海外からのお電話 日本語専用ダイヤル +81-50-5575-1199 English中国語(簡体)

コンデンスリッチフェイス(CRF)の詳細情報

コンデンスリッチフェイス(CRF)
コンデンスリッチフェイス(CRF)の症例実績
8,645※2018年10月現在

コンデンスリッチフェイス法が人気の理由

コンデンスリッチフェイス法とは

コンデンスリッチフェイス法とは、ご自分の脂肪を注入することで、注入箇所にハリと潤いを蘇らせ、ふっくらとして丸みを帯びた健康的な素顔を形成することができます。また採取した脂肪は、遠心分離にかけ、コンデンス(濃縮)技術で不純物を除去、健全な濃縮脂肪細胞=コンデンスリッチファット(CRF) だけを注入するため、高い定着率を実現し、吸引した脂肪を最大限に活かせる若返り法です。

コンデンスリッチフェイス法ってなに?

コンデンスリッチフェイス法の特徴

・脂肪の定着量がUP
従来の脂肪注入はもちろん、これまで最高峰といわれていた脂肪注入を大きく上回る脂肪定着量を実現しました。

・リスクを回避
独自のコンデンス(濃縮)技術で死活・老化細胞を取り除いた濃縮脂肪を、無菌状態で注入。しこりや脂肪壊死が起こりにくくなりました。

コンデンスリッチフェイス法のメカニズム

コンデンスリッチフェイス法では、コンデンス(濃縮)技術により、死活・老化細胞のみを分離し、健全な脂肪のみを抽出します。そのため、 リスクを抑えながらも多くの脂肪を注入することができ、定着量も多くなります。

なぜ定着率がよいのか

そのポイントは

★ 注入脂肪をコンデンス(濃縮)する
★ 高濃度の細胞を配合

注入脂肪の濃縮率、細胞の濃度、それらの配合比率が定着率の良しあしを決定します。
でもそこは企業秘密なのでお教えできません!

コンデンス(濃縮)技術

コンデンス(濃縮)技術は、脂肪組織に圧力を加えることにより、死活・老化細胞を除去し、健全な脂肪細胞と細胞を濃縮することができる技術です。その技術の秘密は、特許も取得しているウェイトフィルターにあります。 このウェイトフィルターを装着した状態で行うプロセスのため、空気中の菌やほこりなどに触れない環境になり、感染症等のリスクを大幅に削減しました。同時に、脂肪の定着を良くし、石灰化(しこり)や脂肪壊死といったこれまでの脂肪注入特有の合併症を防ぐことにもなりました。
このように、コンデンスリッチフェイス法のコンデンス技術は、効果と安全面で大変優れています。

ウェイトフィルターの3つのポイント

コンデンスリッチ脂肪注入のウェイトフィルターには3つのポイントがあります。

1.ウェイト効果

ウェイトフィルターは、通常の遠心分離に比べ、脂肪にかかるG(圧力)が約25倍になります。
このウェイト(重さ)の効果により、G(圧力)に耐えられない老いた弱い脂肪細胞は排泄オイルになります。そしてこの時、約25倍のG(圧力)に耐えられた強く健全な脂肪細胞(コンデンスリッチファット)のみを抽出することができ、注入に使用されます。

2.フィルタリング技術

ウェイトフィルターには、液体だけを通す小さな穴があり、液体となった排泄オイルと健全な脂肪細胞をしっかり分離させることができます。

3.空気に触れないプロセス

全てのプロセスは、ウェイトフィルターにより密室状態にされたシリンジ内で行います。
注入する脂肪は空気に触れない無菌状態になり、感染症等のリスクを大幅に削減しました。

他の治療との比較

ヒアルロン酸注入 従来の脂肪注入 コンデンスリッチファット注入
治療内容 注射器でヒアルロン酸を注入する。 吸引した自分の脂肪をそのまま注入する。 吸引した自分の脂肪をコンデンス(濃縮)技術により、濃縮脂肪細胞(CRF)とし注入する。
適応 部分的な改善 顔全体
(頬、こめかみ、額、目の上、鼻唇溝)
顔全体 (頬、こめかみ、額、目の上、鼻唇溝)
メリット 注射だけで手軽 何度も繰り返す必要がない 何度も繰り返す必要がない
デメリット 吸収されてなくなるので繰り返し必要 部位により定着率が悪い(こめかみなど)
しこりになることがある
高価
定着率 - ★★★☆☆ ★★★★☆
持続効果 約半年で吸収される 長い 長い
質感 硬い しこりになることがある 自然
施術時間 数分 約1時間 約1時間半
施術注入する脂肪の質 - コンデンスされていない脂肪 (死活・老化細胞を含む) コンデンスされた健全な脂肪細胞
(CRF)
術後の痛み 少ない 少ない 少ない
合併症の可能性 皮下出血、硬結(しこり) 皮下出血、目の上のしこり 皮下出血
施術可能施設 皮膚科(美容)、美容外科 美容外科 CRF認定施設のみ
※当クリニックはCRF認定施設です

