二重のりよりテープのほうが奥二重の人の関心が高いと言われています


奥二重の人は、二重のりで二重を作るのが難しいといいます。

なぜなら二重のラインをまぶたが覆い隠している上に、もとからの二重を無視しにくいためです。

糊の接着力が不安定な二重のりよりも、どちらかといえばアイテープのほうが二重を定着させやすい傾向があります。

どちらも、上手く仕上げるためにテープを試す人がいると言われています。

アイテープは奥二重に向いた種類があります

アイテープは、糊のついたシールをまぶたに貼ることで二重のラインを簡単に作れると言われているテープです。

まぶたに塗ってから乾くまで待つ必要のある二重のりに比べると、二重成形に成功しやすいメリットがあります。

テープの素材も各種そろっていることから、自分の肌に合った素材を選びやすいことも安心でしょう。

アイテープは、片面タイプ・両面タイプ・ファイバータイプと大きく分けて3種類があります。

テープの片側だけにシールがついている片面タイプは、テープを貼った上にまぶたがかぶさることで二重のラインを作れます。

シンプルに貼ればよく、まぶたを接着している感覚も薄いため、目を開けているときはごく自然な感じでしょう。

ただしまばたきをしたときに、テープが見えてしまうこともあります。

まぶたが厚い場合、二重を作りにくいことも注意が必要です。

どちらかというと、皮膚が薄めでやわらかい人が向いています。

両面タイプは両側にシールが付いていて、まぶたの皮膚と皮膚を接着するテープです。

くっきりした二重を作れますが、皮膚が厚めでハリのある人に向いています。

ファイバータイプは、細い糸のようになっているテープです。

とくに奥二重に向いているタイプですが、上手く貼るのにコツがいり、慣れるまでに時間がかかることもあります。

アイテープで二重を上手に作るコツがあります


二重のりに使い方のコツがあるように、アイテープにも基本の使い方や上手に使いこなすコツがあります。

まずは二重をどこに作るか位置を決め、そこにテープを押しつけるように貼りましょう。

プッシャーでテープを押し込んでまぶたを接着したら、ラインを整えればできあがりです。

ファイバータイプを使うと、接着面の小ささから目を閉じても不自然なつっぱり感がないでしょう。

アイテープを貼る前には、まぶたの汚れや余分な皮脂を取り除いておいたほうが接着が上手くいきます。

テープの剥がれにくさにもつながるため、テープを貼る前には気をつけておくとよいでしょう。

もちろん、水気にも注意しておく必要があります。

化粧品をつけた直後の肌は湿っていることが多いため、シールが上手く接着されないことがあるからです。

剥がれ落ちの原因にもなりかねないため、余分な水気は軽く押さえてからテープを貼るようにしましょう。

アイテープの場合は、二重のりよりも接着に関して問題が少ないのが特徴です。

あとは、いかに目立たせないように貼るかと二重のラインづけを上手くできるかがポイントになってくるでしょう。

悩みに合ったアイテープを選ぶことが大切です

アイテープは、メイク用品によって上手く乗せにくいことがあります。

二重のラインがきれいに出れば、シンプルなアイメイクでも美しい目元になるでしょう。

あるいは片面テープを使うようにすると、直接まぶたにアイメイクを乗せやすくなるでしょう。

また特殊加工しているアイテープを選ぶと、アイシャドウがフィットします。

片面タイプで上手く二重のラインを作りにくいときは、両面タイプを使ってみるのもよいでしょう。

それでも二重を作りにくければ、接着面が広めの二重テープを選んでみる方法があります。

テープがバレないか心配というときは、素肌になじむヌードカラーのアイテープがおすすめです。

目を閉じたときもごく自然になる、まぶたの肌色に近い色を選ぶとよいでしょう。

ファイバータイプは細い形状になっているため、目立ちにくいのが特徴です。

それでいて接着はしっかりできるため、奥二重の悩みを解決するのに向いています。

同じテープでも、人によって効果が違ってくるものです。

どれを試しても上手く理想の二重まぶたがつくれないという人は、二重整形の利用を検討してみてもよいかもしれません。

二重整形であれば、事前に相談し、患者様個人にあった二重のラインを形成してくれるでしょう。

(まとめ)二重のりとテープではどちらが奥二重に効果的?

1.二重のりよりテープのほうが奥二重の人の関心が高いと言われています

二重のりで仕上がる不安定な二重よりも、アイテープのほうが仕上がりに安定性があると言われています。

奥二重の場合は、まぶたで隠れたもとからの二重ラインを無視しにくく、二重のりの接着力では不十分なこともあるためです。

2.アイテープは奥二重に向いた種類があります

アイテープにも種類があり、中にはとくに奥二重に向いているテープもあると言われています。

使いこなすにはコツがいるものの、二重のりよりは簡単に扱えるのがメリットです。

また自分の肌に合った素材も、選べるでしょう。

3.アイテープで二重を上手に作るコツがあります

ファイバータイプのアイテープを選ぶと、接着面が小さくて不自然なつっぱりを防げるでしょう。

また汚れや水けをあらかじめ取っておくのも、アイテープを上手に使うコツです。

テープを目立たせないように、二重のクセをきれいにつけることも大切です。

4.悩みに合ったアイテープを選ぶことが大切です
アイテープには種類ごとに特徴があるため、自分のまぶたの特徴や作りたい二重のラインに合わせて、アイテープを選ぶようにしましょう。

実際に試してみるのが、最適なアイテープを見つけるコツです。

それでも見つからないときは二重整形を試してみましょう。

切らない二重術(埋没法)

極細の糸をまぶたに埋め込む方法です。腫れが少なく、ふたえのり感覚でできます。

切る二重術(切開法)

まぶたを切開したラインで二重を作ります。同時に余分な皮膚や脂肪を取り除くことができます。

目元形成

目のまわりや眉の下を切開し、目の形を整えます。視野が広くなる効果もあります。

眼瞼下垂

まぶたを引き上げる力を強くして、眼瞼下垂やそれにともなう頭痛・肩こりを解消します。

目元のたるみ取り

目の下のふくらみ(脂肪)やくぼみを取り除くことで、目元を若々しくします。

運営者情報

運営クリニック湘南美容クリニック 新宿本院
住所〒163-1324
東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
お問い合わせ0120-5489-40
院長中村 大輔