箇所を固定して二重のラインを作り出す方法です。

メスを使用せず、傷も残りにくいという手軽さから、二重のり感覚で行う方もいらっしゃると言われています。

ダウンタイムが3日ほどと比較的短く済むところも、メリットの1つです。

切開法

希望するラインに沿ってメスを入れ、まぶたを持ち上げる筋肉などとつなぎ合わせて二重を形成する方法です。

ダウンタイムが1週間~2週間ほどありますが、代わりに半永久的に崩れることのない二重を手に入れられるでしょう。

どちらの方法も専門の医師が、まぶたの構造に合わせて施術を行うため元からあったような自然で美しい二重を作り出してくれるでしょう。

また、それぞれの患者様に合った二重のデザインや方法を提案してくれるかどうかも医師を選ぶうえでは大切なポイントの1つです。

理想的な目元を手に入れるために、医師選びや方法の選択肢などを慎重に決めるようにしましょう。

(まとめ) 一重まぶたになるかどうか遺伝で決まるの?

1.一重まぶたになるかどうかは遺伝の要素が大きいですが、それ以外の要素も関係しています

自分が一重なのか、二重なのか、それは両親の遺伝子に大きく左右されています。

しかし、生まれた地域の特徴によって影響されるなど複合的な要因で決まるのです。

どうしても一重から二重になりたいという方は美容整形を行うことを検討してみましょう。

2.一重か二重になるか、遺伝が大きく関係していると言われています

一重まぶたか二重まぶたとして生まれてくる違いは、遺伝子の法則や出身地域による違いなどが考えられます。

しかし、一重まぶたと二重まぶたには構造的な違いがあり、それが突然変わるということはほぼないと言えるでしょう。

3.二重に憧れる方は美容整形がおすすめです

二重のりを使って一重から二重にしている方は注意が必要です。

生活の中で不用意に取れてしまう可能性があるほか、まぶたの皮膚がかぶれたり分厚くなったりする可能性が考えられます。

まぶたへの負担をやわらげるため、二重整形を行うことがおすすめです。

4.二重整形にはさまざまな方法があります

二重整形には大きく分けて2通りの施術法が存在します。

医師を選ぶことも理想的な目元を手に入れるためのポイントです。

適切な方法で自然なデザインに仕上げてくれる医師を選びましょう。


切らない二重術(埋没法)

極細の糸をまぶたに埋め込む方法です。腫れが少なく、ふたえのり感覚でできます。

切る二重術(切開法)

まぶたを切開したラインで二重を作ります。同時に余分な皮膚や脂肪を取り除くことができます。

目元形成

目のまわりや眉の下を切開し、目の形を整えます。視野が広くなる効果もあります。

眼瞼下垂

まぶたを引き上げる力を強くして、眼瞼下垂やそれにともなう頭痛・肩こりを解消します。

目元のたるみ取り

目の下のふくらみ(脂肪)やくぼみを取り除くことで、目元を若々しくします。

運営者情報

運営クリニック湘南美容クリニック 新宿本院
住所〒163-1324
東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
お問い合わせ0120-5489-40
院長中村 大輔