海外からのお電話 日本語専用ダイヤル +81-50-5575-1199 English 中国語(簡体)

美容整形・美容外科TOP > 当院が選ばれる理由 > 当院の学術・海外技術交流

当院の学術・海外技術交流

学術・海外技術交流の取り組み

学会参加

  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 第107回 日本美容外科学会
    2019年4月17日(水)~18日(木)

    • シンポジウム
      参加医師 : 坂内 将佑貴
      脂肪注入による豊胸術 PDF
    • 一般演題
      参加医師 : 坂西 寛信
      結膜側結紮皮膚挙筋固定法1糸6点固定による埋没法重瞼術の3200症例を経験してPDF
    • 一般演題
      参加医師 : 山下 昭悟
      腋窩多汗症、腋臭症に対するマイクロ波照射法、超音波破砕吸引法の患者立脚式満足度についてPDF
    • シンポジウム
      参加医師 : 横谷 仁彦
      埋没法重瞼術においてのラーニングカーブについて
      -クイックコスメティーク法7000例の経験を踏まえて-PDF
    • シンポジウム
      参加医師 : 福澤 見菜子
      私が湘南で顧客満足度ナンバーワンになれた理由 -婦人科形成術-PDF
    • ランチョンセミナー
      参加医師 : 吉原 伯
      マイクロ波による切らない腋窩多汗症治療PDF
    • 一般演題
      参加医師 : 名倉 俊輔
      buccal fat pad減量手術1212例の経験と工夫
      -下顎枝前縁切開アプローチの検証-PDF
  • 第106回 日本美容外科学会
    2018年5月16日(水)~17日(木)

    • シンポジウム:鼻
      参加医師 : 村松 英俊
      側貌を改善させるための⿐中隔延⻑術時の付加⼿術
      もっと見る

      村松 英俊
      Hidetoshi Muramatsu
      湘南美容外科 大阪梅田院

      短鼻や低鼻、アップノーズが多い東洋人に対する整鼻術として、鼻中隔延長術は非常に有用である。しかし鼻のみを抽出すれば鼻中隔延長術の良い適応であったとしても顔全体とのバランスを考慮すると付加手術が必要になることもある。今回は側貌に着目し、普段演者が行っている鼻中隔延長術時の付加手術に関して症例を供覧しつつその適応や注意点について私見を述べる。

    • 一般演題
      参加医師 : 吉原 伯
      脱毛方式による効果・合併症の比較
      もっと見る

      吉原 伯
      Nori Yoshihara/Kazuaki Yamaguchi
      湘南美容クリニック

      【背景】
      新しい脱毛方式である蓄熱式脱毛(蓄熱式)が普及してきている。我々は、従来式のレーザー脱毛(従来式)と蓄熱式の両方を使用している。両者の使用経験を元に、治療効果および合併症について、比較検討を行った。

      【方法】
      (1)2017/5/15~2017/9/28 において、脱毛治療を行い、合併症が起きたものを集計した。80,318 件に対して、不均一な効果、および熱傷、凍傷発症について x² 検定に よって検討を行った。
      (2)2016/1/1~2017/9/8 において脱毛を行い、硬毛化が起きたものを集計した。硬毛化については 379,877件について x² 検定によって検討を行った。
      (3)2017/9/1~ 2017/9/30 において、脱毛治療後 1 ヶ月以上経過している方を対象に行い、治療効果については従来式 300 名、蓄熱式 406 名に対して主観的に評価してもらうアンケートを実施した。それらについて x² 検定によって検討を行った。

      【結果】
      (1)不均一な効果において、蓄熱式 (0.078%) の方が従来式 (0.31%) よりも有意に優れていた。(p<0.01)。熱傷、凍傷においては有意差を認めなかった。
      (2)硬毛化の発生頻度は、蓄熱式 (0.0034%) の方が従来式 (0.13%) よりも優位に低率であった。(p<0.01)。
      (3)効果の実感においては、有意差を認めなかった。【結論】蓄熱型の方が従来式に比較して , 効果は同等で合併症発生頻度が低いことが示された。

