コンタクトレンズ使用時のまぶたへの刺激は、たるみの原因になるとされています


まぶたのたるみは、コンタクトレンズの使用が原因で起こりやすいと言われています。

コンタクトレンズの長期使用によって、皮膚が伸びたり、目の疲れや緊張によって新陳代謝が滞りまぶたの弾力が失われたりすることがあります。

また、まばたきの際に結膜がコンタクトレンズと摩擦を起こすことで、まぶたを上げる筋肉に負担がかかり、まぶたを正常に引き上げられない「眼瞼下垂」になることもあるのです。

コンタクトレンズ使用による刺激でまぶたがたるみやすくなります

まぶたのたるみの種類は、大きく分けて2つあります。

一つは、肌の弾力が失われて重力に逆らえなくなったまぶたが瞳の一部に被ってしまいたるんでいる状態です。

そして、もう一つは、眼瞼挙筋と呼ばれるまぶたを持ち上げる筋肉が弱まり、十分に目が開かなくなる「眼瞼下垂」です。

こちらはまぶたがたるんでいるのではなく、目をしっかり開けられないことでたるんでいるように見えてしまっている状態です。

これらはどちらも、コンタクトレンズの使用が原因で起こりやすいと言われています。

目の周りの皮膚は非常に薄いです。

花粉症などのアレルギーで目をこすったり、二重のりやテープ、パソコンの長時間使用、コンタクトレンズの使用などで目を酷使したりすると、皮膚が伸ばされてしまうこともあります。

また、疲れや緊張によって目に血行不良が生じ、新陳代謝が滞ることでまぶたの弾力が失われると、まぶたがたるむ原因にもなるのです。

また、まばたきの際にまぶたの裏の「結膜」という粘膜がコンタクトレンズと摩擦を起こすことによって、まぶたを上げる筋肉に負担がかかり、まぶたを上げる力が弱まることで眼瞼下垂が引き起こされることも多いです。

まぶたのたるみも眼瞼下垂もクリニックでの施術で解消できます


まぶたのたるみには、たるんだ皮膚を外科的な施術で取り除く「眉下切開法」という施術がおすすめです。

眉下切開法は、眉の下ギリギリを切開するので傷が目立たず、メイクでもカバーしやすいのが特徴です。

また、たるみだけを解消することができるので、目元の印象を変えずに整形することも可能です。

さらに、まぶたがたるんでいるとおでこの筋肉を使って目を開けようとするためおでこにしわができやすくなりますが、余分な皮膚を除去することで視界が広がりおでこのしわも改善されます。

眼瞼下垂は視野障害の他にも美容的な問題や、肩こりや頭痛などの健康的問題も引き起こすため、重度の場合は、施術に保険が適用される場合があります。※

眼瞼下垂の手術は、二重の場合は二重のラインに沿って、一重の場合はまつ毛の上の一部を切り、挙筋をはずして縫い縮めることで引き上げる力を強くします。

まぶたが正常な位置まで戻るので、視野も広がり、美容的な問題と健康的な問題のどちらも解消することができるでしょう。

まぶたの下がりが気になったら、早めに専門の医療機関で診察を受けることをおすすめします。

※湘南美容クリニックの美容整形・美容外科手術は健康保険適用外となります。

コンタクトレンズ使用以外の生活習慣の見直しも必要です

コンタクトレンズを長期的に使用することはまぶたのたるみの原因の一つだとされており、コンタクトレンズの使用を控えることでまぶたのたるみを改善できることも多いです。

しかし、コンタクトレンズの使用を見直しても改善されない場合、他の生活習慣を見直す必要があります。

例えば目をこすったり、二重のり、二重テープなどを頻繁に使用したりすることでまぶたの皮膚が伸び、まぶたがたるむことがあります。

また、乾燥により肌バリア機能が低下し、皮膚が伸びてまぶたがたるむ可能性もあります。

パソコンやスマートフォンの長時間使用も、目の疲れや緊張による血行不良を引き起こし、新陳代謝が滞り、まぶたの弾力が失われてたるみの原因になります。

さらにパソコンやスマートフォンを使用している時はまばたきが少なくなるため、まぶたを上げる筋肉が使われずに弱まり、眼瞼下垂になるリスクも高まるのです。

目をこすったり二重のり・テープを使用したりするのは極力避け、またパソコン・スマートフォンは少しずつ休憩を挟みながら使用することで、まぶたへのダメージを減らしてたるみを予防しましょう。

(まとめ)コンタクトレンズがまぶたのたるみの原因になる?

1.コンタクトレンズ使用時のまぶたへの刺激は、たるみの原因になるとされています

コンタクトレンズの長期使用による目の疲れ、緊張でまぶたがたるんでしまうことがあります。

また、結膜がコンタクトレンズと摩擦を起こして、まぶたの筋肉が弱まり、眼瞼下垂と呼ばれる症状になってしまう場合もあると言われています。

2.コンタクトレンズ使用による刺激でまぶたがたるみやすくなります

コンタクトレンズの使用が原因となり、重力に逆らえなくなったまぶたが瞳の一部に被り、まぶたのたるむことがあります。

また、まぶたを持ち上げる筋肉が弱まって、十分に目が開かなくなる眼瞼下垂という症状も出てくると言われているのです。

3.まぶたのたるみも眼瞼下垂もクリニックでの施術で解消できます

まぶたのたるみ解消には眉下切開法がおすすめで、「傷が目立たない」「整形がばれにくい」といったメリットがあります。

眼瞼下垂の手術は、挙筋をはずして縫い縮めることでまぶたを引き上げる力を強くします。

4.コンタクトレンズ使用以外の生活習慣の見直しも必要です

コンタクトレンズの使用を控えることでまぶたのたるみを改善できることも多いですが、改善されない場合は他の生活習慣の見直しが必要です。

目をこする、二重のりなどの使用、乾燥、パソコンなどの長時間使用などといったまぶたへの刺激は極力減らしましょう。


切らない二重術(埋没法)

極細の糸をまぶたに埋め込む方法です。腫れが少なく、ふたえのり感覚でできます。

切る二重術(切開法)

まぶたを切開したラインで二重を作ります。同時に余分な皮膚や脂肪を取り除くことができます。

目元形成

目のまわりや眉の下を切開し、目の形を整えます。視野が広くなる効果もあります。

眼瞼下垂

まぶたを引き上げる力を強くして、眼瞼下垂やそれにともなう頭痛・肩こりを解消します。

目元のたるみ取り

目の下のふくらみ(脂肪)やくぼみを取り除くことで、目元を若々しくします。

運営者情報

運営クリニック湘南美容クリニック 新宿本院
住所〒163-1324
東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
お問い合わせ0120-5489-40
院長中村 大輔