ナチュラルクイックリフト

ナチュラルクイックリフト

ナチュラルクイックリフトが人気の理由

  • ダウンタイムが少ない
  • 傷跡が目立たない
  • 腫れが少ない

ナチュラルクイックリフトとは

フェイスラインのたるみが気になっている方、傷は目立たずきれいに治したい方に最適のフェイスリフトです。ダウンタイムも短く、負担が少ないのが特徴です。

たるみを取り除くので、長持ち!

図の赤いラインに沿って切開し、内部処理でしっかりたるみを除去します。
フェイスラインのたるみが気になる方、傷もきれいに治したい方に最適なフェイスリフトです。

傷は負担をかけないように縫い合わせ、耳のラインに沿って切りますので治った後に目立ちにくくなります。髪で隠していただければバレてしまうことはないでしょう。

糸で引き上げるのでなく、たるみを除去するフェイスリフトなので長持ちします。
自信を持っておすすめできる若返りの手術です。

傷跡が目立たない!

こちらのお写真は、手術後の2週間の状態です。
わずか2週間ですが、耳の付け根の傷ですのでほとんど目立ちません。

このように、目に付きにくい場所を丁寧に切開し、余分な皮膚を何度も何度も確認しながら最大限取り除いていきます。

ナチュラルクイックリフトのポイント

  • 耳の形に沿って切開するので、傷が分かりにくい
  • 傷を隠して、他人に知られずに手術できる
  • 3日後から洗髪OK!
  • 腫れが少ないので、翌日からのお仕事も可能。

ドクター限定!MD式オプション

術後の内出血や腫れなどダウンタイムを極力減らしたい方へ
確かな技術を身に着けた経験豊富なドクター限定オプション

ミニマムダウンタイム切開法という名の通り、術式や道具などすべてにこだわり抜くことで
ダウンタイムを極限まで短くします。仕上がりの美しさにも定評があります。

内出血を極限まで抑える工夫 ー RF(電波)メス

MD切開法では RF(電波)メス を使用し、徹底的に止血します。
出血が少ないと内出血や腫れを抑えられるので仕上がりもキレイになります。

Electrosurgery

一般的な電気メスは400kHz前後の周波数帯を用いるElectrosurgeryです。一方、4.0MHzの高周波を採用しているRFメスであるサージトロンはRadiosurgeryの領域となり、電波的な性質を強く持つことから電波メスとも呼ばれます。
この高い周波数により組織細胞中の水分子へ高密度に作用することで、侵襲を抑えた切開・凝固を可能にします。

皮膚切開による組織比較

4.0MHzの高周波ラジオ波により、組織細胞中の水分子への密度、集中性が高まります。そのため過剰な熱変性が抑えられ、組織損傷の少ない微細な切開・凝固を可能にします。

豚皮切開時の比較

一般に、細胞のタンパク質は60~100℃で組織凝固が発生し、90~110度で蒸散(切開)が起こると言われています。サージトロンは4.0MHzの高周波により、より少ない出力で狭い範囲で熱を集中させることができ、短時間の温度上昇を生み出す事により、炭化組織を少なく抑えることができます。

必要に応じてこのような対応も行います

局所麻酔時に
マイクロカニューレを使用

局所麻酔時にマイクロカニューレを使用

針先が丸い針を使用し、内出血を抑えます。通常の針で麻酔をすると、麻酔の時点で内出血が起こることがあります。ここも抑えることで、最小限の内出血にこだわっています。

縫合には透明な糸を使用

縫合には透明な糸を使用

通常の黒糸ではなく透明な糸を使用するので、抜糸前でも直後から糸が目立ちません。

ダウンタイム・施術詳細(留意点)

施術時間120分
固定なし
ダウンタイム1~2週間
腫れ
(★~★★★)
★★★
傷跡耳の前(自然になじむ)
通院回数2~3
抜糸1週間
持続性半永久的
洗顔当日(傷周りは避ける)
メイク当日(傷周りは避ける)
シャワー当日(首から下)
3日(全身)
入浴1週間

これまでフェイスリフトは切開を伴う施術となるため、敬遠されがちな美容術でした。
メスを入れることで傷跡が残ってしまうのではないかという心配の声が多く上がっていました。しかし昨今のフェイスリフトの進歩により、最小限の切開で済み、傷も目立ちにくく髪などで簡単に隠すことができるようになりました。そういった技術革新を経て、現在ではフェイスリフトで確実な若返りを手に入れる方が徐々に増えてきております。
女性にとって「いつまでも若くありたい」という願いは当然のものです。フェイスリフトではリスクを最小限に抑えつつ、最大の若返り効果を得ることができるのです。
毎日の鏡を見る時間がおっくうな方、お化粧で隠し切れない“年齢”を感じ始めた方、同窓会などで同世代と差を付けたい方などにフェイスリフトをご提案させていただいております。

ドクターがナチュラルクイックリフトをわかりやすく解説

ナチュラルクイックリフトはメスを使用した外科手術によるリフトアップの施術になります。たるみのある皮膚を切除し、きれいに傷を縫合します。
メスを使用すると言っても傷は耳の付け根になりますので、ほとんど目立ちません。
たるみの強い方、また長期でリフトアップ効果を望まれる方におすすめの施術になります。