      【結論】
      蓄熱型の方が従来式に比較して , 効果は同等で合併症発生頻度が低いことが示された。

    • 一般演題
      参加医師 : 名倉 俊輔
      Buccal fat pad 減量手術に対する Patient-oriented outcome の検証
      もっと見る

      名倉 俊輔
      Shunsuke Nagura
      湘南美容外科 秋葉原院

      【目的】
      美容外科領域において、頬脂肪体 (buccal fat pad 以下 BFP) は減量手術の対象となる。口腔内アプローチで剥離範囲も狭いため、術後の社会復帰が早期に見込める。一方、Face-Q® は、新しい Patient-oriented outcome のツールとして独立した項目評価ができる標準化された質問票である。今回我々は、BFP 減量術の患者満足度調査として、Face-Q® を実施した。

      【方法】
      対象は、2014 年 2 月から 2017 年 6 月において、当施設で行なった女性 BFP 減量術患者とした。除外項目として、術後 3 ヶ月未満、不完全データ、研究参加拒否とした。手術時年齢、性別、および術後 3 ヶ月から26 ヶ月における Face-Q® におけるスコアを検討した。

      【結果】
      40 例のアンケートの回答を得た。平均年齢 29.5 歳 ( ± 5.2 歳 ) であった。Face-Q® の平均スコアは、小顔効果 3.4( ± 0.6)、若返り効果 3.0( ± 0.9)、笑顔効果 3.2( ± 0.8)、頬の輪郭の美しさ 3.2( ± 0.6)、写真効果3.2( ± 0.8) であった。

      【結論】
      BFP 減量術は、Face-Q® における高い満足度を示した。手術動画、術前後の MRI 所見などを含めて考察する。

    • 一般演題
      参加医師 : 古澤 雅史
      シルエットリフト ®を用いた中顔面エリアのリフトアップ
      もっと見る

      古澤 雅史
      Masafumi Furusawa
      湘南美容クリニック

      【背景】
      スレッドリフトはダウンタイムも少なく、切らずに行えるという事で人気の高い治療となっている。中顔面のたるみ治療に対して、著者独自のデザインによるスレッドリフトを用い術前後の効果を検討した。

      【対象と方法】
      2013 年 8 月より 215 例(平均年齢 46.6 歳[23-89 歳]、男女 :8 人、207 人 ) に対して、当施術を行なった。3D リフト(シルエットリフト ®8コーン)はいずれも片側 3 本ずつ計 6 本を用いた。代表症例を供覧し、術式について報告する。

      【結果・考察】
      Mid-face の垂直方向へのリフトアップはデザインが重要で、3D リフト ( シルエットリフト ®) が有用であった。

    • シンポジウム:低侵襲
      参加医師 : 福澤 見菜子
      Liposome Bupivacaine for Pain Control after Labiaplasty
      もっと見る

      福澤 見菜子
      Minako Fukuzawa
      湘南美容クリニック 松戸院

      【目的】
      小陰唇縮小術は 1984 年に Hodgkinson らにより報告され、2016 年の ISAPS Global Statistics によると症例数は年間 45% 増加し世界的に最も成長率の高い美容外科手術である。我が国でも同様の傾向がみられ、演者も年間 400 症例以上を執刀している。小陰唇縮小術は陰部の圧迫感等日常生活における不便さが受診動機となる事も多く、手術で高率に改善されるため術後満足度が高いのが特徴である。一方で他部位よりも術後疼痛を強く訴える患者が多いと感じている。今回われわれは小陰唇縮小術において局所麻酔薬持続徐放性リポソーム製剤(Exparel$(D”n、米国 Pacira 社)を使用し術後疼痛管理に有効な結果を得たので報告する。

      【方法】
      2017 年 5 月から 10 月までの期間に当施設で両側小陰唇縮小術を行った患者のうち希望した 30 名に対し手術終了時に Exparel$(D”n と 1%XylE を片側ずつ局所注入した。手術手技によるバイアスを避けるため手術は全例演者(医師歴 12 年、形成外科専門医)が執刀し Numerical Rating Scale(NRS)を用いた術後 1週間までの痛みの強さと鎮痛剤内服回数を調査した。

