奥二重の整形で幅が細いラインにするには蒙古ひだの少なさが重要です


奥二重でラインの幅が細い状態に整形手術をするには、幅の狭い平行型二重を勧められる場合があります。

平行型二重はモデルや女優さんなどに多いタイプで、奥二重でも自然なラインでぱっちりとした目元をつくることができるでしょう。

自然な細さとするには、蒙古ひだが発達していない必要があるため、その人の目の特徴によっては蒙古ひだを少なくする整形手術が必要となることがあります。

蒙古ひだが発達している人は目頭切開を勧められる場合があります

蒙古ひだとは目頭を覆う皮膚のことです。

アジア人では蒙古ひだが発達している人の割合が多く、加齢とともに目立たなくなる傾向があります。

この蒙古ひだが発達している場合、平行型二重の手術するためには目頭切開を加える必要があるでしょう。

目頭切開とは蒙古ひだを取り除くための手術方法で、平行型二重を希望される場合に勧められるケースが少なくありません。

なぜなら、蒙古ひだが発達していると、目頭から始まる二重のラインが隠れてしまい、末広方の二重となりやすいからです。

蒙古ひだは日本人なら大小の違いはあっても、誰でも存在しています。

目頭切開をする必要があるのは蒙古ひだが大きい場合で、小さければ目頭側の二重の始まり位置が低くなり、目頭切開をする必要はありません。

目頭切開が必要か判断するなら、目を開けた状態で確認してみましょう。

二重の始まりが蒙古ひだで隠れている場合は、細い平行型二重にするには、目頭切開が必要となることがあります。

目を開けたときに二重の始まりが蒙古ひだで隠れていないなら、目頭切開の必要はありません。

どちらか判断が付きにくい場合は、目を閉じた状態で、目頭より二重のラインが上にきていれば、目頭切開は不要だと判断できます。

仕上がり具合にも変わってくるためこれだけで判断はできませんが、ひとつの目安とすることは可能と言われています。

まぶたが厚い方が細い平行型二重にするには脂肪除去が必要になる可能性があります


細い平行型の奥二重とする場合、まぶたの脂肪の厚み具合によっても、新たな手を加える必要が出てきます。

まぶたが厚い人がもともと似合う二重とは、末広型の二重です。

そのような方が細いラインの平行型二重を希望されるなら、まぶたの厚みが弊害となってしまいます。

まぶたが厚い方が平行型二重とすると、厚ぼったい印象となるため、脂肪を除去することが勧められるのです。

脂肪が多い方が細い平行型二重とするには、目頭切開とともに脂肪を除去します。

目頭切開では「ミニ切開法」と「全切開法」の2種類から選ぶのですが、ミニ切開法は1.5cmの切開で、全切開法は3cm程度の切開です。

まぶたにメスを入れて脂肪を除去していき、まぶたの厚みを取りながら蒙古ひだの強さを軽減させ、平行型二重にすることができます。

目頭切開で脂肪を除去する方法はまぶたの厚みを薄くする限界があるため、その方の目の特徴を理解したうえで、最適な方法を選択しましょう。

もともとまぶたの脂肪が少なく薄い人と、厚い人が脂肪除去で同等になることはできません。

まぶたの厚い人はどのような仕上がりとなるか医師と話し合って、細い平行型二重にするのか、それとも末広型の二重にするのか決めてください。

目頭切開は目のバランスに注意が必要です

蒙古ひだが発達している人が細い平行型二重とするには、目頭切開の手術を勧められる場合があります。

目頭切開とは目頭をメスで切り縫い合わせる方法で、目が内側に寄る性質があるため注意が必要です。

もともと目が離れている方は、目頭切開でバランスが良くなるのですが、目が離れていない場合は寄り目のような仕上がりとなるため、事前に確認しましょう。

目と目の間の幅は、左右の目頭から目じりまでの幅を1、左の目頭から右の目頭までを1となるバランスが美しいとされています。

左から1:1:1となると、切れ長で大人っぽい仕上がりです。

もともと目が離れている方は子供っぽく見られやすく、このバランスと比べ左の目頭から右の目頭までの幅が大きくなっています。

このときに目頭切開をすれば、1:1:1のバランスに近くなり、大人っぽい印象に近づけることが期待できるでしょう。

目頭切開の術式も大きく切開するZ法や、シンプルに蒙古ひだを切除するアルツ法、蒙古ひだが広い人に適したパーク法など種類があります。

その人の蒙古ひだの広さや目の位置によって変えることができますから、どのような仕上がりとなるのかよく説明を聞いたうえで手術を受けるようにしましょう。

(まとめ)奥二重の整形で細いラインにすることはできますか?

1.奥二重の整形で幅が細いラインにするには蒙古ひだの少なさが重要です

奥二重の整形でラインを細くするには、幅が狭い平行型二重にする必要があります。

この場合、蒙古ひだが弊害となることがあるため、発達具合によっては新たな手術を加える必要があるでしょう。

2.蒙古ひだが発達している人は目頭切開を勧められる場合があります

蒙古ひだはアジア人に多く、日本人は大小の違いはあってもほとんどの人にあります。

細い平行型二重に仕上げるには、蒙古ひだがどれだけ大きいのかで変わるのです。

蒙古ひだが大きい場合は、目頭切開の手術を勧められる場合があります。

3.まぶたが厚い方が細い平行型二重にするには脂肪除去が必要になる可能性があります

もともとまぶたが厚い方が、細い平行型二重にする場合、目頭切開と同時に脂肪除去もしなければなりません。

まぶたの厚みを薄くする方法は限界があるため、医師とよく相談しながらどんな手術が必要なのか話し合いましょう。

4.目頭切開は目のバランスに注意が必要です

蒙古ひだの影響を減らす目頭切開は、目が離れている人は切れ長となり大人っぽい印象となりますが、目が近い方は寄り目となる恐れがあります。

目頭切開の方法も多数の術式がありますから、最適な方法を選びましょう。


切らない二重術(埋没法)

極細の糸をまぶたに埋め込む方法です。腫れが少なく、ふたえのり感覚でできます。

切る二重術(切開法)

まぶたを切開したラインで二重を作ります。同時に余分な皮膚や脂肪を取り除くことができます。

目元形成

目のまわりや眉の下を切開し、目の形を整えます。視野が広くなる効果もあります。

眼瞼下垂

まぶたを引き上げる力を強くして、眼瞼下垂やそれにともなう頭痛・肩こりを解消します。

目元のたるみ取り

目の下のふくらみ(脂肪)やくぼみを取り除くことで、目元を若々しくします。

運営者情報

運営クリニック湘南美容クリニック 新宿本院
住所〒163-1324
東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
お問い合わせ0120-5489-40
院長中村 大輔