陥没乳頭治療

陥没乳頭治療

RECOMMEND 陥没乳頭治療はこのような方におすすめ

#乳首のへこみを治したい方
#授乳に支障がないように
へこみを治したい方
#乳首の見た目が気になる方
#乳首がくぼんでしまった方

WHAT 陥没乳頭治療とは

陥没乳頭とは

乳頭が乳輪の内側に埋没した状態のことです。
乳首が出っ張ってなく乳輪よりへこんでいることを「陥没乳頭(かんぼつにゅうとう)」といいます。凹んでいないまでも出っ張りがない場合は「扁平乳頭(へんぺいにゅうとう)」と呼ばれることもあります。
また、陥没乳頭は程度により真性(刺激を与えても乳頭が出てこない)と仮性(刺激により乳頭が出てくる)の2種類あります。

陥没乳頭の原因

陥没乳頭の主な原因は以下の3つと考えられますが、珍しいことではありません。
1)乳管と乳房の成長スピードに差があり陥没することがあります。
2)先天的に乳腺の組織が未発達な場合や乳管が短く乳頭が引っ込んでしまうことがあります。
3)傷や病気の後遺症として陥没してしまうことがあります。

陥没乳頭治療とは

陥没乳頭が引き起こす問題

乳腺炎を起こしやすい
へこんでいる部分は汚れがたまり、雑菌が繁殖しやすい不衛生な状態です。そのため、乳腺炎という病気になるリスクが高くなります。悪化すると膿がたまって乳房内に膿瘍(のうよう)ができてしまい切開して排膿(はいのう)する処置が必要になることもあります。
授乳に支障が出る可能性がある
陥没乳頭だから授乳不可能というわけではありませんが、陥没していない場合よりテクニックや工夫が必要になります。また、真性の場合は授乳をすることはできません。

FLOW 陥没乳頭治療の施術方法

陥没乳頭治療はどのようにおこなうのか、
湘南美容クリニックの流れをご紹介します。

Step1 カウンセリング

ドクターがお悩みを伺いし、胸の状態を確認します。お悩みや状態に合わせて適切な治療法を提案します。治療内容や副作用についてご説明したのち、手術のご意向によりご都合のよい日にちを決定します。

カウンセリング

Step2 局所麻酔

手術当日は体調を確認したあと、麻酔をします。麻酔が効いたことを確認してから手術となります。手術中に痛みを感じることはないためご安心ください。

局所麻酔

Step3 切開と縫合

乳頭部及び乳輪の皮膚を切開し、周囲の結合組織から分離して乳頭(乳管)を引き出します。

切開と縫合

Step4 術後の通院

術後は医師による経過観察のため、1〜3回程度通院をお願いいたします。身体に過度な副作用の症状や異常を感じたら速やかに医師にご連絡ください。

術後の通院

HOW 陥没乳頭治療の治癒について

術後の傷跡はどのように治癒するのかをご説明します。

傷は約10日で治癒

陥没乳頭治療の傷は、手術直後は赤みを帯びたり、傷を中心にして周囲が固く収縮してつっぱりを感じることがあります。腫れや軽い内出血であれば約10日で軽減しますが、赤みと固さは、術後約1ヶ月経過した頃から軽減されます。

術後翌日からシャワー可能

シャワーは翌日から可能ですが、防水テープなどで手術箇所を濡らさない配慮が必要です。

直射日光に注意

傷が安定する前に強い直射日光にあたるとシミに成りやすいので気をつけてください。また皮膚かぶれを起こしやすい人も、傷口の絆創膏跡がシミになりやすいので気をつけて下さい。

抜糸は7~14日後

入浴は抜糸をした翌日から可能です。抜糸は、医師の指示により7~14日目の抜糸となります。※抜糸は2回になることがあります。

CASE PHOTO 症例写真

乳輪縮小術内側縫縮法手術後1か月

執刀医:中山景介医師

PRICE 料金

仮性陥没乳頭
真性陥没乳頭
0120-489-100
カウンセリングWEB予約はこちらから

Q&A よくある質問

お客様から頂くよくある質問についてご紹介します

カウンセリングを受けた日にその場で手術をしたいのですが可能ですか?

カウンセリングの日に手術をお受けになって頂くことも可能です。

手術後の授乳は可能ですか?

通常はできることが多いのですが、まれに授乳しにくくなることがあります。

豊胸と陥没乳頭手術はどちらの方を先にした方がいいのでしょうか?

豊胸と陥没乳頭手術はどちらを先にされても構わないと思いますが、いずれにしてもその間は3ケ月程度開けるのが良いように思います。左右差は注入量を多少変えることでバランスをとるように改善はできますが、乳房のボリューム以前に骨格の左右差もあることが多いので、全く左右が同じになることはほぼありません。

術後に日常生活での制限はありますか?