      【結果】
      術直後から術後半年までに合併症や手術結果に対する不満は一例もなかった。Exparel$(D”n 使用側のNRS は術当日 82%、 1POD 69%、2POD 66%、3POD 56%、7POD 57% 軽減した。鎮痛剤内服回数の合計は平均 4.0 ± 4.1 回で、平均以上内服した痛みを 感じやすい群では Exparel$(D”n を使用するとより鎮痛効果を得やすいことがわかった。またこの効果は術後早期ほど顕著であった。

      【考察】
      Exparel$(D”n は小陰唇縮小術の術後疼痛対策として有効であると考えられた。しかし鎮痛効果により血腫等の周術期合併症を見逃す可能性があるため、執刀医には着実な手術操作が求められると思われた。

    • 一般演題
      参加医師 : 竹内 直生
      Social Networking Service と埋没重瞼術
      もっと見る

      竹内 直生/相川 佳之
      Naoki Takeuchi/Kazuaki Yamaguchi/Yoshiyuki Aikawa
      湘南美容クリニック

      【背景・目的】
      日本国内における Social Networking Service(SNS)の利用者は年々増加しており 2018 年末には 7486 万に達すると報告されている。その中でも Instagram 利用者の増加は著明で 20 歳代女性の利用率は 57% に上る。当院でも Instagram を含む SNS を積極 的に導入しており、より高度な治療法を配信している。今回、SNS の受診動機、埋没重瞼術の術式選択等に与える影響を検討した。

      【対象と方法】
      2017 年 7 月から 2 カ月間で埋没重瞼術施行目的に当院を受診、アンケートを実施し有効回答を得られた300 例に関して後方視的検討を行った。なお重瞼術施行歴のある症例は除外した。 年齢、性別、希望の手術方法、受診動機、Instagram 参照アカウント、Instagram を利用する理由を統計学的に検討した。アンケートは配表調査法にて実施した。

      【結果】
      受診年齢は 20 歳代が 62%(186 例)であった。受診動機としてホームページが 40%(120 例)に上り SNSは 21%(63 例)で関連していた。SNS を見て受診した群(63 例)は対照群(237 例)と比較し単変量解析にて高度な手術法選択と有意に関連していた (P=0.01)。

      【結論】
      SNS が受診動機であることは高度な手術方法を選択することと有意に関連しており SNS が手術法選択の一助となる可能性が示唆された。

    • 一般演題
      参加医師 : 長谷川 裕之
      経結膜的埋没法二重術(当グループ術式名 : クイックコスメティーク法)879 例の解析
      もっと見る

      長谷川 裕之
      Hiroyuki Hasegawa/Kazuaki Yamaguchi
      湘南美容クリニック

      【背景】
      よりダウンタイムの少ない埋没重瞼法として経結膜的埋没法がある。今回、同一術者によって行なった経結膜埋没法について後方視的に検討を行なった。

      【方法】
      2015 年 12 月から 2017 年 6 月までの 879 例の患者背景および術後の重瞼消失率およびその他訴え等を検討した。

      【結果】
      平均年齢 27.5 歳(標準偏差 22.3)、女性 825 人、男性 54 人であった。平均フォロー期間は 287.6 日(標準偏差 173.0)であった。重瞼線の消失および幅の短縮に伴う再手術は 22 例(2.5%)認めた。また重瞼幅または重瞼線の左右差の訴えは 10 例(1.1%)認めた。結膜側からの糸の露出による異物感は 0 件(0%)であった。

      【結論】
      経結膜法による重瞼術は、合併の少ない、安定した術式と考えられる。今後前向き比較試験等によりさらなる検討を行う予定である。

    • 一般演題
      参加医師 : 竹田 啓介
      脂肪吸引前後におけるヘモグロビンの変化についての考察と提案
      もっと見る

      竹田 啓介
      Keisuke Takeda
      湘南美容クリニック 横浜院

      【目的】
      脂肪吸引における合併症として貧血は重要である。今回、我々は脂肪吸引における周術期パラメータと貧血の相関性について後方視的に調査した。

      【方法・対象】
      2017 年 5 月から 2017 年 9 月において当院にて脂肪吸引を行なった男女 50 名(男性 1 名、女性 49 名)に対して、脂肪吸引の部位、術前 BMI、手術時間、脂肪採取量および術前後の血中ヘモグロビン値(Hb)およびその変化量を調査した。手術部位別において Hb 減少を手術時間で除し 1000 倍した係数 R(Hb)を算出し比較した。手術前後における脂肪採取量、術前 BMI、手術時間と Hb 減少量においてそれぞれ相関性を検討した。