エクスパレル麻酔<OPTION>

エクスパレル
術後72時間痛みを抑える麻酔をオプションでご用意しております。
この麻酔を使用すると、痛みが最も出やすいとされる手術直後72時間、約3日間の痛みを抑えることができます。

※米国PACIRA社製で2011年にFDA認証された局所麻酔。有効成分をリボソームと呼ばれるナノカプセルに含有することで少しずつ薬剤が放出され、麻酔効果が72時間持続します。
世界中で乳房再建や胃切除、腱膜瘤切除などの外科手術で300万人以上の患者様につかわれている画期的な局所麻酔。

※悪心、嘔吐、発熱、便秘の副作用が出る場合があります。
※詳しい料金はお問い合わせください。

コンデンスリッチファット(CRF)注入認定証

札幌院
仙台院
新宿本院
渋谷院(女性限定院)
池袋西口院
上野院
立川院
町田院
大宮東口院
柏院
横浜院
川崎院
橋本院(神奈川県相模原市)
藤沢院
名古屋院
京都院
大阪梅田院
大阪心斎橋院
神戸院
広島院
福岡院

症例写真

症例写真 症例写真
執刀医:藤巻直人 医師
症例写真 症例写真
執刀医:藤巻直人 医師
症例写真 症例写真
執刀医:福澤見菜子 医師
症例写真 症例写真
執刀医:竹内直生 医師
フォトギャラリーをもっと見る

よくある質問

上原 憂大 医師
回答:上原 憂大 医師ドクターのお悩み解消Q&A一覧
コンデンスリッチ豊胸術とコンデンスリッチフェイス法は、同時に可能ですよ^^。…
よくある質問をもっと見る

料金案内

料金表
注射で若返り - コンデンスリッチフェイス法
コンデンスリッチフェイス法
※同部位2回目以降の料金は、通常料金の半額(麻酔代除く)となります。
また同部位2回目以降の半額でのご案内は初回治療日から1年以内となります。
施術名 価格
(税込)
  楽天ポイント
採取作成料(※) 148,500円
1ポイント
1円単位で
ご利用いただけます。
CRF作成のみ(※) 82,500円
※料金は採取作成料+部位ごとの追加料金になります
(例)法令線の場合 148,500円(採取作成料)+82,500円(部位料金)=231,000円(税込)
(ただし、脂肪吸引・脂肪注入豊胸と同時施術の場合、採取作成料は不要です。CRF作成料のみ加算)
※コンデンスリッチ豊胸と同時施術の場合は、採取作成料・CRF作成料ともに不要です
※ただし、脂肪吸引での脂肪量が確保できず、他部位より追加採取する場合は、採取作成料・CRF作成料が必要となります
▼部位ごとの追加料金
※治療する箇所により合算値が変わるため、詳しくはスタッフにお尋ねください
・口角 61,870円
1ポイント
1円単位で
ご利用いただけます。
・法令線
・ゴルゴ
・目の上
・目の下
・顎先
・眉間
・唇(上・下各々)
82,500円
・目の下~ゴルゴ
・こめかみ
・頬
123,750円
・額 206,250円
オプション
コールマン式(1箇所) +40,740円
1ポイント
1円単位で
ご利用いただけます。
若返りの匠若返りの匠

監修医師紹介

  • エリア総括院長 兼 池袋東口院院長
    古澤 雅史 医師
    ■保有資格
    日本美容外科学会会員/日本抗加齢医学会会員/ミラクルリフト認定医/サーマクール認定医/ミントリフト認定医/アメリカ心臓学会ACLSプロバイダー/アラガン ボトックス認定医/VASER脂肪吸引認定医
    ■経歴
    2006年 国立山梨大学医学部卒業
    医療法人)順江会江東病院入職
    眼科、外科、整形外科、皮膚科、麻酔科、 救急医療
    2008年 湘南美容クリニック 入職
    2009年 立川院院長 就任
    2013年 池袋院総括指導医 就任
    2015年 池袋院総括院長 就任
    池袋東口院院長 就任
    2016年 エリア総括ドクター 就任
  • 大阪梅田院院長
    横谷 仁彦 医師
    ■保有資格
    美容外科専門医(JSAS)/日本外科学会専門医/日本外科学会 正会員/日本美容外科学会 正会員/日本胸部外科学会 正会員
    ■経歴
    2001年 大阪大学医学部医学科卒
    大阪大学医学部附属病院 心臓外科、外科、救命救急科研修医
    2002年 日本生命済生会附属日生病院 外科
    2004年 大阪市立総合医療センター 心臓血管外科
    2006年 八尾徳洲会総合病院 心臓血管外科
    2007年 大阪大学医学部附属病院 心臓血管外科
    2008年 某大手美容外科勤務 院長経験
    2009年 湘南美容クリニック 入職
  • 技術指導医
    八王子院院長
    本田 賢治 医師
    ■経歴
    2009年4月 手稲渓仁会病院入職
    2011年6月 湘南美容クリニック入職
    2012年6月 湘南美容クリニック品川院 院長就任
    2015年4月 湘南美容クリニック新宿本院 配属
  • 辻堂アカデミア院長
    飯田 秀夫 医師
    ■保有資格
    日本形成外科学会専門医/日本美容外科学会(JSAPS)専門医/日本美容外科学会(JSAPS)正会員/国際美容外科学会(International Society of Aesthetic Plastic Surgery)Active Member/医学博士(東京医科歯科大学)/サーマクール認定医
    ■経歴
    1992年 東京医科歯科大学卒業
    以降、同大学医学部、国立がんセンター、他総合病院にて皮膚科、頭頸部外科、形成外科、美容外科を研鑽。
    2007年 東京医科歯科大学臨床教授
    2009年 リッツ美容外科東京院入職
    2013年 リッツ美容外科東京院院長に就任
    2014年 湘南美容クリニック 入職