古澤 雅史 医師

料金案内

外科手術でのしわとり

安心保証制度付き

傷は目立たず、腫れが少ない

ナチュラルクイックリフト
507,220分割料金はこちら
オプション:MD式10+100,000
スマスフェイスリフト
(切開により皮膚の土台であるSMAS筋膜を引き上げる手術)
812,770分割料金はこちら
オプション:MD式10+100,000
ネックリフト
(切開により首のたるんだ皮膚を引き上げる手術)
354,440分割料金はこちら
オプション:MD式10+100,000
フェイスネックリフト
(ナチュラルクイックリフト/スマスフェイスリフトのいずれかと同時にネックリフト実施の際の価格)
+252,590
オプション:MD式10+100,000
コメカミリフト
(切開により目元のたるみを引き上げる手術)
303,510分割料金はこちら
オプション:MD式10+100,000
切開式前額リフト
(切開により額のしわたるみを引き上げる手術)
507,220分割料金はこちら
オプション:MD式10+100,000

安心保証制度

監修医師紹介

古澤 雅史 医師

池袋メトロポリタン口院院長

古澤 雅史 医師

保有資格
日本美容外科学会会員/日本抗加齢医学会会員/ミラクルリフト認定医/サーマクール認定医/ミントリフト認定医/アメリカ心臓学会ACLSプロバイダー/アラガン ボトックス認定医/VASER脂肪吸引認定医
経歴
2006年国立山梨大学医学部卒業
医療法人)順江会江東病院入職
眼科、外科、整形外科、皮膚科、麻酔科、 救急医療
2008年湘南美容クリニック 入職
2009年立川院院長 就任
2013年池袋院総括指導医 就任
2015年池袋院総括院長 就任
池袋東口院院長 就任
2016年エリア総括ドクター 就任
2020年六本木院院長 就任
2021年池袋メトロポリタン口院院長 就任
横谷 仁彦 医師

大阪梅田院 外科皮膚科統括医師

横谷 仁彦 医師

保有資格
美容外科専門医(JSAS)/日本外科学会専門医/日本外科学会 正会員/日本美容外科学会 正会員/日本胸部外科学会 正会員
経歴
2001年大阪大学医学部医学科卒
大阪大学医学部附属病院 心臓外科、外科、救命救急科研修医
2002年日本生命済生会附属日生病院 外科
2004年大阪市立総合医療センター 心臓血管外科
2006年八尾徳洲会総合病院 心臓血管外科
2007年大阪大学医学部附属病院 心臓血管外科
2008年某大手美容外科勤務 院長経験
2009年湘南美容クリニック 入職
2017年湘南美容クリニック 大阪梅田院院長就任
2020年湘南美容クリニック 大阪梅田院 外科皮膚科統括医師就任
本田 賢治 医師

品川院院長

本田 賢治 医師

経歴
2009年4月手稲渓仁会病院入職
2011年6月湘南美容クリニック入職
2012年6月湘南美容クリニック品川院 院長就任
2015年4月湘南美容クリニック新宿本院 配属
2020年品川院院長就任
飯田 秀夫 医師

辻堂アカデミア院長

飯田 秀夫 医師

保有資格
日本形成外科学会専門医/日本美容外科学会(JSAPS)専門医/日本美容外科学会(JSAPS)正会員/国際美容外科学会(International Society of Aesthetic Plastic Surgery)Active Member/医学博士(東京医科歯科大学)/サーマクール認定医
経歴
1992年東京医科歯科大学卒業
以降、同大学医学部、国立がんセンター、他総合病院にて皮膚科、頭頸部外科、形成外科、美容外科を研鑽。
2007年東京医科歯科大学臨床教授
2009年リッツ美容外科東京院入職
2013年リッツ美容外科東京院院長に就任
2014年湘南美容クリニック 入職
2018年辻堂アカデミア 院長就任

様々な科目の専門医・学会会員が
在籍しています

湘南美容クリニックは第103回日本美容外科学会学会長を務めた相川佳之をはじめ、日本美容外科学会(JSAPS)専門医、日本美容外科学会正会員、日本形成外科学会専門医 、 先進医療医師会 参与、日本再生医療学会 理事長補佐、国際美容外科学会(International Society of Aesthetic Plastic Surgery)Active Member、医学博士、厚生労働省認定臨床研修指導医、日本整形外科学会・専門医、日本麻酔科学会認定医、厚生労働省麻酔科標榜医、日本外科学会専門医・正会員、日本胸部外科学会正会員 、日本頭蓋顎顔面外科学会会員、日本静脈学会会員医学博士、日本医師会認定産業医、日本抗加齢医学会会員、日本マイクロサージャリー学会会員、GID(性同一性障害)学会会員、日本脂肪吸引学会会員、美容皮膚科学会正会員、日本レーザー治療学会会員などの資格を保有した医師が在籍しております。

当ページは医療広告ガイドラインを遵守し、医師監修のもと掲載しています

SBCメディカルグループでは、2018年6月1日に施行された医療広告ガイドラインを受け、ホームページ上からの体験談の削除を実施しました。また、症例写真を掲載する際には施術の説明、施術のリスク、施術の価格も表示させるようホームページを全面的に修正しております。当ホームページをご覧の患者様、お客様にはご迷惑、ご不便をおかけ致しますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

TV放映情報

2021.3.3CBC

「チャント!」

名古屋院 高川裕也医師が美容整形受ける女性に密着、最新ダイエットなどに出演しました。
2021.3.5THK

「ターゲっちゅ!」

名古屋院 高川裕也医師が週末二重・クイックコスメティークNeoについて紹介しました。
2021.3.11CBC

「チャント!」

岐阜院 山本尚洋医師がエールシリーズについて紹介しました。