      【結果】
      男性1名、女性49名、平均年齢37.4歳(20-60歳)であった。腹部18例、腹部+上腕3例、大腿12例、下半身 7 例、上腕 7 例、下腿 1 例、上背部 2 例であった。術前平均 Hb は 13.3(標準偏差 1.0)に対して術後 Hb11.4(標準偏差 1.4)と優位に Hb の減少を認めた(p<0.001, t 検定)。R(Hb)は、腹部および大腿を含む下半身の脂肪吸引において、それぞれ 20 以上と高値を示した。脂肪採取量と Hb 減少量は優位に相関性を認めた(R2=0.88)。一方、術前 BMI および手術時間と Hb 減少量に対して優位な相関を認めなかった。

      【考察】
      腹部および大腿部を含む脂肪吸引では手術時間に関わらず、脂肪採取量が多くなるため Hb の減少量が優位に高値となった。脂肪吸引における Hb への影響は脂肪吸引量に純粋に影響することが示唆された。

    • 一般演題
      参加医師 : 新明 康宏
      男性に対する乳頭縮小術の考察
      もっと見る

      新明 康宏
      Yasuhiro Shinmyo
      湘南美容クリニック 上野院

      【背景】
      女性の乳頭縮小症術に比較して男性の乳頭縮小症術は比較的少ない。一方で、デザインに関して男性特有の特殊な希望が見られることがある。今回、自験例において男性の乳頭縮小術におけるデザインの希望を含めて調査し検討した。

      【対象、方法】
      2014 年 2 月から 2017 年 9 月において、当院で乳頭縮小を希望で受診された男性 13 人に対して後方視的に調査を行なった。乳頭の高さに関して、3 段階に分類した。また手術成約率に関し女性例と比較した。

      【結果】
      男性の乳頭縮小希望者は高さのないフラットな乳頭を希望する率が最も高かった(54.8%)。女性手術成約率 37.5% に対して男性 61.5% と手術成約率は高率であった。

      【結語】
      男性乳頭縮小患者は高さのないフラットなデザインを高率に希望することがわかった。一方で、受診者の中には正常な形態を損なうような形態を希望することもあり、特殊な同意書の整備、慎重な対応が必要となる場合があると考えられた。

  • 第105回 日本美容外科学会
    2017年5月16日(火)~17日(水)

    • シンポジウム眼瞼
      参加医師 : 村松 英俊
      目尻切開と下眼瞼拡大(下制)術を併用することの有用性
  • 第104回 日本美容外科学会
    2016年5月17日(火)~18日(水)

    • ランチョンセミナー演者
      参加医師 : 加藤 周
      私の経験したリジェネラを併用した脂肪注入の印象
    • 一般演題
      参加医師 : 坂西 寛信
      結膜側結紮皮膚醵金固定法1糸6点固定による埋没重瞼術の1800症例を経験して
    • 一般演題
      参加医師 : 奥村 智子
      当院における小陰唇縮小術
    • 一般演題
      参加医師 : 居川 和広
      当院における豊胸インプラントを中心とした手術件数の推移
  • 第103回 日本美容外科学会
    2015年6月6日(土)~7日(日)

    • 会長
      参加医師 : 相川 佳之
      こちらをご参照ください。
    • 一般演題
      参加医師 : 奥村 智子
      他院での乳頭乳輪縮小術後、乳頭隆起の消失を来し乳頭形成術を行った症例
    • 特別公演
      参加医師 : 相川 佳之
      「情熱リーダーシップ~クリニック成長の仕組み~」
    • 一般演題
      参加医師 : 斉藤 浩一
      当院における薄毛治療患者の統計学的まとめ
    • 一般演題
      参加医師 : 笠井 敬一郎
      頭皮の硬さとドナー採取率(FUE法)との関係
    • 一般演題
      参加医師 : 長井 正寿
      最先端の毛髪移植 advance FUT
    • 一般演題
      参加医師 : 坂西 寛信
      結膜側結紮皮膚挙筋固定法1糸6点固定による埋没法二重術の600症例を経験して
    • 一般演題
      参加医師 : 飯田 秀夫
      生え際小切開からのリン酸カルシウム骨ペースト(Biopex)注入による前額形成術の検討
  • 第102回 日本美容外科学会
    2014年6月7日(土)~8日(日)

