まぶたの皮膚が薄いと加齢などによるたるみで、一重から二重になることがあります


まぶたは、体のなかでも皮膚が薄い部分のため、加齢や紫外線などの影響を受けやすく、まぶたのたるみが引き起こされやすいとされています。

そのため、加齢により皮膚にたるみが起こり、一重から二重になる場合もあります。

ただし、まぶたのたるみは加齢や紫外線だけが原因とは限りません。

目が開けづらくなった、目が小さくなったような気がするなどお困りのことがあれば、一度しっかりと医師のカウンセリングを受けることが大切です。

加齢による皮膚のたるみで一重から二重になることがあります

まぶたは、体のなかでも皮膚が薄い部分です。

そのため、加齢や紫外線などの影響を受けやすく、コラーゲンやヒアルロン酸が減少することによりまぶたのたるみが起こります。

まぶたは、表面の皮膚とその内部に脂肪組織や筋肉で構成されています。

加齢により脂肪組織が委縮したり、筋肉が弱く細くなったりしていくと、表面の皮膚にたるみが起こるのです。

もともとは一重だった人が、加齢により二重になったという話を聞いたことがある人もいるかもしれませんが、これはまぶたのたるみによって上側の皮膚がおおいかぶさり、見た目上、二重になっているだけなのです。

また、それをそのまま放置しておくと、まぶたのたるみがさらに進んで垂れ下がり、二重が消えて一重になってしまうことがあります。

場合によっては二重まぶたの上にたるんだ皮膚がさらにかぶさって、三重になってしまうこともあるのです。

筋肉には、まぶたの皮膚を支える役割もあります。

眼輪筋や、眼瞼挙筋が衰えるとまぶたを支えられなくなり皮膚が垂れてしまうと言われています。

まぶたのたるみ対策には、まぶたへの負担を減らし、筋肉をしっかり動かすことが大切であると考えられます。

まぶたのたるみが原因で一重になった場合は二重整形手術がおすすめです


まぶたのたるみが原因で一重まぶたになったり、三重まぶたになったりしている場合は、二重整形手術で二重を取り戻すことが可能です。

上記のような場合は、たるみがある程度進んでいると考えられるため、切開法が用いられることが多いでしょう。

切開法では、たるみのもととなる余剰な皮膚を切除して縫合することで皮膚を引き寄せて、たるみを解消します。

とくに眉下切開法は、目もとの皮膚がたるんできてしまった人におすすめの方法です。

眉の下のラインぎりぎりを切開するので傷が目立たず、二重の部分に傷ができないため、ばれにくく自然な、自分本来の目もとのまま若さを取り戻すのに最適とされています。

まぶたの皮膚はとても薄いため、自己流のケアだけではたるみを回避するのは難しいといえるでしょう。

そのため、まぶたが痩せて垂れ下がってきたような気がする、それによって目がすわって見えたり、目つきが悪くなったりしていると気にされている場合は、二重整形がおすすめです。

まぶたのたるみの原因は加齢だけでなく、眼瞼下垂の可能性があります

まぶたのたるみは、加齢だけが原因ではありません。

目が小さくなったような気がすると思われる場合には、まずまぶたのたるみを疑う人が多いかもしれません。

ですが、もしかしたらその原因は眼瞼下垂かもしれません。

眼瞼下垂とは、まぶたを開く筋肉がうまく機能しないために、目がしっかり開かない状態のことです。

生まれた時から眼瞼拳筋の発達が悪い先天性眼瞼下垂のほか、近年では加齢とともに起こる老人性下垂、白内障などの目の手術後、コンタクトレンズを10年以上使っている人にも起こると言われています。

眼瞼下垂の症状は、目つきなど外見の変化だけでなく、重症化すると、視野障害や偏頭痛を引き起こすなど生活面でも支障がでてきます。

眼瞼下垂の場合にも、二重整形による施術で症状を改善することができます。

目が開けづらくなってきた、目が小さく見えるようになってきたとお困りであれば、まずは一度医師にしっかりと相談されることをおすすめします。

(まとめ)まぶたの皮膚が薄いと一重から二重になることがある?

1.まぶたの皮膚が薄いと加齢などによるたるみで、一重から二重になることがあります

まぶたは皮膚が薄く、加齢や紫外線などの影響でたるみが引き起こされやすい部分です。

そのため、まぶたのたるみによって、一重から二重になる場合があります。

ただ、加齢や紫外線が原因ではない場合もあるため、専門医に相談することも大切でしょう。

2.加齢による皮膚のたるみで一重から二重になることがあります

加齢による皮膚のたるみでまぶたが一重から二重になることがありますが、見た目上二重になっているだけで、放置しておくとまた一重になってしまうこともあります。

場合によってはたるんだ二重に皮膚がさらに重なって三重になってしまう事もあるのです。

3.まぶたのたるみが原因で一重になった場合は二重整形手術がおすすめです

まぶたのたるみが原因で一重まぶたになったり、三重まぶたになったりすることがあります。

まぶたが痩せて垂れ下がってきたような気がしたり、目つきが悪くなったりしていると気になる場合は、まずはカウンセリングで医師に相談をしてみましょう。

4.まぶたのたるみの原因は加齢だけでなく、眼瞼下垂の可能性があります

まぶたのたるみは、眼瞼下垂が原因の可能性もあります。

眼瞼下垂とは、まぶたを開く筋肉がうまく機能しないために、目がしっかり開かない状態のことです。

目が開けづらくなってきたなど、気になることがあれば、医師に相談をしてみるとよいでしょう。

切らない二重術(埋没法)

極細の糸をまぶたに埋め込む方法です。腫れが少なく、ふたえのり感覚でできます。

切る二重術(切開法)

まぶたを切開したラインで二重を作ります。同時に余分な皮膚や脂肪を取り除くことができます。

目元形成

目のまわりや眉の下を切開し、目の形を整えます。視野が広くなる効果もあります。

眼瞼下垂

まぶたを引き上げる力を強くして、眼瞼下垂やそれにともなう頭痛・肩こりを解消します。

目元のたるみ取り

目の下のふくらみ(脂肪)やくぼみを取り除くことで、目元を若々しくします。

運営者情報

運営クリニック湘南美容クリニック 新宿本院
住所〒163-1324
東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
お問い合わせ0120-5489-40
院長中村 大輔