安心保証制度

安心保証安心保証

若返りページをご覧の皆様へ

このページでは、しみ、しわ、たるみ、ほうれい線といった加齢によるお悩みに対して、湘南美容クリニックで提供している若返りの施術内容や料金、ダウンタイム、保証サービス等をご確認頂けます。また、当院で実施した若返り施術の症例写真を数多く公開し、お客様が術後のイメージを連想しやすい環境も用意させていただきました。

湘南美容クリニックの若返りは、ダウンタイムの少ないヒアルロン酸注射などをはじめ、人気のあるレーザー治療や、糸や手術によるリフトアップ、内服薬や外用薬を使用した若返り法などがございます。カウンセリングでは、担当医師がお客様のお悩みやご要望をしっかりと伺い、診断によって肌やしわの深さな等の状況確認後、最善の若返り治療をご提案させていただきます。何かご質問などがあれば遠慮せずに医師までご連絡ください。

我々は、「美容整形をもっと身近に」を合言葉に若返りの治療内容、治療経過、カウンセリング内容をオープンにし、 クリニック内の顔が見える運営を心がけると共に、美容外科に携わるスタッフすべてが胸を張って仕事ができる環境を作ることを使命とし、 技術向上、積極的な情報開示、社会貢献に取り組んでいます。

施術一覧

この施術を見ている人はこんな施術も見ています

様々な科目の専門医・学会会員が在籍しています

湘南美容クリニックは第103回日本美容外科学会学会長を務めた相川佳之をはじめ、日本美容外科学会(JSAPS)専門医、日本美容外科学会正会員、日本形成外科学会専門医 、 先進医療医師会 参与、日本再生医療学会 理事長補佐、国際美容外科学会(International Society of Aesthetic Plastic Surgery)Active Member、医学博士、厚生労働省認定臨床研修指導医、日本整形外科学会・専門医、日本麻酔科学会認定医、厚生労働省麻酔科標榜医、日本外科学会専門医・正会員、日本胸部外科学会正会員 、日本頭蓋顎顔面外科学会会員、日本静脈学会会員医学博士、日本医師会認定産業医、日本抗加齢医学会会員、日本マイクロサージャリー学会会員、GID(性同一性障害)学会会員、日本脂肪吸引学会会員、美容皮膚科学会正会員、日本レーザー治療学会会員などの資格を保有した医師が在籍しております。

様々な科目の専門医・学会会員

TV放映情報

  • 2019.11.21TBS

    「グッとラック」

    表参道院 島田幸一医師が美容整形公表するワケでシークレットリフト紹介しました。

  • 2019.11.28テレビ東京

    「じっくり聞いタロウ」

    湘南美容グループ代表 相川佳之医師が美容整形で人生が180度変わった人SPにご意見番としてスタジオ出演しました。

  • 2019.11.29OX

    「Miniよりマーケット」

    仙台院 米ヶ田真之介医師が目の下クマ・たるみ取りについてコメントしました。

100-0002

MENU

アイメッド
痛みの少ない乳がん検診

SNS ACCOUNTS

FacebookアメブロTwitterLINEinstagramYoutube

Global Site

海外からのお電話 日本語専用ダイヤル +81-50-5575-1199 中国語 English

個人情報の取り扱いについて

WEB予約はこちら
電話予約はこちら
ただいまお電話が大変込み合っております。
WEBでのご予約・お問合せもご利用ください。
WEB予約する
電話する
CLOSE
LINE友だち登録アイメッドWEB問診票女性向けがん健診
LINE友だち登録アイメッドWEB問診票女性向けがん健診
3000ポイント無料カウンセリング
お得情報モニター募集脱毛コース予約フォーム男性のお得情報公式ガイドブック↑Pagetop