    • 一般公演
      参加医師 : 横谷 仁彦
      クイックコスメティーク法 完全経結膜的埋没法二重術1700例の検討
    • 一般演題
      参加医師 : 村松 英俊
      若年層に対する眉毛下皮膚切除術(眉下リフト)の適応と工夫
  • 第101回 日本美容外科学会
    2013年6月15日(土)~16日(日)

    • 一般公演
      参加医師 : 笠井 敬一郎
      アルタスシステム(植毛用ロボット)を用いた自毛植毛
    • 一般演題
      参加医師 : 坂西 寛信
      移植用豚肋軟骨を使用した鼻中隔延長術の一例
    • 一般演題
      参加医師 : 村松 英俊
      重度の腱膜性眼瞼下垂症と診断し腱膜固定術を施行した結果、眼瞼痙攣が顕在化し治療に難渋した1例
  • 第100回 日本美容外科学会
    2012年5月26日(土)~27日(日)

    • 一般公演
      参加医師 : 飯田 秀夫
      「Tardy変法による鼻尖縮小例の検討」
    • 一般演題
      参加医師 : 村松 英俊
      「眼瞼下垂手術の術前後における頭痛、肩こり症状の改善効果の検討」
    • 一般演題
      参加医師 : 坂西 寛信
      「Non-cutting Barded Technologyを使用した新しいスレッドリフト」
    • 一般演題
      参加医師 : 村岡 史子
      「ティッシュエキスパンダーを用いた他院豊胸術後修正術の1例」
    • 一般演題
      参加医師 : 笠井 敬一郎
      「マイクロカニューレを用いたヒアルロン酸治療」

    2012年
    12月

    • 当院におけるボツリヌス治療の動向について講演
      参加医師 : 須田 陽一
      アラガン・ジャパン社からの依頼を受けて、講演を行いました。
    4月
    • ボトックスリフト講習会
      韓国でのボトックスリフトの大家ファン先生にご指導いただきました。
      韓国と日本の美容皮膚医療についての意見交流も出来ました。
    3月
    • 第12回 SBC×韓国BKDY整形病院 技術交流
      参加医師 : 後藤 龍学古澤 雅史
      参加看護師 : 今村看護師、千田看護師
      『アジアにおける美容医療展望』について ドンヤン整形病院総院長のホン院長と当院医師が対談。更に親密な協力体制について相互共有しました。
    2月
    • 『今後の美容業界の展望について』対談
      アラガン社リー社長と当院医師が「今後の美容業界の展望について」対談いたしました。
    1月
    • 乳房再建についての技術指導に参加
      参加医師 : 奥村 智子
      参加看護師 : 今村看護師、千田看護師
      『アジアにおける美容医療展望』について ドンヤン整形病院総院長のホン院長と当院医師が対談。更に親密な協力体制について相互共有しました。
  • 2011年
    11月

