睡眠の質の向上は、まぶたのたるみ改善に役立ちます


睡眠の質が高まると自律神経のバランスが整い、寝ている間に成長ホルモンの分泌が促され、細胞のダメージ回復に繋がります。

朝のまぶたのたるみは、ダメージを回復しきれなかったまぶたの細胞が弾力を失うことで起こる現象です。

睡眠の質を高めて、きちんと細胞のダメージを回復してあげることは、まぶたのたるみ改善に繋がると言えます。

睡眠時の自律神経の乱れを整えるとまぶたのたるみ改善に繋がります

睡眠の質が低下すると、寝ている間に細胞のダメージが回復できず、結果的にまぶたのたるみに繋がってしまいます。

自律神経とは、心臓や肺の活動やホルモンの分泌などを調整するために1日中働き続けているものです。

体を活発に活動させる交感神経と、体を休ませる時に働く副交感神経の2種類から構成され、基本的に交感神経は昼間に働き、夜は副交感神経が働くようになっています。

夜寝ている間に副交感神経が働くと、成長ホルモンが分泌され、細胞の代謝を促し、疲労回復や体の機能を調整するようにできています。

まぶたの細胞も成長ホルモンの作用によってダメージを修復し、本来の弾力を取り戻すことになります。

しかし、自律神経のバランスが乱れ、夜寝る時になっても交感神経が活発に働くと、成長ホルモンの分泌が低下してしまい、細胞はダメージを回復させにくくなってしまいます。

結果的にまぶたにたるみが生じることになります。

睡眠の質と自律神経のバランスとは大きく影響しているため、まぶたのたるみ改善のためには、睡眠の質を高めて自律神経のバランスを整えることがポイントになると言えるでしょう。

自律神経の乱れを整えるには、睡眠や食生活など生活習慣の見直しが重要です


自律神経の乱れは、まぶたのたるみだけではなく、自律神経失調症や神経性胃炎、過呼吸症候群などを発症させる原因になるとされています。

自律神経は1日中働き続けているものなので、睡眠時以外でもバランスが乱れないように日頃から心がけることが大切です。

自律神経の乱れは、睡眠の質の低下だけでなく、偏った栄養や栄養不足、運動不足、アルコールやタバコの習慣などによって引き起こされます。

自律神経の乱れを整えるためには、1日のうちで心身ともにリラックスできる時間を持つようにし、ストレスや疲労を溜めすぎないように注意しましょう。

バランスのとれた食事をきちんと決まった時間にとるようにして、適度な運動を心がけることも大切です。

睡眠の質を向上させたい時には、カルシウムの摂取がおすすめです。

カルシウムは、緊張を鎮めてイライラを抑える効果があるとされ、副交感神経を優位にするのに役立ちます。

眠る前にホットミルクを飲む習慣を付けると、睡眠の質の向上に繋がるため、取り入れてみてはいかがでしょうか?

まぶたのたるみにはマッサージや美容整形外科での施術が有効です

まぶたのたるみは一度定着してしまうと完全に元に戻すことは難しいものですが、上手に対処して少しでも症状を軽くしたいものです。

まぶたのたるみ対策は自分でできるものもあるため、早速取り入れてみましょう。

まぶたの皮膚は非常に薄くデリケートにできており、空気の乾燥や外からの刺激の影響を受けやすい部分だと言えます。

乾燥対策としては、目元専用のアイクリームを使ってやさしくなでるようにマッサージしてみましょう。

力を入れると返って刺激になってしまうため、力加減や触り方には注意が必要です。

他にも、瞳子りょう(どうしりょう)と呼ばれる、目じりから少しだけ外側にあるくぼのツボを刺激するのもおすすめです。

瞳子りょうはまぶただけでなく、目の周辺にある全体のたるみにも効果があるとされているため、やさしく押してみましょう。

まぶたのたるみは一度定着すると完全に元に戻ることは非常に難しいとされます。

頑固なたるみには美容整形外科での施術が有効です。

目元にたるみがあると、顔は老けて見えがちです。

美容整形外科クリニックでは無料カウンセリングを行っているところが多く、気になる場合は相談してみましょう。

(まとめ)睡眠の質を向上させるとまぶたのたるみは取れる?

1.睡眠の質の向上は、まぶたのたるみ改善に役立ちます

まぶたのたるみは睡眠の質が向上することで、細胞のダメージが回復し、症状を改善することができます。

睡眠の質を高めて、翌朝きちんとダメージが修復されたすっきりとした目元で目覚めたいものです。

2.睡眠時の自律神経の乱れを整えるとまぶたのたるみ改善に繋がります

睡眠時にうまく成長ホルモンが分泌されず、細胞がダメージを修復しきれなかった場合、まぶたのたるみが生じることがあります。

睡眠時に上手く副交感神経が働くように、睡眠の質を高める工夫をすると、まぶたのたるみ改善に繋がります。

3.自律神経の乱れを整えるには、睡眠や食生活など生活習慣の見直しが重要です

自律神経の乱れはまぶたのたるみ以外にも、さまざまな症状を発症させることがあります。

睡眠時だけでなく日ごろから自律神経のバランスが乱れないように心がけることが大切です。

睡眠習慣や食生活、運動不足など、一度ライフスタイルを見直してみましょう。

4.まぶたのたるみにはマッサージや美容整形外科での施術が有効です

まぶたのたるみを自分で改善するには、アイクリームを使って優しくなでるようにマッサージをして、目元のたるみに効果があるとされる瞳子りょうというツボを押してみましょう。

なかなか改善されない頑固なたるみは、美容整形外科での施術が効果的です。


切らない二重術(埋没法)

極細の糸をまぶたに埋め込む方法です。腫れが少なく、ふたえのり感覚でできます。

切る二重術(切開法)

まぶたを切開したラインで二重を作ります。同時に余分な皮膚や脂肪を取り除くことができます。

目元形成

目のまわりや眉の下を切開し、目の形を整えます。視野が広くなる効果もあります。

眼瞼下垂

まぶたを引き上げる力を強くして、眼瞼下垂やそれにともなう頭痛・肩こりを解消します。

目元のたるみ取り

目の下のふくらみ(脂肪)やくぼみを取り除くことで、目元を若々しくします。

運営者情報

運営クリニック湘南美容クリニック 新宿本院
住所〒163-1324
東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
お問い合わせ0120-5489-40
院長中村 大輔