施術当日の激しい運動はお控えいただきますようお願いいたします。また、傷が安定する前に強い直射日光にあたるとシミに成りやすいので気をつけてください。

MORE 陥没乳頭治療と一緒におこないたい手術

モントゴメリー腺切除

モントゴメリー腺とは、乳輪の上にあるぶつぶつとしたものです。本来、デリケートである乳首全体を保護するために重要な役割を持ちますが、大きすぎるなどの理由からお悩みの方も多いです。きれいな乳輪を実現します。

乳輪縮小術

乳輪肥大とは、胸全体に対して乳輪が大きすぎることを指します。この乳輪肥大を解消するのが乳輪縮小術です。縮小の割合や傷の位置など、一人ひとりのお悩みにあわせたデザインが可能です。

35歳からの豊胸

授乳後やミドル世代など、デコルテに年齢を感じる方は多いです。バストが垂れて張りがなくなったり、変形・黒ずみなども現れます。湘南美容クリニックでは、ヒアルロン酸注入や脂肪注入豊胸など、多彩な施術で希望のバストを目指せます。

OTHER その他の豊胸・バストの修正に関連する施術をご提案いたします

DOCTOR 監修医師

監修医師紹介

中村 大輔 医師

湘南美容グループ統括院長
新宿本院院長
兼 SBC豊胸最高責任者

中村 大輔 医師

保有資格
美容外科専門医(JSAS)/日本美容外科学会会員/日本整形外科学会・専門医/アメリカ心臓学会ACLS プロバイダー/VASER脂肪吸引認定医(脂肪吸引最高位)/4Dスカルプ認定医(ボディメイク)
経歴
2000年神戸大学医学部医学科卒
東京大学医学部整形外科入局
東京大学医学部附属病院勤務
2001年東京大学医学部附属病院分院麻酔科勤務
東京逓信病院勤務
2002年東京都リハビリテーション病院勤務
2004年都立府中病院勤務
2006年水戸赤十字病院勤務
2007年湘南美容クリニック勤務
ANNEX院 院長就任
2009年池袋院 院長就任
2013年新宿本院 院長就任
2014年湘南美容グループ副統括院長に就任
2018年湘南美容グループ統括院長に就任
兼井 陽子 医師

大阪駅前院院長

兼井 陽子 医師

保有資格
VASER脂肪吸引認定医
経歴
2005年大阪大学医学部医学科卒業
大阪大学医学部付属病院にて臨床研修
(免疫・アレルギー・内分泌内科/呼吸器・老年・高血圧内科/呼吸器外科/麻酔科)
2006年池田市立病院にて臨床研修
2007年湘南美容クリニック勤務
2019年湘南美容クリニック 大阪駅前院院長就任

様々な科目の専門医・学会会員が
在籍しています

湘南美容クリニックは日本美容外科学会(JSAPS)専門医、日本美容外科学会正会員、日本形成外科学会専門医 、 先進医療医師会 参与、日本再生医療学会 理事長補佐、国際美容外科学会(International Society of Aesthetic Plastic Surgery)Active Member、医学博士、厚生労働省認定臨床研修指導医、日本整形外科学会・専門医、日本麻酔科学会認定医、厚生労働省麻酔科標榜医、日本外科学会専門医・正会員、日本胸部外科学会正会員 、日本頭蓋顎顔面外科学会会員、日本静脈学会会員医学博士、日本医師会認定産業医、日本抗加齢医学会会員、日本マイクロサージャリー学会会員、GID(性同一性障害)学会会員、日本脂肪吸引学会会員、美容皮膚科学会正会員、日本レーザー治療学会会員などの資格を保有した医師が在籍しております。

当ページは医療広告ガイドラインを遵守し、医師監修のもと掲載しています

SBCメディカルグループでは、2018年6月1日に施行された医療広告ガイドラインを受け、ホームページ上からの体験談の削除を実施しました。また、症例写真を掲載する際には施術の説明、施術のリスク、施術の価格も表示させるようホームページを全面的に修正しております。当ホームページをご覧の患者様、お客様にはご迷惑、ご不便をおかけ致しますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

TV放映情報

2023.4.18各局

ZIP、めざましなど

新CM発表会について取り上げられました。
2023.4.25フジテレビ

めざまし8

美容法コーナーで湘南美容グループ 皮膚科全体統括 西川礼華医師がなぜほうれい線ができるかなどを解説しました。
2023.6.22テレビ東京

じっくり聞いタロウ

湘南美容グループ 代表補佐 居川和広医師が美容整形についてスタジオ出演しました。