    • 中国大連 美容外科執刀トレーニング
      参加医師 : 坂西 寛信
    10月 9月
    • 日本麻酔科学会関東支部会
      美容外科での麻酔方法の安全性について発表。
    8月 7月
    • 第9回 SBC×韓国BKDY整形病院 技術交流
      参加医師 : 新明 康宏
      内藤看護師、原看護師
    6月
    • 第1回 タイ性転換手術研修実施
      参加医師 :加藤看護師
      性転換の世界的な権威Preecha Tiewtranon医師に
      世界一の技術を直接ご指導いただきました。
    • American Academy of Cosmetic Surgery Hospitalを訪問
      ドバイのAmerican Academy of Cosmetic Surgery HospitalのDr. Jeehan A. Qadirから植毛治療の指導をして欲しいとの要請を受けて訪問。
      現在準備中。
    • ラスベガス学会参加
      参加医師 : 竹田 啓介
      ラスベガスでの学会に参加、ベイザーの社長と会談。
    • 第8回 SBC×韓国BKDY整形病院技術交流
      参加医師 : 中村 大輔居川 和広
    5月
    • アメリカ美容外科学会学術集会に参加(ボストン)
      参加医師 : 居川 和広
    4月 3月
    • 第9回 国際アンチエイジング医学会(AMWC2011)に参加
      参加医師 : 笠井 敬一郎
      第9回国際アンチエイジング医学会(AMWC)に参加しマイクロカニューレを勉強
    2月
    • 第6回 SBC×韓国BKDY整形病院技術交流
      参加医師 : 高川 裕也横谷 仁彦坂西 寛信
      韓国の大手美容外科 BKDYクリニックにて、目周りの施術(全切開法、ハムラ法、埋没法 等)、鼻の手術(鼻尖形成、隆鼻術、鼻中隔延長術 等)30件以上の研修実施。
    • 日本美容外科学会で最優秀賞を受賞した新フェイスリフト技法を習得
      参加医師 :居川 和広
      東洋でのフェイスリフトの第1人者 白壁征夫先生に直接指導を受けアジアで認定第1号となりました。
    1月
  • 2010年
    11月

    • タイ美容外科学会会長 来訪
      参加医師 : 相川 佳之
      タイ美容外科学会会長のプリチャー先生が来訪。性転換手術をご指導いただきました。
    • 第4回 SBC×韓国BKDY整形病院 技術交流
      参加医師 : 奥村 智子後藤 龍学居川 和広坂西 寛信
      韓国の大手美容外科 BKDYクリニックにて二重術と鼻施術を中心に美容整形技術の研修を実施。
    • ミラクルリフト・NICR研修(東京)
      参加医師 : 古澤 雅史坂西 寛信
    9月
    • 第3回 SBC×韓国BKDY整形病院技術交流
      参加医師 : 坂西 寛信
    8月
    • 第2回 SBC×韓国BKDY整形病院技術交流
      参加医師 : 坂西 寛信
      韓国の大手美容外科 BKDYクリニックにて二重術と鼻施術を中心に美容整形技術の研修を実施。
    6月
    • 解剖学実習マスター認定コースに参加
      日韓共催 眼瞼形成・フェイスリフト・鼻形成
      解剖学実習マスター認定コースに参加
    5月
    • 『ベイザーハイデフ』認定医資格を取得
      参加医師 : 竹田 啓介
      「美容外科の世界の中心」と呼ばれる南米コロンビアにて、脂肪吸引専門の認定医資格『ベイザー・ハイデフ』を取得
    4月 1月
    • 第1回 SBC×韓国BKDY整形病院 技術交流
      参加医師 : 相川 佳之古澤 雅史坂西 寛信
      韓国の大手美容外科 BKDYクリニックにて美容整形技術の研修を実施。
  • 2009年
    11月

解剖実習

  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年

技術指導

  • 2019年
  • Dr. Yu-Ray Chen によるオペ指導
    2019年8月

    • 参加医師 : 田中 永紅 奥村 智子
      指導内容 : Dr. Yu-Ray Chen による、前額リフト、こめかみリフト、ブローリフトのオペ指導を実施

MENU

アイメッド
痛みの少ない乳がん検診

SNS ACCOUNTS

FacebookアメブロTwitterLINEinstagramYoutube

Global Site

海外からのお電話 日本語専用ダイヤル +81-50-5575-1199 中国語 English

個人情報の取り扱いについて

WEB予約はこちら
電話予約はこちら
ただいまお電話が大変込み合っております。
WEBでのご予約・お問合せもご利用ください。
WEB予約する
電話する
CLOSE
LINE友だち登録アイメッドWEB問診票女性向けがん健診
LINE友だち登録アイメッドWEB問診票女性向けがん健診
3000ポイント無料カウンセリング
お得情報モニター募集脱毛コース予約フォーム男性のお得情報公式ガイドブック↑Pagetop