二重整形の埋没法は手軽な施術ですが、何年か経つと糸が取れる可能性があります


二重整形の埋没法は数ある二重整形の施術の中でも、手軽に受けられる施術です。まぶたを切らずに糸で固定して二重のラインをつくりますが、何年か経つと人によっては糸が取れることがあります。

埋没法は、「まぶたを切らない施術」として人気が高く、多くの方が実際に施術を受けています。まぶたを切りたくない方や、施術時間を短くしたい方、はじめて二重整形を受ける方などが、埋没法を選ぶ傾向があるのです。

埋没法はまぶたの腫れなど、施術後のリスクが低い分、切開法よりは二重のラインを維持する期間が短くなりやすいことを頭に入れておきましょう。

二重整形の埋没法には「挙筋法」と「瞼板法」の2つがあります

二重整形の埋没法には、「挙筋法」と「瞼板法」という2つの施術があります。この2つの施術の違いは、糸を留める位置の違いです。

挙筋法の方が糸が取れるリスクが低いという意見もありますが、どちらの施術が取れるリスクが低いかについては、医師によって見解が分かれます。どちらの施術を選ぶかは、カウンセリングの時に医師とよく話し合って決めましょう。

挙筋法

挙筋法では、まぶたの皮膚と裏側にある「挙筋」という部分を糸で固定して、二重のラインをつくります。糸が眼球を傷つける恐れがない安全な施術なので、二重整形に不安がある方に向いています。

まぶたの皮膚が厚く、腫れぼったさやたるみが気になる方にもおすすめです。

瞼板法

瞼板法は、まぶたの皮膚と裏側にある「瞼板」を糸で留めて、二重のラインを作る方法
となります。まぶたの脂肪が少なく、まぶたが薄い方に向いている施術です。挙筋法よりも簡単な施術なので、はじめて二重整形を受ける方にもおすすめです。

埋没法のメリット

埋没法には、次のようなメリットがあります。
・施術にかかる時間が短い
・自然な仕上がりになる
・抜糸をする必要がない
・施術後の腫れが少ない

埋没法のデメリット

埋没法は、次の点がデメリットだといわれています。

・何年か経つと糸が取れる可能性がある
・皮膚の厚みがたるみが強い場合は、埋没法が向かない場合がある

埋没法の糸が取れる前兆を感じたら、もう一度二重整形を受けましょう


糸が取れる前兆に気づいたら、すぐに二重整形を取り扱うクリニックに相談しましょう。埋没法でまぶたに埋め込んだ糸が取れる時は違和感を覚えるので、糸の緩みに気づきやすいです。

片方のまぶただけ一重に戻りつつある時は、明らかに糸が取れる前兆だと考えられます。埋没法で埋め込んだ糸は、突然切れるというよりも、徐々に緩んで取れる確率の方が高いです。

埋没法はさまざまなクリニックで行われていますが、同じ埋没法でも微妙に糸のかけ方が違っていることがあります。糸が再び取れるリスクをできるだけ回避するには、技術が確かなクリニックで施術を受けるしかありません。

埋没法はまぶたを切らないで二重をつくるため、どのクリニックで施術を受けても取れる可能性はあります。取れる心配のない施術に切り替えたい時は、切開法も検討してみましょう。

切開法はメスでまぶたを切開して、余分な皮膚を取り除いて二重ラインをつくります。施術後のダウンタイムは長めになりますが、取れる心配がない強くきれいな二重まぶたになるでしょう。

埋没法の効果が長く続くように注意して過ごしましょう

埋没法によってまぶたを留めている糸ですが、何年か経つと緩みが起きて、二重のラインを保てなくなることがあります。経年劣化で糸の力が弱くなる可能性もありますが、まぶたに負担を与えるような習慣が糸が取れる原因になります。

花粉症などのアレルギー症状を持っている方は、つい目をこすってしまうことがあるかもしれません。目をこする行為は、まぶたに刺激を与え、糸が取れる原因になるので注意しましょう。

洗顔やクレンジングの時も、まぶたの負担とならないような洗い方をしてください。まぶたを指でゴシゴシこすりながら洗うクセがあると、まぶたに埋め込まれた糸が緩み、取れる可能性があります。

落としやすいアイメイクを心がけるなど、メイクの仕方を見直してみてもよいでしょう。

(まとめ)二重整形の埋没法は糸が取れる可能性がある?

1.二重整形の埋没法は手軽な施術ですが、何年か経つと糸が取れる可能性があります

埋没法はまぶたを切らないという施術として人気が高いですが、切開法と比べると二重のラインを維持する期間は短くなります。それでも多くの人が埋没法での施術を選ぶのは、施術の手軽さとダウンタイムの短さが支持されているからです。

2.二重整形の埋没法には「挙筋法」と「瞼板法」の2つがあります

二重整形の埋没法には、「挙筋法」と「瞼板法」の2つの施術があるので、医師と相談した上でどちらを受けるか決めましょう。どちらもまぶたを切らないので施術時間が短く済みますが、糸が取れる可能性があります。

3.埋没法の糸が取れる前兆を感じたら、もう一度二重整形を受けましょう

埋没法の糸が取れる前兆を感じたら、すぐに二重整形を扱っているクリニックに相談してください。取れる心配がない施術を希望するのであれば、医師と相談しながら切開法を検討しましょう。

4.埋没法の効果が長く続くように注意して過ごしましょう

埋没法で埋め込んだ糸が取れるリスクを回避するためにも、まぶたに刺激や負担を与える習慣に気をつけましょう。花粉症で目をこすることや、指でゴシゴシまぶたをこする洗顔方法は、糸が取れる原因になります。


切らない二重術(埋没法)

極細の糸をまぶたに埋め込む方法です。腫れが少なく、ふたえのり感覚でできます。

切る二重術(切開法)

まぶたを切開したラインで二重を作ります。同時に余分な皮膚や脂肪を取り除くことができます。

目元形成

目のまわりや眉の下を切開し、目の形を整えます。視野が広くなる効果もあります。

眼瞼下垂

まぶたを引き上げる力を強くして、眼瞼下垂やそれにともなう頭痛・肩こりを解消します。

目元のたるみ取り

目の下のふくらみ(脂肪)やくぼみを取り除くことで、目元を若々しくします。

運営者情報

運営クリニック湘南美容クリニック 新宿本院
住所〒163-1324
東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
お問い合わせ0120-5489-40
院長中村 大輔