まぶたが薄い人が埋没法に向いている理由は、もとに戻りにくいなどのメリットがあるためです


埋没法は、まぶたの内側を医療用の極細の糸で留め、二重のラインをつくっていきます。

まぶたに留める糸の数は、まぶたの厚みなどによって変わるのですが、まぶたが薄い場合は留める糸の数が少なくても、美しい二重まぶたを作ることができるのです。

さらに、まぶたが薄い場合はきれいな二重まぶたの状態を長期間保つことができるとも言われているため、まぶたの薄い人の方が埋没法に向いているとされているのです。

まぶたが薄い人が埋没法で二重をつくると、持続力が高くなる可能性があります

二重整形手術はいくつか種類がありますが、なかでも埋没法は、メスを使わずに針と糸を使って行うため、気軽に安心して手術を受けることができると人気です。

埋没法は、まぶたの内側を医療用の極細の糸で留め、二重のラインをつくっていきます。

希望する二重のラインやまぶたの厚みなどで、糸を留める場所などが変わってきますが、いずれにしても、この手術にかかる時間は短く、抜糸も必要ありません。

糸を留める場所には以下のものがあります。

  • 瞼板に糸を留める場合
    瞼板に糸を留める一般的な埋没法です。
  • 上眼瞼挙筋に糸を留める場合 
    上眼瞼挙筋に糸を通すため、糸が角膜に接触しない埋没法で、完全埋没法と呼ばれています。

完全埋没法の場合、まぶたに留める糸の数は、まぶたの厚みなどによって変わり、まぶたに厚さがある場合は、糸の数が増えることがあります。

さらに、まぶたの厚い人や二重のデザインによっては埋没法だともとに戻りやすいという場合もあるのです。

一方、まぶたの薄い人であれば二重のラインを作りやすいため、持続力が高くなる可能性があるとされています。

このようなことから、埋没法はまぶたの薄い人に向いていると言われています。

理想の二重になるために、事前のカウンセリングをしっかり行いましょう


埋没法は、気軽に受けられる二重整形手術として知られ、プチ整形とも呼ばれていますが、興味があっても勇気が出ないという人もいるかもしれません。

ここでは、もう少し詳しく埋没法の特徴についてみていきましょう。

埋没法が人気の理由の一つに料金があげられます。

他の二重整形手術に比べると比較的に安価で施術を受けることができるため、若い女性も多く行っています。

二重整形手術と聞いてまず気になるのは、術後の腫れという人も多くいるでしょう。

埋没法では、メスを使わないので他の手術と比べると腫れは少ないですが、まったく腫れないというわけではありません。

埋没法でも糸を留める場所や数によりますが、3日程度ダウンタイムを必要とします。

この間は、安静にして体を休め、アルコールや入浴などを控えるように医師から指示をされることがあるので、事前によく確認をしましょう。

多くは、一ヶ月程度でナチュラルなラインの二重が完成するといわれています。

また、埋没法のデメリットとして、糸が取れてしまう可能性がある、まぶたの腫れぼったさを解消することはできないなどがあげられます。

これらは、まぶたのタイプが埋没法に適応していないために起こることがあり、事前にしっかりカウンセリングを行うことで解決できる可能性があります。

医師と事前によく相談して、自分のまぶたが埋没法に適応しているのか判断することが大切です。

埋没法では、二重の幅が狭いほど一重に戻る可能性は低くなります

埋没法は切開法に比べると、二重が取れてもとに戻ってしまう可能性がありますが、なかにはどうしても切るのが怖くて埋没法で二重整形をしたいという人もいるでしょう。

そのような場合に、少しでも二重を持続させるために気を付けたいことをご紹介します。

まず、まぶたが薄い人はまぶたが厚い人に比べると持続力が高くなる可能性があることは前述の通りです。

ただ、生まれつきまぶたが厚い人もいます。

その場合は、眼窩脂肪を除去することでまぶたを薄くさせてから埋没法を行うことも可能です。

これにより二重まぶたの持続力が高くなります。

つぎに、二重のデザインです。

二重は幅が広ければ広いほど一重に戻る可能性が高くなり、狭ければ狭いほどその可能性は低くなるとされています。

もともとまぶたが厚い人や目を開く力が弱い人にその傾向が強いため、二重の幅をあまり広くしすぎないようにするなど、二重のデザインについても医師とよく相談しましょう。

さいごに、目もとに刺激を与えすぎないようにしましょう。

日常生活のなか、とくに花粉症の時期などは、何気なく目もとをこすってしまいそうになりますが、目元に刺激が加わることで糸が緩んだり切れたりする恐れがあります。

つけまつ毛などを頻繁に使用する人も、目もとを刺激しすぎないように気をつけましょう。

上記のようなことを心がけて、少しでも長く理想の目もとを維持することが大切と言えるでしょう。

(まとめ)まぶたが薄い人が埋没法に向いている理由とは?

1.まぶたが薄い人が埋没法に向いている理由は、もとに戻りにくいなどのメリットがあるためです

埋没法は、まぶたの内側を糸で留めて二重まぶたを作る施術です。

まぶたが薄い方はこの留める糸の数が少なくても、長期間美しく維持できる二重まぶたを作ることができます。

そのため、まぶたの薄い人の方が埋没法に向いているとされているのです。

2.まぶたが薄い人が埋没法で二重をつくると、持続力が高くなる可能性があります

埋没法は、まぶたの厚い人や二重のデザインによってはもとに戻りやすく、まぶたの薄い人は持続力が高くなる可能性があるとされています。

このことなどから、まぶたが薄い人は埋没法に向いていると言われています。

3.理想の二重になるために、事前のカウンセリングをしっかり行いましょう

埋没法は、比較的安価な料金、腫れが少ないといった特徴が人気の理由の一つです。

ただし、理想の目もとを目指すには、しっかりとした医師と事前によく相談して、自分のまぶたが埋没法に適応しているのか判断することが大切です。

4.埋没法では、二重の幅が狭いほど一重に戻る可能性は低くなります

埋没法は切開法に比べると、二重が取れてもとに戻ってしまう可能性があります。

眼窩脂肪を除去してまぶたを薄くさせてから埋没法を行うまたは、二重の幅をあまり広くしすぎないようなデザインにするなどして、理想の目もとをできるだけ長く持続させましょう。

切らない二重術(埋没法)

極細の糸をまぶたに埋め込む方法です。腫れが少なく、ふたえのり感覚でできます。

切る二重術(切開法)

まぶたを切開したラインで二重を作ります。同時に余分な皮膚や脂肪を取り除くことができます。

目元形成

目のまわりや眉の下を切開し、目の形を整えます。視野が広くなる効果もあります。

眼瞼下垂

まぶたを引き上げる力を強くして、眼瞼下垂やそれにともなう頭痛・肩こりを解消します。

目元のたるみ取り

目の下のふくらみ(脂肪)やくぼみを取り除くことで、目元を若々しくします。

運営者情報

運営クリニック湘南美容クリニック 新宿本院
住所〒163-1324
東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
お問い合わせ0120-5489-40
院長中村 大輔