海外からのお電話 日本語専用ダイヤル +81-50-5575-1199 翻訳翻訳 English中国語(簡体)中国語(繁体)韓国語ベトナム語

眼瞼下垂の詳細情報

眼瞼下垂の症例実績
10,672※2018年10月現在
眼瞼下垂は、眼瞼挙筋という筋肉の働きが弱いために、正面から見ると上まぶた(上眼瞼)が下がっている状態のことを総称しています。軽度の眼瞼下垂の場合はあまり自覚症状がありませんが、重症化すると距離感がつかめず、また突然見えない状態になるので、怪我や階段での転倒、自動車事故などの原因として多く上がります。

また、視野障害の他にも年齢層の若い方にとっては美容的な問題も生じてきます。上まぶたが下がることで、常に眠そうに見えたり、目力が弱い印象を与える可能性があります。この症状は先天性の方と、ハードコンタクトレンズの長期間使用などによる後天性の方がいますので、ハードコンタクトを使用されている方は注意が必要です。
また後天性に眼瞼下垂の症状が出てくる方は、まつ毛の向きが下向きになる事が多く、
まぶたの溝も浅くなり、まぶた幅も左右差が出てくる傾向があります。
先天性の眼瞼下垂は眼瞼挙筋の形成不全やそれを動かす神経の発達異常などで起こり、大半の場合が片眼性です。
通常手術を急ぐことはありませんが、斜視や弱視を伴うことがあり、その程度によっては早期の手術が必要になるため、専門の医師の診断を受けることが大切です。
眼瞼挙筋の機能が残っているかどうか、また残っている場合でも機能がどの程度かによって治療法が異なります。

【該当する症状】
・単純先天性眼瞼下垂 ・筋強直性ジストロフィー症 ・瞼裂狭小症候群 など
後天性の眼瞼下垂は、加齢にともなうまぶたの筋力の低下・皮膚のたるみによるものです。
また最近ではパソコン・テレビゲームによる目の酷使や、花粉症・アトピー・過剰なメイクなどでまぶたを擦ることで皮膚がたるんだり、瞼板と挙筋腱膜とが外れることで、開瞼状態が悪化するケースも増えています。
片眼性の場合は左右の眼の大きさに違いがあるため比較的簡単に判断できますが、両眼性は判別が困難な場合もあります。 伸びた眼瞼挙筋を短縮したり、外れた挙筋腱膜を元の位置にもどすことで治療します。

【該当する症状】
・腱膜の異常によるもの(加齢性眼瞼下垂、コンタクトレンズ着用による眼瞼下垂など)
・神経の異常によるもの(重症筋無力症、動眼神経麻痺など)
・筋肉の異常によるもの(ミトコンドリアミオパチー、筋強直性ジストロフィーなど)
偽眼瞼下垂は、眼瞼挙筋や神経そのものには問題がなく、まぶたの皮膚がたるむことで視野が妨げられるものです。 小眼球や無眼球(手術などによる眼球の摘出)などでもおこります。
皮膚のたるみや眼輪筋を切除することで治療します。

【該当する症状】
・眉毛下垂 ・眼瞼痙攣 ・眼瞼皮膚弛緩 ・眼球陥凹 ・下眼瞼内反症 など
上記以外でも、マスカラの長期使用、ステロイド薬の長期点眼、妊娠、甲状腺機能亢進症などによっても眼瞼下垂が起こる場合があります。

※WEBからのカウンセリング予約のご利用には、マイページの会員登録が必要です。
ご登録がお済みでない場合は、お手数ですがマイページにご登録ください。
ご登録はこちら
【眼瞼下垂+全切開二重術+目頭切開】目力アップしたい方におすすめ...
執刀:本間 重行 医師(フォトギャラリー一覧
本間 重行 医師 目の開きが良くなり、上がっている眉毛の位置も自然になり、
おでこのしわも改善します。
視界も人生も変わる! 全切開+下眼瞼下垂手術...
執刀:和田 亜美 医師(フォトギャラリー一覧
和田 亜美 医師 眠そうな印象をかえると周囲からの評価は高くなります
眼瞼下垂の手術は切開なのですこし腫れますが、視界も広くなり
周囲の評価も変わりとても快活な印象になりま
【MD式タルミ取り併用全切開法二重術+MD式眼瞼下垂手術】...
執刀:吉原 伯 医師(フォトギャラリー一覧
吉原 伯 医師 術後1ヶ月です。
まだ少し腫れは残っていますが、もう少しで引きます。
自然な幅でパッチリとした印象になりました。

※WEBからのカウンセリング予約のご利用には、マイページの会員登録が必要です。
ご登録がお済みでない場合は、お手数ですがマイページにご登録ください。
ご登録はこちら
加藤 周 医師
回答: 加藤 周 医師ドクターのお悩み解消Q&A一覧
目の上の重みに対してですが、明らかに筋肉の力が弱く目が開きにくい状態であれば眼…
須田 陽一 医師
回答: 須田 陽一 医師ドクターのお悩み解消Q&A一覧
私はメスを使わない眼瞼下垂手術の手術をお勧めしています。一度状態を拝見させてい…
須田 陽一 医師
回答: 須田 陽一 医師ドクターのお悩み解消Q&A一覧
眠たそうな眼を改善するには眼瞼下垂治療術がお勧めです。よろしかったら一度無料カ…
須田 陽一 医師
回答: 須田 陽一 医師ドクターのお悩み解消Q&A一覧
手術が戻るというより、加齢により多少は下垂が進むことはあり得ます。その際不自然…
加藤 周 医師
回答: 加藤 周 医師ドクターのお悩み解消Q&A一覧
目を大きくするにも水平方向ですと、目頭切開になりますし、垂直方向に大きくする場…

監修医師紹介

二重整形ページをご覧の皆様へ

このページでは、目を大きくしたい、二重にしたい、目元のたるみを取りたい等のお悩みを抱えているお客様に対して、湘南美容クリニックで提供している二重整形の内容や料金、ダウンタイム、保証サービス等をご確認頂けます。また、当院で実施した二重整形の症例写真を数多く公開し、お客様が術後のイメージを連想しやすい環境も用意させていただきました。

湘南美容クリニックでは、ただ単に二重整形という治療を提供することを目的としておりません。お客様が心豊かに幸せな生活を送る手助けをする事を使命として二重整形の治療を提供しておりますので、生涯においてお客様の健康を害する危険のある治療だと医師が判断した際は、施術をお断りする可能性がございます。あらかじめご了承ください。

我々は、「美容整形をもっと身近に」を合言葉に二重整形に対する治療内容、治療経過、カウンセリング内容をオープンにし、 クリニック内の顔が見える運営を心がけると共に、美容外科に携わるスタッフすべてが胸を張って仕事ができる環境を作ることを使命とし、 技術向上、積極的な情報開示、社会貢献に取り組んでいます。

様々な科目の専門医・学会会員が在籍しています

湘南美容クリニックは第103回日本美容外科学会学会長を務めた相川佳之をはじめ、日本美容外科学会(JSAPS)専門医、日本美容外科学会正会員、日本形成外科学会専門医 、 先進医療医師会 参与、日本再生医療学会 理事長補佐、国際美容外科学会(International Society of Aesthetic Plastic Surgery)Active Member、医学博士、厚生労働省認定臨床研修指導医、日本整形外科学会・専門医、日本麻酔科学会認定医、厚生労働省麻酔科標榜医、日本外科学会専門医・正会員、日本胸部外科学会正会員 、日本頭蓋顎顔面外科学会会員、日本静脈学会会員医学博士、日本医師会認定産業医、日本抗加齢医学会会員、日本マイクロサージャリー学会会員、GID(性同一性障害)学会会員、日本脂肪吸引学会会員、美容皮膚科学会正会員、日本レーザー治療学会会員などの資格を保有した医師が在籍しております。

TV放映情報

MENU

マイページ登録アイメッドWEB問診票女性向けがん健診
マイページ登録アイメッドWEB問診票女性向けがん健診
3000ポイント無料カウンセリング
お得情報モニター募集脱毛コース予約フォーム男性のお得情報公式ガイドブック↑Pagetop